2016シマノジャパンカップ磯(グレ)釣り選手権 中四国C大会 伊島の磯


10/15(土)順延になったシマノJC磯釣り選手権 中四国C大会に出場してきました。

少し迷いましたが、行くことにしました。
大体、迷ったときは「やる方」を選んでます。

四国徳島、伊島の磯。

地図で見ると、結構な沖合にあります。

ws000003

紀伊水道に浮かぶ人口300人の島

 

ishima002

阿南市観光協会HPより引用

徳島ではグレが最も早く釣れだす磯のようです。

 

先週と同じく、金曜の夜から南海フェリーに乗っていってきました。

仕事終わったのが18時すぎでして、そこから用意して出たのが18時45分。

釣り具のマルニシインター店でエサ混ぜ。

161014-204712_r

時間がないので速攻でエサ混ぜ。
21:40の船ですが、和歌山港フェリー乗り場到着が21:20で結構ぎりぎりでした。

 

161014-220529_r

フェリーにwifiコーナーがあったので持参したノートPCで使ってみましたが、通信速度が遅くて使い物にならず。
スマホでテザリングした方がはやかったです。

到着し、スーパー銭湯に行ってから南下。
先週と全く同じパターンです。

阿南市の椿町の大会本部に到着が2時半。
1時間半、軽バンの荷台で寝袋しいて寝まして、4時すぎ起床。

受付をすまし、5時半、簡単に大会説明。
先週は76名でしたが、今日は49名ということです。
なので、通過者も3名に減りました。

5時半出船。
僕があがったのは、地桶(じおけ)という磯。
伊島では西の方(港側)の磯だと思います。
小さい磯ながら、二人くらいできそうですが、一人で独占でした。

161015-060324_r

前の三角の潮通し良さげな磯には2人。

 

161015-060321_r

161015-060520_r

東側。日が昇る寸前。↑の長細い磯には二人。

6時半釣り開始。

ちょうど満潮すぎなので、波に気を付けながらの釣り。

風は向かい風が強い。

潮は動いてなくてフラフラ・・・

2投目で釣れたのは、タカベ。

足元にもタカベの大群。

磯を包囲されてしまいました。

風で大して遠投も効きませんのでできる限り遠投でやりますが、
冲でもタカベ・・・
足元に撒いても分離できません。

なんとか、沖にも多めにエサを入れて仕掛けを入れこんでいくと当たり!
グレだと思い込んでましたら、35くらいの良型イサキでした。

どんどん仕掛けを替えいろいろと試すが状況変わりません。
潮も動いてないし、グレの気配ゼロ。

161015-122908_r

この三角の磯の前くらいから潮目がよく出てました。
1枚か2枚はグレがあがっていたと思います。

天気は良いのですがずっと向かい風。

 

161015-122905_r

真ん中の沖の方に見えてる磯は、さらに潮通し良さそうな磯です。
西の長バエって磯でしょうか。
少し波が出そうだったので避けたのか、誰も上がってなかったと思います。

今日は12時半終了ですが、周りの磯の方は12時くらいには竿を置いてました・・・

僕は12時25分くらいまで、なんとか1枚でもあげてやろうと頑張りました。

 

161015-124448_r

しかし、木っ端の姿すら見ることもなく終了。

 

161015-131544_r

イサギだけお持ち帰り。

今年のジャパンカップも、グレの釣果なし記録で終わってしまいました。

反省点。
遠投系の集魚剤で揃えてたのですが、マキエのまとまりが悪くて、よくバラけた。
また、ホームで練習しなおします。

 

rimg0400

僕の乗ったのはB船、住吉丸。
ボーズが多くてイマイチなエリアだったみたいです。

 

161015-140322_r

表彰式。

続いて、抽選会でしたが、何もあたらず。
今日は人数が少なくて倍率は低かったのですが。

2時半終了で、速攻、徳島市まで戻り
16時半の船で帰りました。
帰りの船は完全に眠ってしまったので、一瞬で和歌山に着きました。
自宅着は、19時50分。

ちなみに、フェリーの費用は
割引チケット利用で片道6080円。
先週と合わせると2往復してますので、24320円
釣りはダメでしたが、プチ遠征気分で楽しかったです。

毎年、年初に”やりたいことリスト”をたくさん書き出してます。
見ると、「四国で釣りをすること」とありました。
また、一つやりたいことが叶いました。
グレを釣るのは次回におあずけです。