磯釣り伝説は一味違う グレ釣りのマニュアル


釣りクラブにも入っておらず、教えてくれる人もいないので僕の釣りは我流です。

一人で釣りするのは上達するのに効率が良いとは言えません。刺激も受けないし。
同じく上達を目指しているような人や上手な人の中で切磋琢磨するのが一番だと思います。

釣りクラブに入りたいなあとも思ったりしたこともあるんですが、なかなか一歩踏み出せず・・・

ただ、まあ、我流とは言っても、今はネット上の情報とか動画とかもありますし、一人でも勉強できないことはないとも思ってます。

釣りの雑誌については、2,3年前くらいまではよく読んでましたが、現在はもうほとんど買ってません。

読んでもほとんど身につかない・・・です。僕の場合。

ただ、それでも唯一読み返している雑誌があります。

磯釣り伝説という雑誌です。

161025-223708_r

雑誌と言っても、月間でも隔月でもなく、年に2冊くらいのペースですかね?

(4/16にvol4が発売されたので、まだ4冊しか発行されてないと思います。)

雑誌というんだろうか・・・わかりませんが、この雑誌、一味違います。

他の釣り雑誌では、名手頼みというか、その名手自身の釣行記として、名手が書いた内容をそのまま掲載しているような感じ記事が多いと思います。

対して、この雑誌は、取材者、編集者が主体になってライティングしています。

釣り名手ではなく、客観的な視点から観察し、学習者の視点から解説してくれているのでわかりやすいのです。

そして、素晴らしいのがそのライティング技術。

文章力とでもいえば良いのでしょうか。

わかりやすいだけではなく、迫力を感じる文章です。

内容は、もうこれは取材者というレベルではなく、相当なグレ釣りの知識・経験がないと書けないような突っ込んだ視点から考察されています。

一例をあげると、

磯釣り伝説 Vol.3

161025-223724_r

この号のメインテーマは、「全層・全誘導釣法」

このテーマの書き出し文章↓

「クーラーいっぱい釣らんと釣った気がせん!」
この言葉に代表されるように、オキアミが登場した直後のグレ釣りは非常に簡単だった。
グレは先を争ってオキアミを食べようとして浮上し、我を忘れて食べ漁った。その結果、オキアミを投下した地点がポイントであり、ウキ下は2ヒロが標準という今では考えられないような状態でグレが入れ食いしていた。
しかし、それはいつまでも続かなかった。マキエの大量投下によりエサ取りは信じられないほど増えた。グレは学習によってハリの怖さを知り、また、飽食状態が続いて時合が極端に短くなってしまったのだ。

磯釣り伝説vol.3  p33から抜粋

こんな感じで、例えば、全層・全誘導であれば、その釣法が生まれた背景みたいなところから掘り下げて説明してくれます。
なので、説得力があります。
ここ数年で磯釣りを始めたような人ではそういう背景は知りませんからね。
もちろん僕も知らなくて、「あ、そうだったのか」と思うことが、多々ありました。

各号でテーマがはっきりしていてなおかつ、かなり深いところまで突っ込んでます。
文字量が多いので読みごたえもあるし、繰り返し読めばまた新たな発見があるようなそんな濃い内容になっています。

ただの雑誌ではなく、もう磯釣り(特にグレ釣り)の解説本と言ってもいいです。

特に↑のvol3 は読み込んでます。
全層&全誘導釣法が特集されており、詳しく解説されていてオススメです。
全層・全誘導ってやはりとっつきにくいし、初心者だと釣りの理屈も理解しづらいです。
僕もこれ読むまで全誘導というのはあまりしませんでしたが、読んでからは結構やるようになりました。
(1年前くらいかな?)

べた褒め。

したくなる雑誌です。この内容で1200円では安すぎますね。