椿の地磯でグレ釣り、コテンパンにやられる


10/7(土)

三連休の初日に釣りに行ってきた。
今回は椿の地磯で前田君との釣り。

前日から雨で海は荒れてて波が3~4mという予報だったが、
前日夜に白浜に到着してみると、波も思ったほどでもなく、釣りできるレベルだった。

朝7時ごろから釣り開始。
やはり、海の色も少し濁っているようで良くなさそう。

僕は先端の釣り座で。

 

 

前田くんは少し地方よりでスタート。

一投目から木っ端尾長が釣れてくる。
潮は上り潮がガンガン利いている。
南を向いてやると、前の岩礁からの大きなサラシもあり当て潮気味になる。

あれやこれや試すものの木っ端尾長ばかり。
たまに、サンノジ・イスズミがかかる。
陽が高くなるにつれ、イガミのおいやんが増えてきたので、
前田君に僕の横でやるように提案。

ここからは、前田くん独演会。

一枚目のグレを釣ってからはパターンをつかんだようで
ぽつぽつとグレを掛けていき、11時までに5枚をそろえた。

釣れた棚や仕掛け、仕掛けの角度、仕掛けを入れる速度まで
事細かに教えてもらう。
が、僕は釣れない・・・

ホームなのだが釣れない。
ホンマに情けない。

潮はええことない上に、前田くんにとっては初めての磯、ポイントなのに・・・

かなり集中して釣りしてたのでエサが残り少なくなった。
が、このままでは終われないので、釣太郎まで追加のエサを買いにいき、夕方までがっつりやることにした。

で、夕方5時半くらいまでがっつりとグレ釣りをやり切った。

が、午後からも前田くんの独演会を眺めるだけ・・・

結果、

前田君グレ11枚。

僕0枚。

に終わってしまった。

僕のほうは、グレを掛けたが浮かせてから針はずれ、というのが一度あっただけ。

変に真似をして、全誘導にこだわったのもだめだったかも。

実際に横で釣りを見てたんだけど、別に前田君は特別なことをしているわけではない。

ただ、ひとつひとつの動作やなにやらの精度がやはり高いことと、仕掛けの角度や入る速度など、細かな部分に気を配って釣りしていることがわかった。
こういう渋い日は、特にそういった繊細な気配りが釣果に大きく影響するんだろう。
魚を掛けたポイントはすべて遠投で、棚も椿としては深め。
この日、グレの活性は良いわけではないのに、釣る人は釣るのだ。

正直なところ、僕もここ2,3年はグレ釣りを結構やってきたつもりだったので、今回は凹んだ。
基本的なことも、できているつもりで、できていなかった。
やり方が間違っていた、というか、一人でゴニョゴニョやっていても見える世界はたかが知れていたということかな。
今回の釣りのことは忘れないようにしよう。

これから僕は椿で潮が悪かったとか、魚がいなかったとか言いづらくなってしまった(笑

前田君は次の日は大会なので、グレは全部いただいた。

家族は大喜び(笑

せっかくなので、前田君には風呂に入ってもらって、
家族と一緒にご飯も食べていってもらった。

 

釣れたてのグレの刺身、焼きグレ、グレの汁もの、マツタケご飯。
この日はもう一人ゲストがいたので、にぎやかな食卓になった。

釣れなかった僕も、わいわいした雰囲気と美味しい魚に癒された(笑

次の日は11時ごろマンションを出て、和歌山城の動物園へ寄って帰った。

で、今日の晩もグレ3枚くらい刺身で家族で食べたけど、甘みがあって美味しかった。
11枚もあったのに、もう残り2,3枚しかない。