貧血になったのは運動が原因か


こんにちは、最近、

なかやまきんに君のブログがお気に入りになってしまいました。

なかやまきんに君の ザ きんにくブログ

もっと、更新してほしいです。

 

さて、7月21日に市の特定検診を受診していたのですが、

8月30日に結果が出て説明会があるというので行ってきました。

rimg0123

よしよし、結果はオールAや!

3,4年前の悪玉コレステロールも改善されている!

いやいや、違う、ちょっと待て。

 

 

血液一般がBやないの~。

貧血の疑い???

 

rimg0124

数値データを見てみると、血色素量が赤字になってます。
血色素量は、別の言い方で、ヘモグロビン値です。
赤血球に含まれるヘモグロビンの量の値です。
ヘモグロビンは、体内の酸素の運搬作業を行い、肺に取り込まれた酸素を全身の細胞に送り届ける役割があるそうです。
ヘモグロビンのヘム鉄と結び付き、ヘモグロビンと一緒に体内へ運ばれます

つまり、ヘモグロビンが少ないということは、酸素を運ぶ量が少なくなるということで、これが貧血ということになります。

成人男性の基準値は、13.1~16.6g/dl だそうです。

僕の場合13ちょうどなので、基準よりも大きく下回るわけではないのですが、貧血の疑い判定が出てしまったというわけです。

自覚症状は・・・

言われてみれば、運動した時に、息が上がるのが早いように思います。

水泳しても、筋トレしても、感じてました。

これまで運動してこなかったせいで心肺機能が衰えているのかなあと思ってましたが、

もしかしたら貧血のせいかも。

ただ、日常生活では全く気にする必要はない値です。

 

そんな折、9/4に 先日、近くのスーパーで献血してました。

血液の状態を見てもらうメリットもあるので、行ってみました。

事前に採血したところ

「あら~、あかんわ~、献血してもらえないわ」

と看護師さんからの言葉。

やっぱり、貧血でアウトでした・・・

しかも、値は12.4と1ヵ月半前より落ちてました・・・

うーん・・・

ランニング。

最近始めたランニングも一因なような気がする。

ネットで少しググってみたところ、やはりランニングで貧血になることは珍しくないみたい。

発汗とか毛細血管の内出血とか、鉄分が失われる要因がいくつかあるということでした。

そういわれれば、ランニング、かなりしんどいです。

僕は1km 7分と、かなりゆっくりペースで走ってるんですが、それでもしんどいんです。

貧血で酸素不足だと運動能力が低下します。

 

まあ、何十年も運動してこなかった人間が、40すぎて急に運動始めて、いいことばっかりではないわな~。

トレーニングは続けますが、ランニングは10km以上は当分やめて軽く5km以内くらいを週2程度にして様子を見ることにします。

そして、鉄分多めにガリガリ採ってまた、1ヵ月後くらいに献血に行ってみることにします。