念願のグレのタタキをやっと作りました


昨日釣ったグレでグレのタタキを作りました。
釣太郎動画で見てから食べたくてしょーがなかったのですが、
しばらくまともに釣れなかったのですが、昨日のサイズ35cmで丸々と太ってましたのでこれならいけるだろうと。

本日は、午後から家で仕事してましたので、
夕方から作業開始です。

まず、グレを三枚におろし、

皮と身の間に串を入れる。(身が縮むのを極力防止するため)

バーナーであぶる。

S__5685250_R

こんな感じです。

皮は強めに焦げるくらい焼いた方がいいようです。

S__5685253_R

グレの皮は黒いのでわかりづらいですが、こんな感じになります。

S__5685251_R

身の方もバナーであぶります。

で、

160208-190837_R

氷水で冷まします。(⇒が、これ、氷水につけると香りなどが落ちてしまうのでつけない方が良いかも。)
それにしても、今回のグレはすごい脂でして、触ると手がべたべたになってしまいます。
最初バーナーで炙ると火が燃え上がってしまいびっくりしました!

まあ、↓名人の動画を見ていただた方が早いデス。

ポイントは「手洗い・うがい」!
ではなく、皮をよく焼くことかも。

160208-192955_R

ポン酢ににんにくとショーガを混ぜたもので味付け。
今回はネギのほか、玉ねぎスライスも一緒に混ぜて食べました。

160208-193725_R

香ばしくて美味しかったです。

ただ、少し玉ねぎが強すぎてグレの身の印象が弱くなったような気がします。
玉ねぎの場合、ほんとに薄くスライスした方がいいかも。

アレンジとしては、辛い系のものを入れても面白いかも。
七味唐辛子とか、ラー油とかでピリ辛にしても合いそうな気がします。
あとは、フライドガーリックとかもいいな。

例年になく、水温が高いのでまだまだグレは楽しめそうですが、
水温低いところのグレの方が美味しそうなのでこれから楽しみです。