世界遺産「那智の滝」&短時間釣り


5/5の出来事。
朝から釣りは、残りのマキエをもって近くの椿地磯へ。
朝から2時間もやらなかった。

遠近織り交ぜて反応を探っていくがエサがずっと残ってくる。
潮は沖へ出てくような良い潮ながら当たりはない。
磯際周辺だけ、なんかの稚魚がいる。

 

 

ゆっくり沈めていくとイトフエフキが釣れた。夏の魚だ。
しかし、水温が低いわけでもないのに、エサ取りも木っ端グレもいない。
グレ釣りは、ダメ元で釣れるということはほとんどないので、落胆もないぜ~(泣
底物やってたAさんに聞くと、ウニでは無反応とのこと。
あと一潮もしたらボチボチ釣れてくるだろう。

 

9時半ころからマンションを出て那智の滝へ行った。
特に行きたいというわけではないのだが、妻がしきりに勧めるので行くことになった。
那智の滝は熊野那智大社の別宮らしい。

勝浦のスーパーで弁当を食べてから、山の方へ車を走らせる。
町営の無料の駐車場は5台くらいしかなく、当然空きがない。
民間の駐車場は500円だが、どこも満杯。
妻が駐車場の空きを待っていてくれるということで、チビ二人を連れて滝へ向かった。

杉並木を10分くらい歩くと滝が見えてきた。
さらに階段を登って近くで見るには300円が必要。

なかなか壮観な眺めだけどGWで人が多すぎて雰囲気はイマイチ。
皆さんカメラで記念撮影している中、僕もパチリ。

 

帰りは大台越えで帰ることにした。

 

熊野の海岸では恒例の鯉のぼり。
42号線はところどころプチ渋滞していた。
途中、スマホで阪和道の渋滞を調べたら大したことなかったようなので阪和道で帰った方がはやかったかもしれない。