ヤイバ磯祭り2018 那智勝浦でグレ釣り


先週のシマノJCに引き続き本日5/20(日)もグレ釣り大会に出場してきた。
ヤイバ磯祭りという、ささめ針が主催しているグレ釣りの全国大会の予選である。

シマノJCの完全ボースの鬱憤を晴らしてやると、意気込んで挑んだが・・・

まあ、皆様のご想像の通りでして・・・

簡単にレポートしとこう。

 

で、出発は前日の土曜日の昼から、また夕方少し、白浜椿の磯で竿を出そうと早めに着いたが北西風爆風でアウト~。

当日は午前1時55に白浜を出発。
確か、45分ほどで串本大島へ行く交差点を通り、
那智勝浦の清丸渡船着は3時10分。
3時30分からの受付だが、既にほとんどの来ていて、最後のほうだったみたい。
後からきた明神さんと受付に行くと、34番。どうも湾内磯みたい。

開会式だけど、終わる頃には夜が明けてきた。
参加者88人、上位3名が全国大会出場権を得る。
ヤイバ磯祭り人気あるね ♪

で渡礁したのは、鶴島のこんなところ。

壁みたいなところ。
鶴島の松の下だと思われる。
大師丸渡船でも何度かつけてたのを覚えている。
こういう磯苦手やねんなあ、と思いながら上がった。
竿を後ろに振れないし、足場も狭い。

 

↓清丸渡船HPより引用

優先権があったので、先端側(太地側)に釣り座をとった。
45分くらい待機してから5時45分スタート。
8時45分の3時間で釣り座交替で11時45までである。

仕掛けを入れると、右手からの激流~。↑の写真で言うと下側ね。
なので僕のほうは潮下になる。
00スルスルにガン玉を打って早めに沈めていく。

左手の吐き出しで、15分ほどで手のひらサイズの木っ端ゲット。
本日は何センチ以上とかないので、全てキープだ。

しかし、ほどなくサバコ出現。
あれよという間にサバコは勢力を猛烈に拡大し、海の9割を支配してしまった(汗)
残り1割は磯際のみ。

だが、次第に北東風が強くなってきた。
もろに横風になる。
時折竿を持ってるのもしんどいくらいに吹き付ける。

磯際しか狙ってないのだけど、強風ゆえに当たりがわかりづらい。

一発目がヒットした左手の払い出しをしつこく狙う。
1時間くらいかけて、3ヒロから4ヒロくらいで、木っ端2枚をしとめる。
木っ端って言うても手のひらサイズなんだけどね・・・
で、前半戦の終了間際に25cmくらいの少しマシなグレがやっと食ってきて前半終了。

で、後半は相手方に優先権があったので、当然、釣り座交替になった。

が、潮上に入るとやりにくすぎる。
激流ゆえに、あっという間に潮下の相手方の境界ラインを超えてしまう。
しかも、横風が強風だし。
一段降りて、なんとかフカセ釣りを成立させようと、竿先を海水につける。

磯際深く入れるとあたってきた!

かなり期待したのだけど、これがイガミだった・・・

どんどん潮色が緑色になってきて、藻とかゴミが流れてきた。
なんだか、先週と同じような展開だ・・・

前にヤイバの懇親会でもらったバッカンを使用。

後半は途中からサバコがいなくなったのだが、全く魚っ毛もなくなってしまった。
ずーっとエサが残ってくる展開に手も足も出ず。終了。
だけど、今日は時間ぎりぎりまで頑張った。
(この大会は終了後、後片付けの時間も15分確保してくれているので助かる。)

同じ船の人はみんな渋くてボーズの人も多かったみたいだけど、
まあ、僕の木っ端4枚では話にならんな。3枚は手のひらだし。

帰りは雨雲が近づいてきたきた。

港へ帰って検量。
4枚あるのに600g代と言う結果。

 

表彰式。
やはり実力ある人が勝ったようでシマノJCファイナリストの人もいるみたい。
ここに僕が混じるという波乱はなかった(笑

沖磯もあの強風はしんどかったんじゃないかと思う。
しかし、山成群島のほうへ、久々に行ってみたかったなあ。

ジャンケン大会は負けてしまい、針をいただいた。

ただ、受付の時、ヤイバのジップシャツが特価3000円だったので、明神さんと衝動買い。

左側のやつね。そのままこれを着て出場した。
これは、これからの季節に重宝するし、デザインがカッコいい。
右のは、Tシャツで参加賞。これは背中側ね。

 

帰りに明神さんが知ってるマグロ丼の店に連れていってもらった。
これは中トロ丼1600円
派手派手な髪型をした、おばちゃんがアレコレいいながら作ってくれた。
このマグロは新聞記事にもなった、300kgの黒マグロらしい。
とても美味しかった。ただ、この量を食べると最後の方は少々、脂っぽく感じた。

店はマグロのヤマキってところ。駐車場もあるので車で行きやすい。

 

帰りは久々に大台越えで帰った。
橋本でお土産にケーキを買って帰る。
18時半ごろ着。168号線ルートの方が早いかなあ。

今回も上位に入れなかった。
ただ、先週のシマノJCよりは満足感がある。
木っ端にせよ、全力出して釣りをして検量できたからだろうか。
大会が続くといいかも。先週の反省とかすぐに実践できる。
身体が大会モードでいられるからか、スムーズに身体が動くような気もする。

グレ釣りはやはり練習して上達しないと勝てない。
今更ながらだが、改めて強く実感できた。