みなべ釣行 カブト⇒一の島 沖の一級磯ハシゴ


4/16(土)に子供会のいちご狩りの予定が入ってしまいました。
ならば、平日釣行だ~!ということで、前日の4/15(金)に行ってまいりました。

木曜の夜に単独で出発。
その前に、みなべに電話してました。船頭に沖磯行けるか聞くと「行く予定してるで~」
釣太郎白浜ででエサ買って、椿マンションへ到着が23時半。
妻からマンションに家具を運ぶよう言われていたので、夜中、搬入。

160414-234050_R

 

 

 

 

 

 

160415-001053_R

 

オキアミ4.5kg+アミエビ2kg
集魚剤マンションに置いていたので風呂場で混ぜました~。

 

翌朝は4時起きで、みなべへ。
5時すぎ到着、船頭に久々のごあいさつ。
みなさんもう着替え済んで荷物を軽トラに積んでいたので急いで着替えます。

見る限りウェーダーはいている人は僕だけ。
これを見て、船頭に、「カブト行けるかな?」
「いけると思うよ~」

5時半出船。

160415-052242_R

160415-052238_R

160415-052416_R

久々のみなべです。
みなべには結構行きましたが、ろくに魚を釣ったことがないので、今日はまとめてリベンジしたいと気合入ってます!

 

船頭から、「カブトから行くで~」で準備します。

160415-052406_R

次の人はこのように荷物を舳先へ。
低い磯なので荷掛け棒とウマ(荷物をのせる台)を借ります。

 

 

 

160415-053219_R

カブトには1回しかあがったことないし、なんせ、とても小さな磯なのでドキドキしながら、無事、渡礁。

 

 

160415-053222_R

隣の中の島にも二人あがる。久々なので写真たくさん撮ります。

 

 

160415-063938_R

沖向きです。みなべを代表する磯、一の島が見えてます。誰もあがっていない。
荷物落とすと海に落ちるので慎重に準備して、6時すぎ釣り開始。

 

 

160415-063957_R
ほどなく北風が出てきました。

 

 

当たりはない。
ちょうど干潮時6:50で、潮も動いておらず、ふらふらするような感じ。

エサは残ってきます。
エサ取りもいない。

8時ごろ、ゆっくり潮が上りだした。
鹿島本島向きから流してるとバチバチと当たり。

160415-080806_R

30くらいの尾長グレ、キープ。
同じような感じで、あと2枚、30ないくらいのを釣ったら潮が変わり、当たりなくなりました。

 

このままやってみたい気もするけど、誰もあがっていない一の島が気になり弁当船で磯替わり。
船頭からは「この風やったら、カブトの方がええんちゃうかな~」とは言われましたが、空いている一の島を見ていると行きたくなって仕方ない。

160415-100348_R
一の島の灯台。

 

 

160415-101627_R
地方(カンス)向き

 

 

160415-100342_R
鹿島本島向き

 

 

160415-100351_R
沖向き

 

 

160415-101620_R

風裏の鹿島本島向きへ釣り座を構えました。
カブトより低いので、波はひざ下くらいまできます。

 

 

160415-102423_R
まずは、評判のわだま渡船弁当を食べます。
船頭の奥さんが弁当屋さんやってます。
おかずの種類もおおくて優しい味つけで、とても美味しい。
船頭も田辺市などへも配達に行くことがあるようです。
僕も仕事場の近くにあれば、毎日でも頼みたい。

 

さて、一の島での釣り。
こちらはカブトと違ってエサ残りません。

160415-105822_R

タカベ湧いてます。
あと、ビリコ。
最初から、一投一尾で釣れてしまう展開です。

 

 

160415-105829_R
満潮に近づき、波も結構あがってきます。風もさらに強風になります。

沖へ遠投攻撃で、尾長グレゲットしますが、こちらは25cm程度と型が小さい。
これならカブトの方が良かったなあ、と思いながらも頑張ります。
木っ端掛けてマシな型をキーパーバッカンに入れます。

 

潮は相変わらずふらふらとした感じ。
しかし、沖の一級磯だけあり、そこら中に潮目が出ます。

 

13時を超えるあたりから、少しエサ取りがましになりました。
浅棚では木っ端しかかからないので、00ウキを沈める仕掛けに変更。

160415-145223_R
14時ごろ、やっとキーパー口太30オーバー

 

 

160415-150131_R
連続で良型の口太!よく引きました。
棚は4ヒロくらい。

 

深く入れると当たりが連続しました。
しかし、ここからトラブルも連続します。
一の島は取り込みがしづらい。
生え根が伸びていて、さらにその下もテーブルのような生え根が見えています。
良型が手前に突っ込んでこられると潜られるか、切られるか。
3、4枚くらいやられました。もったいない。

タックルは竿1.25 道糸1.7 ハリス1.7

 

深く入りすぎると、モンスターも当たってきますので仕掛け交換に時間とられます。
最後はハリス2.25でやってました。

160415-161326_R

そして、デカいのとやりとりしているときに、エリネスの2番折れてしまいました。
多分、その前にウキが竿に強打したのでそこに傷が入っていたんだろうかと思います。
ウキも2個ロストするし、後半は仕掛けばっかりいじっていました。反省。

 

竿が折れて戦意喪失しました。
みなべは17時までやれますが、15時50分に終了しました。

160415-164824_R

あとはのんびりと片付けしたり、撮影したり、魚は磯で絞めて血抜きまでしておきました。
39cm最大ですが、30オーバーは多分、写真上の4枚のみ。
あとは25cm~29cmくらいの木っ端尾長です~。魚を知り合いに持って行く予定でしたので持ち帰ります。

 

 

160415-165817_R

帰りの船。16時50分くらいに迎えが来ました。

 

160415-165833_R

全身潮まみれになりましたが、久々、みなべは楽しかったです。
海との距離が違いので、自然と戯れた感が満載です。

 

 

160415-170039_R
鹿島本島表側

 

160415-170303_R
キリリンという磯

 

 

160415-170437_R
コノシマ
チヌ釣れてました。

 

160415-170830_R
また、みなべ来ます。
しかし、カブト⇒一の島なんて、贅沢な磯替わりをさせてもらました。

 

 

160415-200530_R

19時半、自宅着。
魚をさばいてから寝ました。

来週土曜日は串本行ってきます。