お盆休み釣行 いきなりタマン。


お盆休みの釣行&ファミリー日記です。

8月13日の15時くらいまで仕事してました。

そのあと、髪の毛をセルフ散髪。
が、大失敗・・・
いつもバリカンみたいなので散髪してるんですが、裾を揃えようとバリバリと刈るとなんとなくいつもと違う感触がしました・・・

 

P8140935_R

 

唖然

な、なんだコレ

やってしまいました。

アタッチメントみたいなのをつける忘れてバリバリ刈っちゃいました。

剃ったという方が近いかもしれない。

家族はこれを見て大爆笑。

思い切って刈り上げようかと思ったが、母ちゃんはそれはしない方がいいと、このまま放置です。

せっかくのお盆休みの出だしからコケちゃいました。

賢明な読者の皆さまは、人の不幸を笑わないでくださいね。

と、まあ、少々トラブルもありましたが、

17時30分に家族みんなで白浜へ出発しました。
まずは、近所のしまむらで買い物。
次に、ホームセンター、セリア、釣具のマルニシなど買い物で寄りましてなかなか南下できません。
結局、椿マンション到着が、22時30分と4時間5時間もかかってしまいました。

そこから軽く食事、子供連れて大浴場へ行き・・・

寝ようかと思いましたが、久々なのでやっぱり行くかと、冷凍庫のボイルをお湯で解凍し、深夜1時から釣りへ。

これぞ釣りバカ的な行動です。
しかし、海は荒れておりました。
波高で言うと2.5mくらいの感じ。
椿地磯です。
少し湾のような場所ですが、波が駆け上がってきてます。
海もサラシまみれ。
こんなだったら、やめといたら良かったと思いました。
しかし、エサまで解凍してるしこのまま帰れない。
5時の満潮まで波もまだまだあがってくるだろうから、
3時くらいまで2時間の短時間勝負と決めて竿だししました。

 

竿:3号(将波ストロング)
リール:5000番シマノ
道糸:PE6号
ハリス:6号フロロ
ウキ:0.8号電気ウキ
オモリ:3B+3B+2B 段打ち
針:伊勢尼10号

マキエ:ボイルL
サシエ:ボイル・小エビ(トビアラ)

 

なんせ、サラシまみれで足元から7,8メートルの範囲は釣りになりません。
北風も結構強くて背中が押されます。
全く反応がない時間が続きます。
竿2本先に入れた電気ウキはどんどん沖へ流れていきます。

1時間ほど経ち、今日はダメかと思いはじめます。
しかし、明日はお客さんが来るのでなんでもいいから魚が釣りたい。
追い風に任せて撒き餌も20mくらい沖に遠投し、その中に仕掛けを投げ入れました。

浮きが沈んだ?
次の瞬間バチバチバチと糸が弾けました。

合わせるとガツンと重みを持って乗ります。
スプールを指で止めますが、ガガガガと糸が出されます。
せっかくの獲物ですので、無理に止めずにテンション掛けながら糸を出します。
モンスタークラスではないなとわかった時点で将波をブン曲げて、やや強引に巻き取り開始です。

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

あがってきたのはヘダイでした。
45cmくらい。
美味しいオカズが釣れて一安心。
氷持ってきてないので、スカリへ入れてプールへ放り込んでおきます。

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

夜釣りは遅合わせで糸がバチバチしてから合わせる感じなので針はほとんど飲まれます。

少し心に余裕ができましたが、また沈黙。

 

 

30分後、
これまた同じ場所で当たりました。
今度はさっきより引きます。
沖へ突進しましたので、
もしかして、タマン?の期待。
ただ、波があるのでタモで上げるのに手間取ります。

なんとかタモにおさまりました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

またもやヘダイ君。
今度は48cmくらい。
これもスカリに入れて

 

さらに、5分後。
浮きが沈んだと同時にバチバチバチ。
合わせると、沖へ突進。
ガンガン頭を振りながら抵抗してます。
またもやヘダイか。

 

タモ使うのも大変なので波に合わせてズリ上げました。

P8140915_R

タマンでした!
これも48cmと小さいですが、オカズとしても嬉しい一枚!

 

 

P8140917_R

2時間も釣りしませんでしたが、オカズ釣りならもう十分。
これから更に波もあがってきそうなので午前2時半終了です。

 

ヘダイ2匹+タマミ一匹をスカリのまま部屋にに持って帰りました。

P8140921_R

ドカッと、洗い場に放り込みました。
まだ、生きてます。

 

P8140928_R

やっぱ今日のハイライトはコイツです。

 

P8140929_R

フィッシュイーターな顔つきをしております。
付けエサはトビアラです。(ヘダイ2枚はオキアミでした。)
最近は、生きたままま撮影をするように心がけています。
死んだ魚のような目とはよく言ったもので、やはり目が違います。

 

ただ、タマミをのんびりと撮影している間に、ヘダイ2枚が昇天してました。
タマミはしっかり血抜きできましたが、ヘダイはさっさと処理すべきでした。

魚をさばいてシャワー浴びてビール飲んで就寝。

 

お盆休みの後半につづく