kornのThe Serenity of SufferingをCDで購入


今年に入ってから憤りを感じることが多くて、
そんな時には気分を入れ替えるために、音楽を聴くことも多いです。

今日はCDを買いました。
2016年に発売されたkornのThe Serenity of Sufferingです。


この曲やられました・・・
今の僕の気分を表現してくれているような(笑

(ヘヴィ系のバンドですので、視聴はお気をつけください。)

このバンドはかなり前から知っていて、ファーストに入っている曲を聴いた時にはかなりの衝撃を受けました。
それが、多分、2000年くらいの事。
当時(今もですが)、もうヘヴィメタル系の音楽を聴いてもそういうことはないだろうなあと思ってのですが、いい意味でその予想が裏切られたバンドでした。

kornは、メタルと言ってもギターソロがあったりとか、リフを刻むような曲はなく、スピードもあるわけでなく、
ミドルテンポでのうなるような重低音で、泣き叫ぶようなボーカルが印象的です。
ヒップホップの要素が入ってたり、デスボイスが入ってたりと、ミクスチャーな曲も多いですが、サビは割とメロウな感じだったりりしてるので割と聴きやすいです。
多くのフォロワーを生みだした影響力のあるある意味カリスマ的なバンドでもあると思います。

彼らが影響を受けたというアーティストの名前を知って、ああそうか、と納得しました。

メタリカ、ニルヴァーナ、レッド・ツェッペリン、アリス・イン・チェインズ、セパルトゥラ、フェイス・ノー・モア、レッド・ホット・チリ・ペッパーズ、サウンドガーデン、デュラン・デュラン、フィア・ファクトリー、カテドラル、リヴィング・カラー、ヘルメット、レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン、スレイヤー、ピンク・フロイド、プライマス、トゥール、ミニストリー、Mr. Bungle、バイオハザード、ナイン・インチ・ネイルズ、パンテラ、ビースティ・ボーイズ、ブラック・サバス、N.W.A.、アンスラックス、ジェーンズ・アディクション、キャメオ

という感じなのですが、ここに上げられたほとんどのバンドは僕も10代、20代で聴いてました。
アリス・イン・チェインズなんて、もうそのまま影響受けてるんだなあという曲があったりしますね。

で、最近はコーンは全く聴いていなかったのですが、youtubeでチラチラとこのアルバムの曲は聴いてまして、2016年のThe Serenity of Suffering
は良いとは思ってました。

で、やっぱり通して聴いてみると、これは僕好みの傑作でした。

また、音楽やりたいなあ・・・