8月最終釣行 グレ釣り&夜釣り


2,3日前から急に朝晩が涼しくなってきたが、今年の夏は暑かった。
橋本市に引っ越してきた5年前くらいは、朝晩はエアコンは使わなかったのだけれども、今年の暑さにたまらず、フル稼働させた。
去年、子供たちの部屋にもエアコンつけたのだけど正解だった。

今回は土曜の夜、22時半くらいに出発した。
長男の宿題やらなんやらあったので単独で行くことになった。

8/27 日曜の朝のグレ釣り&夜釣りの予定だ。
人の食料と魚エサを購入し、椿のマンションに到着したのは午前1時。
3,4時間寝て、午前6時、近くの磯に向かった。

 

既に、近くの椿の磯はアチコチ人がいた。

空いた場所に釣り座をとった。
仕方なく、と言うポイントではなく実績はある。
↓の写真の通り、やりづらい場所なのであまり人はやらないというだけで、このあたりでは一番実績があると僕は思っている。

こんな具合にピトンにバッカンを固定して波をかぶらないようにした。

 

この日のためにウェーダーを新調していた。

プロックスのヒップウェーダー。底はフェルトタイプ。
アマゾンで4000円くらい。
生地が厚くないので蒸れにくいと思う。

 

撒き餌は、オキアミM3kg+ダイワ5倍爆増グレ+マルキューV9
これで4時間分くらいの量にはなる。

用意して始める。

ロッド:1.5号 5m 極翔
リール:2000番ハイパーフォース
道糸:1.8号フロートタイプ
ハリス:1.7号~1.5号
針:4~6号
ウキ:B~0号

とまあこんな感じ。
竿を1.5号の強めにしているのは、根が荒くて浅いポイントだからだ。

僕が開始した時、隣のオイヤンはというと、イガミ爆釣中だった。

6時半スタート。
磯際に撒き餌を打つと、一発目からエサトリ全開で出てきた。
これを見て、最初から遠投で勝負する。
Bの固定ウキ2ヒロの仕掛け。

2,3投目で一枚目がきた!

2ヒロ設定だけど、針は完全に飲まれている。

50cmほど詰める

 

連続で当たり。

潮はガンガン上っている。
このポイントは上りが良いので、今日は期待できるかも!

 

3枚目もすぐにきた!
サイズアップで35cmくらい。

しかし、この3枚で時合は終わってしまった。
潮がさらに早くなり、ガン玉追加するも遠投ポイントは合わせるのが難しい。

かと言って、手前や磯際は木っ端やエサトリだらけで期待できない。

9時満潮で次第に潮もあがってきて時折、体にも波の飛沫被るようになってきた。
バッカンにも水が侵入するのでやりづらくなる。
ヒップタイプのウェーダーも被ってしまうと足に海水が入ってしまうので気持ち悪い。

日差しも強くなりやれてもあと1時間かな。

ということで、早いけど9時に終了とした。2時間半の釣行。

 

ここは、つ抜けの実績もあるポイントなので期待したが、
今年は調子があがらない。

魚は磯で鱗をとっておいた。

マンションに帰って、大浴場で汗を流して、
夜釣りに備え、昼寝するかとエアコンをつけるが、エアコンがあまり効かない。
マンションのフロントに相談してみると、エアコンに詳しいらしく部屋まできて調べてくれた。
どうもガスが抜けているみたい。室外機の配管のところが凍っていると見せてくれた。
おまけに地元の修理業者に見積もりを依頼してくれた。
プレジデント椿の設備の人は親切なので助かる。

 

夕方の椿の海。
少し波気がある。

 

鶏モモ肉とご飯だけのシンプルな夕ご飯を食べてから、
夜釣りには18時半ごろ出かけた。
近くの磯で19時から開始。
今日は一発狙い。

ロッド:インターライン4号
リール:5000番
道糸:PE6号
ハリス:8号
針:12号
ウキ:電気ウキ1号
錘1号

といっても、もちろん僕はフカセなのでこのようなタックル。

ブッコミとか投げ釣りとか根がかりする釣り&投げて放置する釣りは好まない。
フカセでも根がかりするけど、針を延ばしたり、ハリス部分で切れるように強度を抑えている。

で、先週は針のすっぽ抜けがあったので、結び方を変更してみた。

漁師結び。ほどけづらいと思う。
簡単に結べるというのがいい。

エサはボイル1.5kg。
ツケエはボイル&中エビ
先週と同様、一投げ目からボイルはとられる。
赤ジャコ、クサフグが湧いているようだ。

棚を浅くするとウキが横走り。

夜ボラ。異臭をはなっている。

コロダイ。
30cm代なのでリリースした。

 

依然としてオキアミはすぐにとられる。
厄介なことにゴンズイ。
こいつが毎投かかり、仕掛けを打ち込むペースが落ちる。

たまらず棚を浅くすると

ボラ。
こいつはなかなかデカかった。
玉網は65cmの大きなサイズ。

やりはじめから気になっていた月の光は21時をすぎてから雲に入って完全に消えた。

ここからだと思ったころ、

電気ウキが沈んだと思ったら、すぐさま沖へ走った!

かなりのスピードだったので、デカタマミへの期待が高まる。

20mほど走らせて反撃開始、

あれ?

簡単に止まった。

デカくないな・・・

タマミじゃない?

 

イスズミ 50オーバー・・・

紛らわしい走り方をするイスズミだった。

 

22時まではなんとか続けるも

 

イトフエフキのみ。

22時半、終了。

夜釣りは外道祭りに終わった。

部屋に戻って道具を片付け、温泉入って深夜に帰宅した。

来週は月夜周りなので夜釣りはパス。

水温によるけど、今年は9月中旬の三連休くらいが最終の夜釣りになりそう。

地磯から良型タマミがフカセで釣れるのは、そのあたりまでくらいだろう。