2018シマノジャパンカップグレ釣り 串本 4年目の挑戦


5/12(土)に行われた「2018 シマノジャパンカップ 磯釣り(グレ) 大会」の予選出場をしてきた。
串本では毎年2日間予選が行われるが、今年は土曜日のA大会のみに参戦。

今年でシマノJCも早、4年目。

過去の記事は以下の通り。

2017シマノジャパンカップ 磯釣り選手権 関西A大会 串本

2016シマノジャパンカップ磯(グレ)釣り選手権 中四国C大会 伊島の磯

2016シマノジャパンカップ磯釣り選手権大会 関西A大会・B大会に出場

2015シマノ ジャパンカップ磯(グレ) 関西A大会・関西B大会に出場しました

 

僕は全国大会出場を目指している。

 

 

なので、予選を抜けたかった。

が、願いかなわず、

どころか検量も出せず、ボーズに終わってしまった。

残念で悔しい結果だが、次回の糧にするためにもレポートとして残しておきたい。

 

申し込みについて

WEBからの申し込み。
5/13(日)の関西B大会にも申し込んでいたが、落選した。
キャンセル待ちしてたが、連絡来ず・・・5/12(土)のみの参加となった。

前日から出発し、練習した

最近は仕事が忙しくて釣りに行けてなかったので、前日、練習することにした。
昼間で仕事してから、白浜に到着したのが16時ごろだったので、17時から1時間半だけ椿の地磯で練習した。

一投目できた。32,3cmの口太グレ。
この後は木っ端のみで終了。

この後、釣太郎に直行してエサ混ぜ。
オキアミ4.5kgに集魚剤1袋、ヌカを1kgくらいに、さっきの余り。
で、36cmバッカンに8分目くらい。

部屋に帰って用意したり、ご飯食べたりして
22時ごろ一緒に行く予定のzakiさんが来たので風呂&サウナに行った後、一杯やってから就寝。(zakiさん、ビールの差し入れありがとうございます。)

2時すぎに出発で、3時15分には串本に着いた。
別に来た明神さんとも合流し受付へ。

抽選して、102番。
去年に引き続き、出雲だ。
最近まったく釣果もチェックしていないので、須江の方が良かったのかどうかもわからない。

 

前半は出雲、沖のカンゴメ

出雲の小川渡船で沖のカンゴメへ。

3人あがった。

優先権があったので、沖側の釣り座へ。
準備して6時開始、7時15分まで75分で釣り座交替でスタート。

仕掛けはいつも通り、00ウキ、スルスル。

しかし、この釣り座、やりづらかった。
ウネリがあってその度に目の前が洗濯機状態になる。
強烈な当て潮の上、右手の長島という磯からの大サラシもあり難儀した。
ただ、木っ端の活性は高くて朝一番は釣れた。
全て20cm以下なのだが。
30分もすると木っ端の気配も消えて、魚っけがなくなる。

後半は、湾内側の釣り座へ。
こちらは全く反応がない。
海草とかごみが流れてきて釣りにならなくなり、10分前に納竿。
3人ともノーフィッシュ。

 

後半はチョナへ

後半は船が沖の方へ。
アシカ、武八、大サバと若い番号から降りていき、
結局、チョナになった。
チョナもあがったことはある。アシカ、武八という一級磯と比べると、ポテンシャルは低い印象である。
今日のこの状況で周りはグレ釣りの猛者ばかりの中、正直、「あーあ」という気分なのだが、なんとか1枚2枚でも釣ってやると気持ちを切り替える。

が、まあ、ここもさっきの前半と同じような感じで、20cmほどの木っ端がかかってくる。が、すぐに姿を消し無反応の時間が続く。
時折、マイクロ木っ端の群れが磯際に見えるだけ。
遠投もまったく無反応。

 

後半はノーフィッシュ。
風が強くなってきた。
7~8ヒロくらいまで探ってみたりもしたけど、何もなかった。

ということで、ノーフィッシュでフィニッシュ。

検量出せないというのは悔しいしさびしいね。

 

 

 

上位のかたがた。

 

セミファイナル進出のかたがた。

今年は須江の湾内が意外に、釣果が良かったようだ。

この後、ジャンケン大会であげ天をゲット。

これは船頭さんからのプレゼントだった。

商品の数は、去年と比べたら大分、少なくなっていたような気がする。

帰りは、串本の王将でお昼食べて帰った。

この後、僕は夕方から取引先2件に寄って、マンションへ宿泊。

翌日朝に帰宅した。

ちなみに、翌日の日曜日も出場した明神さんによると
雨の中、土曜日よりも厳しい状況だったようだ。
検量出したのが14人だったというのだが、激シブの状況だな。

ということで、何の見せ場もなく今年のシマノJC串本も終わってしまった。
グレ釣り大会はいくつか出ているけど、シマノJCはトップメーカーがやってるメジャーな大会で出場者も多いので、その中で勝ちあがるというのは中々難しい。
しかし、検量も出せなかったというのは悔しい。
状況は毎年厳しいのはわかっているのだけどね。
出雲ということもあり、深い棚ばかりに意識が行き過ぎていたかもしれない。

全国大会に出場したいというのは、ただ栄誉や称号が欲しいわけではない。
グレ釣りが上手くなってフィールドテスターになりたいわけでもない。
あまり人には言わないけど、自分の中では具体的な目的(計画)があるのでチャレンジしている。
なので、まだまだ頑張るつもり。

早速、来週はヤイバ磯祭りに出場予定です。