2016シマノジャパンカップ磯釣り大会続き


このCM偶然見たけどしびれた。
「二種類の人間がいる。やりたいことをやっちゃう人とやらない人。」

やっちゃう人生にしよう。

さて・・・二日目。
ジャパンカップ磯釣り選手権 関西B大会である。
明日があるさ~と一日目の敗北感を振り払い2日目に臨んだ。
2時起床。
ボーズさんと共に2時半出発。

昨日と同じように受付し、運命の抽選は62番。
昨日が59番だったのでやはり須江の磯、同じ芝渡船2だった。
同行のボーズさんも64番で同じ船。

160515-045509_R

しかし、船は昨日とは違う方向へ。
あがった磯は、オドの西。

ペアで上がった人を見たことあるなあと思っていたら、昨日、予選通過した人だった。
テスターもやってるバリバリのトーナメンター。
聞いてみると昨日通過しちゃった人は今日は権利がないとのこと。
須江の磯にも精通していて、はきはきして気持ちの良い方だった。

地続きで隣の先端の磯は”オドの先端”。
昨日、4kgの釣果をたたき出してトップ通過した磯だということを教えてもらう。
この磯にはボーズさんがあがった!

160515-083542_R

試合開始まで1時間近く待ち時間があるので、準備した後、オド先端の様子をうかがいに行った。
↑の写真の人が立っているのが先端。かなり足場も高い。
ボーズさんもこの磯のことを聞いてしっていたようだ。
足場は狭そうで、昨日とは違い南東からの風が強くて釣りがやりづらそうだ。

 

僕の方は優先権がないので、オドの西の奥の釣り座。

160515-050836_R

160515-050840_R

オドの西、沖側。

釣り開始して仕掛けを流すも当て潮がきつい。
前のシモリから出たサラシに押されて、ウキは自分の方に戻ってくる。

当たりもなく、時間だけが過ぎていく。

磯際を攻める以外、ほとんど何もできないまま交代。

 

 

160515-083539_R

沖側は大きなサラシができていて釣れそうな雰囲気。
最初からサラシの外側に、遠投気味に仕掛けを流すと良い感じに沖へ出ていく潮に乗る。
しかし、エサは丸々残ってくる。
反応が全くない。
追い風にまかせて遠投しまくるが同じ。
雰囲気は良くてバチバチ来ても良さそうなんだけど・・・
沈め釣りで深く入れるが、エサは丸々残ってくる。
打つ手なく、撃沈。

同礁した人いわく「先端で釣れてなかったから、こっちは釣れんわ~」

磯替わりに少しは期待していたけど、
船は握り飯とかにつけたあと、湾奥の方へ向かい、”きく崎”という磯へ。

160515-092403_R

雰囲気はないが・・・まあとにかく、検量サイズ1枚を目標に頑張ろうと気持ちを奮い立たせる。

が、全く反応なし。

正面から強風が吹き付け、途中で帽子もとばされる始末。

結局、2時間半、1回もエサはとられなかった。

こうして、参戦して2年目の挑戦、2016年シマノジャパンカップ磯釣り選手権大会は終わった。

オドの先端にあがったボーズさんだが、昨日とは異なり爆風で釣りは大変だったようだ。
最初の東側の釣り座では全く釣りにならなかったとのこと。
交代した釣り座でやっと釣りになるかと思ってたら、一緒にあがった人が隣に入ってきたという。
しかも、一度、やんわりと警告したが自分の釣り座には戻らなかったらしい。
これでは、釣り座を決めた意味がない。
僕もオド西からその様子を見ていて、後半になんで至近距離で並んで釣りしてるんだろうか?と思っていたが
そういうことだったとは。
これはルール違反に該当するんではないだろうか。

前の大会でも開始時間前なのに釣りしている人がいたりして、「えっ」と思ったことがあるけど、ボーズさんのケースはひどい。
そういう僕も昨日のスケジュール表の注意書きを見て、初めて”同一の釣り座が禁止”ということに気づいたけども、
釣り座交代の意味をよくわかっていない人も結構いるような気がする。
磯の上では、自主判断に頼らざるを得ないので、周知の徹底が必要だと感じた。

話を聞いていると、全国大会に出るようなテスターでも釣れている時は、なかなか釣り座を変わらず注意するとトボける人がいたり、釣り座変わる前に意地悪なことをする人がいるらしい。
 
僕なら言ってしまうかもしれない。
「メーカーの看板背負って釣りしながらそういうことしてもいいんですか?」
 

話はそれてしまったが、二日目の結果。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
優勝者の磯は出雲の丸島。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

160515-210527_R
二日目は抽選当たらず、ジャンケンで”おざきのひもの”獲得!

一日目、傘で二日目干物って去年と全く同じやん。

 
160515-182354_R

 
160515-182306_R
 

帰ってきて椿で2回戦しようかと迷ったがが、風呂入った後、部屋で寝てしまう。
起きたら17時半。

部屋片付けて帰った。20時半帰宅。
 

160515-210327_R
二日間の戦利品。

160515-210516_R
傘は広げるとこんな感じ。日傘にもあるみたい。

160515-210710_R
スパイラルXの文字と紋様が入ったマグカップはデザインがかっこいい。
早速使えそう。

zakiさん、ボーズさんにはご一緒していただき感謝している。
とても楽しく二日間過ごせた。

桑原テスターはじめ、シマノのスタッフの方にも気さくに声をかけていただいて、より大会を楽しめたと思う。

チビちゃん二人がいるのにも関わらず、二日間釣りに出してくれた妻にはとてもとても感謝している。
いつもありがとう。

夏はまた、椿の地磯ででも修行して秋には大会に出直すことにしよう。

終わり。