車はマニュアル車(MT車)が安全で運転が楽しい?


久々に土日も仕事で缶詰です・・・

こんな時には、深夜にブログを更新したくなります。

最近、車のことを考えることが多いので車ネタで。

 

こないだ売却したハイゼットカーゴはマニュアル車(5MT・ミッション車)でした。

もう1台ウチにあるトヨタ ラクティスはオートマ車です。

 

マニュアル車(ミッション車)の運転は楽しい

比べると、マニュアル車の方が良かったなあ、とつくづく思います。

運転には、マニュアル車の方が手数はかかります。
左手でギアの選択、左足でクラッチ操作があるのです。
けど、その分「自分で運転している」という実感があった。

それに、手数がかかると言っても、「面倒だ」とは感じたことはないんですよね。

150612-152527

渋滞でもよく言われる「マニュアル車はしんどい」 とも感じたことはありません。

それより、オートマの方はブレーキを踏む動作だけで単純な分、眠くなりやすいです。

クルマの変速をすべて車任せにする分

ギアを選んでクラッチを操作するという楽しさも失ってしまいます、少なくとも僕の場合。

 

マニュアル車の方が安全である

安全面においては、オートマの運転ミスでの事故が結構あるように思えます。

ブレーキとアクセルを間違って建物に突っ込んだとか事件なんて・・・オートマならではの事故ではないか。

マニュアル車なら・・・・

ブレーキと間違ってアクセルを踏んでしまっても、暴走しません。
ブレーキを踏んで停止しようという時には、同時にクラッチも踏んでいるからです。

暴走する危険性は、そりゃオートマ車の方が高いのです。

オートマ車、子供でも簡単に発進させることもできますからね。

運転姿勢も、マニュアル車の場合、左足はクラッチの位置に固定されるので、右足のブレーキとアクセルの位置感覚も間違えにくいのではないでしょうか。

オートマは足を組みながらでも運転できますから・・・

操作が少ないAT車に乗っていると、MT車より、危険な乗り物に乗っているという自覚が薄れやすいようにも思います。

 

マニュアル車(ミッション・MT車)がどんどんなくなる日本

とまあ、オートマ車を散々貶めるように書いてきましたが、

現実は・・・

日本ではマニュアル車の設定がある車がどんどん減ってしまいました。

メーカーの戦略か、国の政策のせいか。

AT限定免許があるせいでしょうか。

期間も短く、費用も安く運転免許を取得できるAT限定免許・・・

自動車の運転を免許制にした趣旨から考えると、どうなのでしょうか。

 

今回購入したマツダのビアンテはオートマですが、マツダはマニュアル車の設定がある車が多いようです。

うちの母ちゃん、やっぱりマニュアル車の免許とってくれんかな・・・

 

もはや、議論にならないほど、圧倒的にオートマ車ばかりになっていて、オートマどころか自動運転車も公道を走る時代ですが、

あえて記事にしてみました・・・・

 

いずれにしても、運転は気をつけよう。