初めての江須崎 沖の長島(酒井渡船)でPB


前回はいわゆるPB(パーフェクトボース)だったことと、水温低下も気になるので
今回は沖磯に行こうと考えていました。
基地の椿から行きやすい枯木灘方面で検討することにしました。

初めてで勝手はわかりませんが、釣果みると
結構、釣れてそうなのと、夕方までやれるというのが魅力で
江須崎に行くことにしました。

家族を連れ、金曜日、18:30頃出発。

途中、岩出市のグリーンコーナー(グリーンソフトの玉林園がやってるラーメン屋)
でラーメン定食を食べました。

ここで明日行く予定の江須崎の渡船屋さん(酒井渡船)をスマホで調べ電話入れておきました。
18:20出船と、直接、港へ行っても良いということを確認。

釣太郎白浜で明日のエサを混ぜておきます。
生2枚+グレハンター+強力グレど遠投

椿マンション到着後、次男を連れて風呂に行きます。
脱衣場でAさんにばったり。
明日も、底物で市江行かれる予定とのこと。
椿地磯のグレ情報なども教えてもらいました。
明日の準備して就寝が午前1時。

翌朝、5時起床。

出発は遅くなり、5:40。
急ぎますが、途中まで前にノロノロのトラックがあり、やや焦る。

18:05、港へ到着。
初めてですがギリギリ間に合いました。
車と釣り人がたくさんです。

急いで準備し、荷物を持って船へ近付きますが、
どっちが酒井渡船かわかりません。

乗り込もうとしている人に、
「これ、どっちの渡船ですか?」
「酒井ですよ」
と確認し、乗り込みました。

すぐに出船、客は20人くらいでしょうか。
ただ、隣の渡船も20人くらいは客がいそうです。

港を出て沖磯を目指します。
磯決めのシステムも磯もわからないので、様子をうかがいます。
息子さんがポーターをやっており、
次々とテンポよく人を下ろしていきます。
磯は話がついているのか、それとも、先に降りた者勝ち?
よくわかりません。
近いエリアに磯が集まっていて、船の操縦が忙しそうな船頭にもナカナカ話しかけられない・・・

残りあと4,5人くらいの時に、タイミングを見計らい船頭に相談。

初めてであることを伝え、どっか一人でええとこあるか聞くと、

「よっしゃ、次、おろすわ」

ということで、前に出てポーターさんに色々聞きます。

150228-063547

磯名は、「沖の長島」
最終は、「17時まで。お昼くらいに何時までやるか聞きにきますんで。」

“沖の長島”

沖の長島は細長い磯で後ろの方にもお一人上がられてましたが、
僕が上げてもらったのは先端の沖向きです。
すこし足場がガタガタしてます。
右手の江須島向きと、南向きに釣り座がとれそうです。
北からの風は風裏になりそうだし、残っていた磯ながら、期待できそうな感じはします。
(朝はいつもそう思いますが・・・)

150228-063553

風も大したことなく、防寒仕様では暑いくらい。
釣り日和の穏やかな天気になりそう。

南東向きに釣り座を構え、早速、仕掛けを入れますと、左から右へ仕掛けは流れていきます。
上り潮ですかね、
この流れがかなり速い!
左手、串本側に小さな独立磯がありますが、その前のシモリから発生する大きなサラシに押されて流れが加速しています。
この小さな磯にもお一人あがってます。

マキエを撒いてしばらくすると、トウゴロウイワシが大発生。
3ヒロほどにするとエサ取りはフグみたいで、針が時々とられます。

2ヒロ、2.5ヒロ、3ヒロと棚を変えたり仕掛けをちょこちょこ触るもグレのシグナルは全く感じられない。

帰ってくるオキアミは冷たい。

次第にテンションが下がってきます。

150228-093213

9:20弁当到着。ペットボトルのお茶付き。

弁当を運んできたおいやんから様子を聞かれます。

「どない~?」

「全然あかん~」

「となり一枚釣れてたで~、1.5ヒロらしいわ」

近くにグレはおる!と思うと再びやる気が出てきました。

食べてから再開。

状況変わらず。
それ以降、隣の磯は、僕のいる磯を背にして釣りしてらっしゃいますが、
結構、竿が曲がってます。
黒い魚がタモに入っているのも何度か見かけました。
足場の高さを生かしてかなり遠投されており、上手な方のようです。

隣と言っても、潮の流れも全く違う海だからなあ・・・
釣れないのでマイナス思考に・・・

途中、zakiさんからお電話もらいました。
以前、沖の長島にあがった時は波気あったがグレが釣れたらしく、
アドバイスいただきました。

しばらくやって、南東はダメだと、北西側(江須島側)に、釣り座変更。
前方20m付近に見えるシモリの手前あたりを狙います。
潮は当ててくる感じ、北西の風が出てきて少しやりづらくなってきました。
ここもフグが多いよう。
棚を深くするとベラ、サンノジ。

150228-140039

隣磯は見るたびに竿が曲がってます。
それを見ても、コッパすらかかららない状況に、次第に集中力がなくなってきます。
そして、ダウン。
30分ほど寝てしまいました。

150228-093230

途中、見回りで船が巡回してきて、
「何時までやる?」
5時を伝えました。

が、

14時ごろにはあきらめモードです。
15時45分、酒井渡船が前を通りました、江須島の反対側の磯へ迎えに行くようです。
これを見て、僕も急いで片付けました。
沖磯ではほとんど早上がりしたことはないですが、
あと、1時間やっても状況変わらんだろうと、早めに撤収することにしました。
今日は時間が長く感じました。

150228-160125

帰りの船で状況聞きますが一部の磯以外、イマイチのようです。
港へ帰り、事務所に寄って4700円払います。
事務所にある釣果情報の紙には、「ソビエト16枚」と書かれてました。
2、3船頭に江須崎の磯のことを質問してから、
とっとと帰ることにします。

「今度は朝、事務所寄ってコーヒーでも飲んでいって。」

船頭は、朴訥とした感じですが、とっつきにくいタイプではなく
こちらから聞けば色々と教えてくれそうです。

せっかくの沖磯、江須崎初挑戦は、期待しましたが、
残念な結果に終わってしまいました。。
江須崎ももうちょっと通わないとどこがどうなのかわからないです。
ただ、小さい独立磯が点在しており、僕好みかも。

椿に帰り、マンションの駐車場で洗い物をしていると
Aさんがちょうど出かけるところでした。
市江でも、同じく状況は一部の磯以外ダメということでした。

150228-173927

部屋に帰ってからも椿の各地磯では釣りしている方々がいました。
市江の釣果からすると、今日は、椿も厳しかったんじゃないでしょうか。

部屋に帰り、少し休んでから次男連れて風呂へ。
沖磯だとやはり体は楽ですね。
この夜は鍋をして、久々にお酒を飲みました。
飲んだと言っても、ビールとチュウハイの350mlを一缶ずつです。
日曜日は朝から雨でしたが、息子の野外活動のクラブがあるので翌朝、5時起きで帰りました。
2時間ちょうどで自宅着。

次週も行く予定です。
今度こそ釣れますように・・・

150301-135211