串本 出雲でグレ釣り 底モノ釣り師とコラボ


串本出雲釣行。
渡船で行ってきた!
しかし、またまたまたまたボーズだった、僕は!

 

 

9/29(金)
2日前くらいに高橋氏に連絡をすると、ちょうど高橋氏も底物で金曜に行くとのことで
急遽コラボ。串本出雲へ。
僕は前日深夜に白浜マンション入り。
早朝高橋氏に迎えにきていただく。
串本のエサ屋、三平でウニを仕入れ、5時前には串本到着。

 

 

グレは全く釣れてる情報がなかったが、
串本なら3,4枚くらいなんとかなるだろうという考え。

5:30出船
朝方、気温が下がって肌寒い。
磯は沖の赤島。港から数分の湾内の磯。
ここはジャパンカップ串本予選で一度あがったことがある。ボーズだったが・・・

底物のポイントはエンイチのチョボヘ15m~20
上物は先端から双子側で。

朝一はエギングした。
20分ほど頑張ったが、何事もなく終わる。

エギング終えると、高橋氏の竿が曲がっている慌ててビデオを回す。
あがってきたのは40cmはないイシガキダイ。
幸先が良い!

 

そして、ようやく僕もフカセ釣りの準備し、釣り開始。
朝日がまぶしく釣りしづらいが、気分は上々。

本日は若潮?で、ちょうど6時が干潮時なので潮位は低め。
磯際にはエサを撒く前から、チラホラと小さな魚が見えている。
一投目からウキ消しこむも、ハコフグ。
磯際ではエサは一瞬でなくなるが、沖へ投げるとエサは残ってくる。

風は強めで北東から。
右斜め後ろから吹き付けるので、追い風にできる。

今日は串本だし、徹底してスルスル仕掛けでやると決めていた。
0ウキで、浅い棚では反応ないためガン玉を足して、早めに沈めていく。

しかし、遠投で沈めてもエサが残る。
磯際はエサ取り多いが、グレは木っ端がその下にチラッと見えるだけで、良い型のは見えない。

どうも、開始2時間で手詰まりになってしまった。

磯変わりも考えたが、沖の方は波がありそうだし、
久々のコラボでもあるし、一人で磯変わりはあまり気乗りしない。

ご飯食べて、昼寝・・・

昨夜1時間くらいしか寝てないのでぐっすり快眠してしまう。

起きたら11時半だった。

今日は2時満潮なのでちょうどこれから良い時間かも!と前向き思考で頑張る。

沈めていって、竿2本くらいでようやく木っ端グレ25cmゲット。
何枚か釣れたが型が小さい。
双子の方向へ遠投すると、イサギも釣れたが25cmくらいので、続かない。
満潮が近づいて少し当たりが出るものの、ポイントは遠投で、棚も深いので効率が悪い。

高橋氏のほうは、エサ取りが多くてお昼にはウニ40個を使い切って終了。

僕もこれ以上はだめだと判断し、14時の船で早上がりとした。

船頭は朝から数時間、メジロを釣りにいって10何本か釣ったみたい。

串本に行けばなんとかなると考えたが甘かった。

高橋氏に椿まで送ってもらった。15時過ぎマンション着。

 

椿の地磯で2ラウンド目 グレ釣り

不完全燃焼だったので、少し休んで2ラウンド目に出かける。

椿の地磯へ、日が沈むまで1時間半勝負だ。

北西が強くて波気はあり、雰囲気はあった。

魚が釣りたかったので、イガミの竿も置き竿しておく。

時間がないので、手返しを早くする。

いきなり強い引きの魚がかかったが針はずれ。

おそらく、グレではない、アイゴがイスズミ。

遠投で実績場所に仕掛けを入れていく。

バチバチとかかり、これも引きが強くてグレではない感じ。

寄せてきてから根に張り付かれたが、竿の角度を変えて待ってたら出てきた!

強引に巻き上げあがってきたのは、アイゴ!

良型だったので水溜りに放り込んでおく。

夕陽が沈むまであとわずか!

ウキも見づらいので磯際作戦で!

当たりが連発する、

イシガキダイ25cm

サンノジ35cm

イスズミ30cm

チョウチョウウオ20cm

完全に陽が沈んでしまったのでタイムアップとした。

日の出から日の入りまで一日釣りしたものの

本命にたどりつけなく残念。

たが、完全燃焼ししたかのような充実感があった。

アイゴだけ磯でさばいて持ち帰った。

急いで片付けてマンションに帰った。

マンションへ帰って、ご飯を食べたら眠くてたまらないので
横になると、そのまま気絶してしまう。

起きたら午前1時半!

温泉の時間を逃してしまったので、部屋の風呂に入ってさっぱりした。

次の日、土曜日は娘とデートの予定なので帰らなければならない。

午前3時過ぎ、マンションを出た。

また、来週行くので今週ボーズでも何の問題もない(強気!)

練習もいっぱいできたしな!

 

奈良の当麻寺にあるフルーツカフェもんちっち。
娘との初デートはなかなか甘い時間で癒された。