フィリピン セブ島旅行が黄色信号 イスラム過激派襲撃事件で・・・


夏休みに家族旅行でフィリピンのセブ島を計画して既に航空券も部屋も予約しています。

が、昨日、恐れていたことが起きました。

4/11 セブ島の近くのボホール島でイスラム過激派による襲撃事件が起きてしまいました。

フィリピンのリゾート島に襲撃、9人死亡 イスラム過激派の誘拐組織か (AFPBB Newsのニュースサイトへリンク)

ご覧の通り、事件が起きたのはセブ島の横にある観光リゾートも盛んな島です。

今回はISに忠誠を誓っているアブサヤフというイスラム過激派組織が事件を起こしたとみられています。

ニュースの記事を読んで気になるのが

米国とオーストラリアの現地大使館は今週、自国民に対し、特にボホール島及びセブ(Cebu)島で「テロ集団」による拉致が起こる可能性について警告しており、フィリピンの治安部隊が警戒していた。(c)AFP/Mynardo MACARAIG

ここですね。
セブ島も入っています。
テロ集団による拉致が起こる可能性について警告
米国とオーストラリアは事前に情報を察知し、自国民に警告していたらしいです。

日本はこの辺りの情報はどうなっているのか・・・

何も通知されてなかったのだろうか。

外務省のホームページに海外の治安の情報を伝えるページがあります。

フィリピンのセブ島もボホール島もレベル1で、比較的危険は少ない感じ
ですが、要注意レベル。
テロ組織の本拠はその南のミンダナオ島にあるらしいです。

今回の件は、外務省 海外安全ホームページのお知らせ欄にも何もお知らせがありませんでした。

この辺りが、諜報機関などを持たない日本の限界なのかもしれませんね。
 
フィリピンは東南アジアでも日本に近いし、住んでいる日本人も多いと思いますが、
僕の読んでる日本の新聞にも記事は全く掲載されてなかった・・・・
 
 

で、僕らはどうすんねんということです。

行くのかどうか。

キャンセルするにしても問題は航空券なのです。

妻にすべて手配してもらったのですが、恐らく、キャンセル料が100%とられるヤツ(泣
 
なので、安いのです。
 
安いと言っても家族5人分の関空⇒マニラ⇒セブ への往復となるとかなりの金額です。
(直行ではなくマニラ経由)
 
確か20万以上していたはず・・・
なんか、座席指定とかいろいろオプションもつけてるらしいし(泣
 
 
ウチはおチビ二人いるので、あまり観光とかで動き回らずプライベートビーチがある巨大なリゾートホテルでずっと過ごす計画です。
 
ただ、3泊するのでやっぱり一日は買い物とか外にも行きたいよなあと話していました。
 
しばらく様子をみてから判断したいと思います。