チームヤイバ和歌山支部第3回懇親釣り大会に参加


12/24(日)クリスマスイブ。

チームヤイバ和歌山支部第3回懇親釣り大会に参加させてもらった。
年の瀬の12/24に大会に参加させてもらえるとは、なんと素晴らしい。
明神さんをお誘いしてGO!

その前に・・・・
前日12/23(土)も椿地磯で釣りをしたのだけども
7時に起きるとどこもいっぱい・・・
空いている釣り座で始めるも、強風、激シブで2時間でノックアウトされた・・・
ということで、内容は省略させていただく。

で、翌日、日曜日、椿に明神さんに迎えにきていただき串本へ。
出雲の谷口渡船利用である。
そういえば、今年はジャパンカップもマスターズも出雲で谷口渡船であった。
今年最後の大会なのでなんとかよい釣りをして終えたい。

役員の方にご挨拶して、抽選すると15番。
湾内からつけていくので沖磯っぽい。


5:30 競技説明
参加者20数名、時間は13時まで、3匹の重量勝負

 

 

海は結構、うねりがあって、武八、長島はアウト。

 

明神さんとペアで大サバの先端へ上げてもらう。

先端に入らせてもらい釣りスタート。

当て潮、向かい風(汗
しかも、時折、武八からくる大サラシに釣りを邪魔される。

最初からマキエをまきまくるが魚の気配がない。

ガン玉をくわえ、沈めていく。

ピクッとPEラインに出た当たりを掛けた!

磯際でファーストヒットである。

 

 

30cmちょうどくらいのグレがつれた!

まだ序盤やし、こっから調子にのっていくで~と
思っていたが、生体反応なしの時間が続く。
全く魚の気配がない。潮はスケスケ。
激シブである。

 

 

沖とか浅棚では全く反応がない。

おそらく、グレは磯際でじっとしているんだろう。

仕方なく磯際を深く探ると・・・

たま~に、強烈なのが掛かってしまい、仕掛けをきられる。

休憩したりなんだかんだして、

しばらくして後ろを向くと、明神さんが1枚掛けている。

これは時合かと、僕も急いで釣りに戻ると、掛かった!

これも30cmくらいのグレ。

しかし、このグレを入れようとしてバッカンをひっくり返してしまう。

なんとか、グレは落とさずに済んだけど、ロスタイムで、短い時合が終わってしまった(泣

このあとは、またも死の海に戻ってしまう。

ただ、仕掛けを打ち返すだけの時間が続いていく・・・

しかし、今年の串本は渋いなあとか思いながら。

そして、12時半、少し早いがあきらめて終了とした。

船で聞くと、アシカやカナトコに乗った方も皆さん厳しかったようだ。

検量する人も少なそう・・・

 

 

けど、まあ2枚1200g代では箸にも棒にも掛からないだろうと思って表彰式を眺めてたら・・・・

 

 

 

3番目に呼ばれてるやん!

ラッキー!

釣りに限らず表彰状をもらったのは、小学生の時のそろばん以来かも・・・

しかもバッカンまでいただいて嬉しすぎる。

来て良かった。
生きてて良かった(笑

 

まあ、大会じゃなしにこの出雲来てこの釣果だったら、若干、しょんぼりして帰ってたところだったので、ホントきてよかった・・・
グレは小さいけど、アブラのりのりだったよ!

 

そして、明神さん、ジャンケンで賞品ゲット。

この方、ジャパンカップも初めてで予選通るし、持ってるなあ。

 

また、椿まで送っていただき、温泉で釣り談義してお開きとした。

とても楽しいクリスマスイブになった!
チームヤイバの役員の方々には親切にご対応いただき、とてもお世話になった。
和気藹々とした雰囲気で、一般参加でも楽しむことができた。

 

さて、今回で、気持ちよく釣りおさめといいたいところだが、
おそらく31日も行くだろう。
さくっと数釣りできたらいいなあ。