みなべ コノシマでグレ釣り~一年を占う飲み会


150123-165448

インフルエンザが猛威をふるっているようです。
うちは0歳児がいてうつったら大変なので
次男ゆうの保育園を先週はほとんど休ませました。
金曜日のみ登園させました。
写真は迎えにいった時の画像。
今日の給食の展示の前で。

そして、今週も家族で椿マンションへ行きました。
金曜日、晩飯を食ってから20時すぎ出発

1422191432138

途中、海南でガソリン補給。
レギュラー119円です。
値下がりが続いています。

 

 

海南ICから乗り、
22:30 釣太郎白浜店でエサ混ぜ。

150123-224351

生1枚に集魚剤はダイワのグレハンターⅡと遠投青のりグリーンを混ぜました。
釣太郎でロックボイルが復活していたんで久々にボイルでやろうかと、買いました。
ボイルは混ぜずにパラパラ撒く用です。

「おきさん」という声に顔を上げると、お久しぶりの”まささん”でした。
明日から太地で連荘釣行だという。
みなべ行くと言うと、「僕もみなべ5年通ったよ~」なんて話を聞いてからお別れです。

明日の土曜日は、2週連続でのみなべ釣行になります。

ただ、いつもの通り厳しい釣果でした・・・

 

 

釣行記です ↓ ↓ ↓

翌朝5時に起きて5時半出発で、椿マンションからみなべへ。
5時50分くらいに到着。
駐車場ほぼ満杯だが最後1台なんとか置けそうなので詰めていれる。

事務所で久々にみなべ常連のひがっさんと出会いご挨拶。
渡船名簿記入し、渡船代+弁当4700円を支払い手続き完了。

準備していると、今日来ると聞いていた釣り友タルさんとお連れさん出会う。
タルサンはみなべ初挑戦で、ご一緒したかったが水没磯がNGということなので今回は別磯で。

出船前、船頭に磯を相談する。
本日は一の島周り。
沖磯は朝は無理で、アオギも複数希望者がいる。
うーん、どこにするか。
出船してもどこに行くか決まらない。

船は最初にトオデにつけ、
次にコノシマへ。

コノシマはひがっさんしか上がらないようなので、瞬時の判断で僕も上がることにした。
コノシマは初めて。
(偶数日はトオデ・コノシマはわだま渡船の周り)

満潮8時半なので波が結構あがってくる。
ひがっさんに釣り座やポイントを教えていただく。
北向きもいいようだが、北風が気になったので南向きで釣りスタート。

竿1.2号
道糸1.75号
ハリス1.7号
朝イチは、G2ウキ2ヒロ固定で。

150124-070456

 

足元はシモリが張り出していてやりづらい。
追い風なので、ボイルをパラパラ撒きながら仕掛けを流してみる。
一投目からエサがとられる。
刺牙グレのコーティングがはがれていた。
どうも一面、フグがわいているようだ。
毎回、エサ&針がとられる。
少し投げても同じ。
フグ対策で2Bのウキに変える。
チモトから10cm上にも小さなジンタンを打ってみる。

波が正面からも背後からもくる。
後ろから来る波は不意に押されてしまうので要注意だ。
ただ、ウノシマ向きのひがっさんの釣り座は、さらに波がきている。
たまらず、北向きに移動されていたが、それでもウマにのせたバッカンあたりまで
波がぶつかってくるので大変そう・・・

 

ここで、突然、お腹が急降下。
グルグルと鳴りだした。ヤバい・・
この磯のこの状況で大便をするのは大変だ。
しゃがむと波に襲われてしまう。
下半身丸出しのまま磯の上をゴロゴロと転がってしまうことになりかねない。
ひがっさんに断りを入れると
「ウマの上に上がってやったら?」
との提案をいただくが、それも大変だ。
図を想像すると、ちょっと抵抗がある・・
意を決して、波に気をつけながらしゃがんでいたすことに。
途中、尻を波で洗われてしまうアクシデントもあったが、なんとか無事、事を終えることができた。
後は波が磯を綺麗にしてくれる。

 

 

すっきりしたところで釣りを再開する。
しかし、状況は変わらずフグ天国だ。
北向きに移動したひがっさんは、ヘダイやらチヌやら仕留められていたが、話を聞くとフグは多いのは同じ。

150124-104123

10:30ごろ、 ノーフィッシュのまま弁当船が来た。
ここで、ひがっさんはウノシマへ磯替わりされた。

 

 

3430

釣研システムスタンド大活躍。

 

弁当を食べてから
ウノシマ向きに釣り座を変える。
最初は足元でやっていたがやはりフグが多いので遠投中心に切り替える。

11時すぎ、遠投していたら軽くコツンと竿先に当たりあり。
合わせてリールを巻くとズドンと竿に衝撃が走り、引っ張られる。
ボラのスレがかりのような感じでやたらと暴れまくる。
なんとか時間をかけて寄せてくるとなんと、大きなフグだった。

150124-113826

50cmくらいあり、ずっしりと重い。

150124-114046

釣太郎M君に写メを送ってみると、図鑑の映しを送り返してきてくれた。
シマフグというフグで、トラフグについで美味、とあった。
一応、水たまりに生かしておく。

 

 

足元と遠投と交互に仕掛けを入れる。
足元ではカワハギが連発する。

3433

 

 

風も追い風でマキエも撒きやすい。
綺麗な潮目が出ていたのでそれにそって超遠投。
ウキはほとんど見えないが、糸がバチバチときて、ようやくグレ。

150124-134146

サイズは33、4cmくらい。
この時すでに13時くらい。
この後、バラシを2回してしまい当たりが途絶える。
夕方のチャンスタイムもなかった。
釣れんね~。

150124-164924

16時、納竿とした。

 

 

150124-162345

船を待っている間、少し時間があったので、
アオサを少しむしって帰る。
翌朝、母ちゃんがチャーハンに入れてくれたのを食べたが塩味が効いててウマかった!

 

そして、釣れたデカフグは生かして持って帰ってきた。
船頭に聞いてみると
「毒あるで~。」
と言われる。
図鑑を見せてもらうと、毒マークがしっかりとついていた。
残念ながら、素人では調理不可みたいなので、港で逃がした。
しかし、後で母ちゃんの友達の板前がフグを捌けるということで
「持って帰ってきたら良かったのに~」と言われた。

 

 

150124-162322

ということで、今回もダメでした。
全体的に釣れてませんが、一の島の方だけは二桁釣られていました。

みなべなかなか手ごわいです。

 

椿マンションへ戻り、母ちゃんに釣果を渡し、Aさんの部屋へ。
今晩はAさんの部屋で「今年一年を占う飲み会」と称するお泊まり会(白浜会議)があり、お誘いを受けていました。
去年、参加させていただいて本当に良い年になりましたので、今年も参加!
椿のマンションを買うきっかけになった会でもあります。

150124-195315

カニや赤イカなどAさんに全てご用意いただいてます。
とても美味しかったです。
今日は帰らなくてもいいし、僕は初めましての方が多いですが、
すぐに打ち解けることができ、ビールもすすみます。

 

 

150124-215000

母ちゃんが気をきかせて、釣れたグレを速攻、唐揚げにしてもたせてくれました。
写真はほとんど食べた後でもうないですが・・・

 

 

150124-214949

睡眠時間も少ない上に一日立ちっぱなしの釣り、そこにお酒も入るともうヘロヘロです。
楽しい時間はすぐにすぎ、一人ずつ寝床にダウンされていきました。
ホントに楽しかった!
Aさん何から何までご用意いただきすいません。ありがとうございました。
1時ごろか2時ごろか、残ったメンバーもお開きとなり、僕も部屋に帰りました。

Aさんは翌日朝から底物するということでしたが、
僕はもう釣りする気力なしです。
翌朝9時まで眠り、温泉入ってから帰りました。

 

帰りに紀ノ川市で、カレー屋さんでランチバイキングを食べて帰る。
ガネージュという、古民家風の家のレストラン。
残念ながら本日で一時閉店されるということで、最後食べに行くことにしたのです。
http://ganesh-chai.net/

2月は子供の予定や行事も多く、なかなか釣りに行けないことになりそうです。
みなべでグレダービーを狙うか、枯木灘方面を開拓するか、地磯で頑張るか、
次回釣行は悩むところです。