久々に夜釣りフカセでグレゲット

この3週間くらい、詰めて仕事しまくっていて、一日16時間以上はパソコン仕事の毎日でさすがに気がおかしくなりそうだった(笑
性格上、仕事が中途半端だと遊ぶ気がしなくなるので、仕方ないとはいえ、体にも精神的にもよくない。

ようやく一区切りつくことができて、11日(土)の昼から家族で白浜へ。
思いっきり遊ぶぞうと思っていたが

やはり台風14号の影響で時化だった。
寝不足もあり、この日はそのまま就寝とした。



次の日は朝から子供らとプールで遊び、昼から買い物などに出かけ、
富田の水を汲みに行ったりして、部屋に戻った。

時化だったけど、家族も魚が食べたそうだし、ようやく行くかと、夜釣りの準備を始める。
1.5kgの買い置きのボイルを持って近くの磯へ。
なんとかできそうな近くの湾内磯を見つけて釣りをスタートさせたのが21時ごろ。
この日は新月周りの大潮だ。
19時が満潮なので下げてきているが、サラシが大きくやりづらい。

基本的に、夜釣りフカセは磯際を攻める。磯際ができない状況はかなり厳しい。

仕方なく竿2本あたりを重点的に攻める。

タックルも特に買い揃えることもなく、あるものを適当に間に合わせでいく。
・ロッド:3号インターライン
・道糸:PE8号
・ハリス:6号
・電気ウキ:1号
・錘が0.8号。
ってな感じ。
このタックルではタマミのデカイのくると厳しいんだけど、フカセでやる以上、イサキとかも射程に入れたいのでゴリゴリのモンハンタックルでやる気にはならない。
ただ、針が12号の真鯛用しかなかった。9号か10号くらいからはじめるのがいいんだけど。
あと、電気ウキの電池も刺さってる分しかないので切れたら強制終了となる(汗
まあ、これができるのが磯の近くに基地がある利点だ。

釣りのほうは、時折、エサはとられるが、大方、残ってくる展開。

そりゃそうかも、こんなに時化だと、ね。

2ヒロから3ヒロまで深くするが当たりがない。

ゴニョゴニョとした小魚の当たりはある。
しかし、夜釣りでは完全にウキが沈んでから合わせる方が良いと思ってるので
ゴニョゴニョした当たりはスルーしてるのだ。

再び、2ヒロに上げたたところ、モジモジ・・・
スーッとウキが沈んだので合わせるとガガガと魚がかかった感触。

それほど大きくなくて、イサギかと期待する。

磯際までなんなく誘導してきて、ぶち抜こうとするがなかなか重たい。

ここは一発目なので慎重に行くかと、タモを手にする。
が、サラシとウネリでなかなかタモも入れづらい。
何度かてこずりながらもタモいれ。

口太グレ40cmオーバー!


グレだった。
これが大きくて40cmは超えている。計ってないけど。手じゃくの感じで42.3cmくらいかな。なんとかボーズ逃れてホッとした。

おいしく食べたいので、即絞めで血抜き、水溜りに放り込んでおく。
(10分くらい血抜きしたらペット氷を入れた袋に入れる)

夜釣りのグレはそんなに感動もない。
イサキやタマミ、シブダイといたやはり夜釣りっぽい美味しい魚が釣りたいので、すばやく釣りに戻る。

また、同じポイントを攻め続け、何投目かで今度はスーッといきなり沈んだ。

思わず即あわせてしまった・・・

いきなりドキューンっと引っ張られたので、

ベールをおろして臨戦態勢をとった途端に針はずれ。

あーあ、やっちまった。

外れてしまったが、これは夜釣りで釣りたい魚のはず。
多分、タマミ、でなければヘダイとか走るやつだろう。

やっはり即合わせはダメだと反省。

この後は次第に潮位が下げてきて、それと共に波もおさまってやりやすくなってきたが、当たりが途絶える。

ボイル1.5kgをなくなるまで頑張るかと打ち返すが、あたりがなくて退屈で気持ちが折れそう。

0時を超えると、再び、波が出てきたようだ。

1時前にようやくあきらめがついて撤収。

結局、1.5kgのボイルは少しのこってしまった。

部屋に帰ってシャワーを浴びてビール飲んで即寝。

次の日は、近くの海に遊びに行ってから昼ごはんでグレを刺身でみんなで食べてから帰宅した。お盆休みが終わったわけじゃないのだけど、子供の予定があるので帰らねばならない。
海では、少し潜って探索してみたけど、イガミがたくさんいたので、海草とかで狙ってみると面白いかも。
あと、石鯛とも遭遇した!
40cmくらいのだけど、はじめてなのでドキドキしてしまった。

久々の夜釣りだったけど、やはり夜釣りは半夜くらいでさくっと釣って帰るのがいい。
電気ウキを見つめ続ける単調な釣りになるので当たりがないと退屈だ。
仲間とベラベラしゃべりながら釣るとかじゃないと長時間はしんどい。

とはいえ、今回も良い型っぽいのをバラしてしまい悔しい気持ちも残ってる。それと、このブログは夜釣りの記事を期待している方も多いので、あと2,3回は夜釣りも行っておこうかなと思う。





2 コメント! こちらをクリックしてコメントお願いします (^O^) »       


木っ端グレのエサ取りからサイズアップ

6/16(土)白浜町 椿の地磯でグレ釣り

今回はホームグラウンドでグレ釣り。また、今週も台風がきてるので、日曜はダメなので土曜のみの予定。
金曜の夜から単独で向かう。

深夜0時半に到着して、準備をしながらグダグダとTVを見たり本を読んだりしてたら
午前3時になってしまう。
当然、早朝には起きられず起床は8時すぎ。
窓から磯を見ると誰もやってないし、ゆっくりするかと温泉へ入ってゆっくりしてから出発。

10時間も11時間も集中力は続かずダラダラしてしまうので、途中、休憩挟んでも釣りするのは、6時間くらいがちょうどいいかなと最近思うようになった。

近くの地磯でスタートが9時すぎ。

この記事の続きを読む…..





4 コメント! こちらをクリックしてコメントお願いします (^O^) »       


木っ端グレ(尾長)のサイズアップを頑張る 4/28グレ釣り釣行

なかなか釣りに行けない。
仕事が忙しすぎて身動きがとれなくなってきた。
実は、紀南へは毎週1~2回は仕事で来ているのだが、
ここ数回は、釣りをせぬまま帰っている。

5月はシマノJCなど釣り大会もあることだし、できるだけ練習しておきたい。今回は無理して釣りしてきた。

 

この記事の続きを読む…..





4 コメント! こちらをクリックしてコメントお願いします (^O^) »       


椿磯でグレ釣り⇒サビキ 田辺 文里港でアジ釣りから⇒ひな祭

3/2金曜の夜から家族で白浜へ。
3/3土曜の朝は起きられなかった。
まあ、大潮満潮で朝は潮位が高いので近くの地磯は入りにくいので、
8時半に出発で椿の地磯へ。

9時開始。
波はない。

 

この記事の続きを読む…..





4 コメント! こちらをクリックしてコメントお願いします (^O^) »       


地磯ハシゴ 串本大島⇒白浜 椿

2/21(水)
先週に引き続きグレ釣りへ。
今回は串本大島の地磯へ。

朝寝坊してしまい、出発が6時すぎになってしまう。
7時半ごろ串本大島地磯の駐車場到着。
釣れてないから、4台しかとまっていない。
「釣れてるんかな?」と準備中の人に話しかけられる。
「いや~釣れてへんで」「今年はあかんわ~」
というような会話をかわして、地磯へ。

この記事の続きを読む…..





4 コメント! こちらをクリックしてコメントお願いします (^O^) »       


納竿30日で元旦に2018初釣り 1/7えびす渡船で椿沖磯

あけましておめでとうございます。
本年も当ブログ&youtubeチャンネルも宜しくお願いいたします。

もう1/8なんだけど、年末から激しく動いていて忙しかったのと、
新しいことを始めたりしたせいで心の余裕もなくブログも放置していた。

色々と書いていると長くなるので、年末からの釣りがらみの動きを簡単にレポート。

年末は、12.29に釣りに行きたいと思い
27日くらいから睡眠もろくにとらずに仕事した。
が・・・、おかげで風邪を引いてしまい29日はしんどくて釣りにいけなかった(泣

結局、妻が温泉に入りたいというので、29日の夕方から家族で白浜マンションに行った。
南紀へ行くと風邪はましになったので、納竿釣行として、翌日30日に椿の地磯に釣りに行くことにした。

 

この記事の続きを読む…..





12 コメント! こちらをクリックしてコメントお願いします (^O^) »       


PEラインでフカセ釣り・グレ釣りするメリット【よつあみ OH ドラゴン】

フカセ釣りはラインが重要!

誤解を恐れずにいうと、グレのフカセ釣りで使われる道具の中で、ラインは最もシビアにその性能が問われるツールである。(と思う)

ロッドやリールが最新モデルであろうが、10年前の中古品であろうが釣果には直接的な影響は少ない。(と思う)

しかし、ラインは違う。

ラインは全てのツールをつなぐという極めて重要な役割を担っている。

グレ釣りの細いラインなど、傷ついたらすぐに切れる。
クルクルと巻き癖がついてしまうと、当たりもとれず釣りにならない。

他の全てのパーツが最新の最高級のものでもラインが弱かったり、扱いにくければ、全てが台無しとなってしまう(と思う)

ラインの性能の差は直接的に釣果の差となってあらわれるというくらい重要なツールなのだ。(と思う)

 

この記事の続きを読む…..





14 コメント! こちらをクリックしてコメントお願いします (^O^) »       


 

1 / 15123...10...古い記事 »