月夜の釣り すさみ名切崎の地磯にて

 

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ
近畿の釣行紀・釣果速報・ブログランキング1位から50位はこちら
 にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
磯釣り師の釣行紀・ブログランキングはこちら

 

この一週間も色んなことがありました。

愛猫モンチャンの家出。
月曜の夜中に出て行ってしまい朝になっても帰ってこない。
火曜も帰ってこない。
水曜も帰ってこない・・・

誰かに持ち去られたのか?
道に迷ってしまったのか?
それとも、事故にあってしまったんだろうか?
こんなことは初めてなので心配でたまりません

近所中探しますが出てきません。
「もんちゃ~ん」と声を上げながら近所中を探し回りました。

思いつきでいつも食べているキャットフードを
水曜日の深夜と木曜日早朝、家の周囲50mくらいに少量ずつまいてみました。
すると、木曜日の朝、ひょっこり帰ってきました。
エサを食べてないから頬がこけてました・・・

2013-05-23 13.56.22_R

失って気づく存在の大きさ。

また、今週はかなり仕事に追いまくられており、
毎日、半徹夜状態でした。
金曜日の夜、心斎橋で20:30に打ち合わせ終了したときには・・・

2013-05-24 20.32.52_R

(↑のビルの上に白く丸いのはお月さんですよ)

とにかく無性に海に行って釣りがしたい。

ということで今回の釣行になりました。

土曜日14時出発。
この時間なのでもう地磯しかないです。
今回はミク友のタルさんとご一緒。

釣太郎白浜店 17:00待ち合わせ。

初めてお会いしましたが物腰の柔らかい方でした。
初対面でもそこは釣りという共通の趣味があるので話は弾みます。

さて、場所なんですが近くの白浜の地磯にしようかと思ったのですが、
南紀のエサ屋さんT太郎 K山店長が僕の顔を見るなり

「満月ですよ(=釣れませんよ)」

とおっしゃられたので、

「重々わかってますねん、それでも来てしまいましてん、どないかしてください。」

と泣きつきました。

「白浜地磯はイサギあがってないので×」

と言われると、素直な僕は白浜地磯に行く気が失せました。

口和深などの良いポイント教えてもらいました。
(忙しい中、ありがとうございます!!)

水深あってクエも上がると聞きテンションあがります。

ということで、時間もないので早速向かいます。

現地到着、テクテク下見に行きますと、潮通し良さそうな雰囲気ある釣り座です。
しかし、エギンガー4名が先端付近を占拠。。。
その後ろには、カゴ釣りで夜釣りのおいやん二人・・・

エギンガーにしては荷物が多めでした。
多分、夜もやるんでしょう。
夜通しすることはないでしょうが、待つのはつらい。
残念ではありますが、また次回ということで違う場所へ。

もう1箇所教えていただいた見老津まで行こうかと悩みましたが、途中、名切崎に寄ってみると
車が一台しか止まってなくて、場所が空いてました。

2013-05-26 07.03.53_R

「今日はどうせダメ元やし、入るの楽なとこがええからここでええか」

ということで決定。

早速準備し、まずは一杯。

満月が東の空にすでに見えてます。
最初はうす雲がカーテンになってさほど明るくはなかったのですが、
次第に雲が切れ、満月がテカテカ海面を照らしだします。

釣行日時:2013/5/25(土) 18:30 ~6:00
天気:晴れ
潮(周参見):大潮満月 (満潮18:50 5:50 干潮 0:09)
釣り場 :すさみ地磯
エサ:ロックボイル・アミエビ+夜釣りパワー+グレ集魚剤

潮は良い感じで沖へ動いてます。

1時間ほどするとハタンポがぽろぽろ釣れ出しました。

10時間経過・・・・

コッパ尾長が釣れ出した朝6時に終了です。
予想通りノーフィッシュでフィニッシュ。

結論

「晴天で満月の夜はやめといた方が良い」

夜は昼間釣れないようなビッグゲームを展開することができます。

夜の暗闇が魚の警戒心を薄れさせるからじゃないかと考えてます。
特に大型の魚は警戒心が強いので昼間はなかなか釣れません。
そんな魚たちも、夜になると警戒を解き磯際まで回遊してきて捕食するのです。

満月の夜はライトなしで磯を歩けるくらいメッチャ明るいです。
海面もキラキラと光ってます。

ワンチャンスくらいはあるやろう、と期待してましたがそう甘くはなかった。

タルさんとは、次回は渡船利用でデカいの釣ろう!ということで、
周参見でお別れしました。

僕はアミエビ入りのマキエが残っていたので、サビキングです。
車横づけでできるところを探して海岸沿いをふらふらと、、
結局、日高港まで北上し竿だし!
既に陽が上がり暑い中、1時間半くらいサビキに集中しました。

なかなか難しい。
ファミリーの方達も釣れてない様子でした。

潮の流れが少しあり、カゴにマキエを入れると、サビキとずれやすいので
手で撒いてサビキと同調させるようにしました。

すると豆アジが時折パラパラ釣れました。
ノーフィッシュを避けようと、執念で釣った豆アジです。
エサがなくなったところで終了。

今回は新ポイント教えてもらったし、新しい釣り友もできたし、
サビキングで魚もゲットしたし、何より海を見てスカッとしたし、

行かないよりは充実した一日が過ごせた、と思ってますよ。





8 コメント! こちらをクリックしてコメントお願いします (^O^) »