サバダバサバダバ

12/12(日) 晴れ 
小潮(満潮10:43 干潮16:40)
青岸 7時~9時半 カゴ釣り(サビキ仕様)
和歌山北港釣り公園 12時~16時 紀州釣り

またまた、このパターンのダブルヘッダーです。
青岸に関しましては、
『カゴ釣り』&『まっちゃんファーム』のひろたんさん情報でまだまだサバ祭りでクーラー満タンも可能!
ということなので、サバ狙いに行きました。
もういい加減釣らないと!今年が終わってしまいます。
早朝は外せないので、4時半に起床で奈良から向かいました。
途中マルニシでアミエビ中を仕入れました。
なんだかんだで、6時すぎ、青岸着。
まだ暗いですが、既に車横付けポイントは、10台以上はありました。
奥の好ポイント1箇所、空いてました!
用意して、しばしコーヒータイム。。眠いけど、ここで寝たらあかん。
7時頃やっと明るくなってきたので、用意して開始。さぶい。。
普通のカゴ釣り天秤の下にサビキつけてみました。
タナは3ヒロ半くらい。
7時半ごろだったか、となりのとなりのオバサマがいきなり良型のサバを釣りあげました。
次に隣のニーチャンが2匹釣りあげました。
しばらくオバサマ⇒ニーチャン⇒ニーチャン⇒オバサマという具合に釣れていきます。
時合らしきものがきてるようでが、なぜか、オバサマ⇒ニーチャンしか釣れてません。
この時合い逃してなるものか、という気合で放り投げていると15分後、ついに私の番が来ました。
気がつくと、ウキが沈んでました。
あれ、あれ、あれ?
じわ~っと持ち上げると、グイっという重みが伝わってきました。
きました。久しぶりすぎます、この感覚。結構、グイグイ来るのね、サバ君。
ほどなく、あがってきたの正真正銘のサバでした。マサバ君。
では、しばしの間サバ祭りテーマソングをお楽しみください。

いやー、ここまで長かった。
苦節1年、やっと今年の初物と言える魚が釣れました。
速攻でボキっとサバ折りしときました。
そこから1時間ほど、ポツポツと釣れてましたが、付近では隣のニーチャンとオバサマばっかり釣れてました。
お二人とも普通のサビキ仕掛けで20mくらいの投点
反対隣りの青岸常連のオジサマ達数名は一匹も釣れてない、この不思議。
浮きとか仕掛けとか見たら如何にも釣れそうな感じだったんですけどね。
サバダバサバダバ
結局、僕は3匹でした。
もっと味わいたかったんですが、周りも釣れてないし、回遊を待つのも寒いしで、9時半ごろ早くも
サバ釣りは終了といたしました。
そこから寝て、弁当食べて、
第二ラウンド開始は、和歌山北港海釣り公園で紀州釣りリベンジです。
先週の反省を込め、寝ウキにウキ止めをつけてみました。
これでダンゴの割れるタイミングはとれるようになったのですが、どうもここは潮が流れるので、やりにくい。
底がうまくとれない。ダンゴの投点からウキが3~4mほどどうしても流れたところで止まる。
多分、海の中でダンゴと浮きの間の糸は、ナナメになっちゃてましたね。
それでもいいかと何度も投げますが、釣れません。
スズメダイが何回かひかっかた他は全くアタリらしいものはなし。
16時ギブアップしました。。
家に帰ってきてから紀州釣りのサイトなんかでどこが悪かったのか、調べてみました。
やっぱりフカセとかカゴ釣りじゃないんだから、ナナメになってたらダメみたいですね。
底から10cmほどのウキ下にしてましたので、余計ダメですね。
こんな時は、ウキしたを思い切って長くすべきだったかも。。。
わかりませんが、再チャレンジ、どうするか悩みどころです。





2 コメント! こちらをクリックしてコメントお願いします (^O^) »