リハビリ釣行

11/27(土)
和歌山北港海釣り公園 6時~12時
青岸 13時~17時

3か月ぶりの更新です。
そして、半年ぶりの釣行です。
周りの人のススメもあり、エイヤって感じで行ってきました。
釣り道具もかなり埃をかぶってました。
高速飛ばして和歌山インターで降り、マルニシでカゴを調達、フィッシングマックスで餌のアミエビを調達。
★和歌山北港海釣り公園は、開園に間に合わず6時にIN。
和歌山北港釣り公園釣り座
64名、空いてました。
カゴ釣りですが、やはりここは難しい。結局、ウリ坊しか釣れませんでした。
3番
なんだか今日は良い潮で釣れそうに感じてたんですが、ダメでした。
両隣が紀州釣りの方々だったのですが、グレとかサンバソウとか結構な数を釣ってはりました。
おまけにハマチなんかも釣れてこれには驚きました。
お昼くらいまで粘りましたがギブアップ。
少し休んで、せっかく久々だからと★青岸へ。。
いつものように先端を目指します。
湾内で釣ってる人の釣果をチラ見しながらテクテク歩きます。
結構、大きなアジを釣ってる人がチラホラと見られましたので、期待は膨らみました。
が、結局、15cmのアジ1匹という結果に。。。
今回、家庭の事情でなんとしても魚を持ち帰りたかったので、北港でウリ坊も10匹ほどお持ち帰り。。
同じく先端で釣っていたオイやんはビール飲みながら12,3匹釣ってました。。。
で、先端付近のベストポイントでは、サビキで数十匹小アジを釣ってましたね。。
なんとも周りが釣っていただけに、残念な感じです。
しかし、火が着いた感じです。
もう冬になってしまいましたが、今年、あと2回は行きます!
ブログタイトルも変えました。内容に合ってなくて、居心地が悪かったもので。。





2 コメント! こちらをクリックしてコメントお願いします (^O^) »       


久々の更新です

久々の更新です。
と行っても釣りに行ったわけではなく、たまには更新しないとな、という意味で書いております。
最近、身辺が激変してまして、釣りに行く心の余裕がない感じです。
勤めていた会社を辞めまして、思い切って起業することにしましたので、準備やなんやで忙しいです。
というか、もう個人で仕事自体は請けおってまして、WEB制作とかコンサルとかやってます。
それと、家族が病気になりまして、炊事とか家のことをやる時間も増えたりしてます。
そんなこんなで釣りに行く余裕がない感じです。時間はないことはないんですけどね。
ただただ、やはり好きなことをやらなければ、リフレッシュできず、良い仕事もできない!ってな考えも持っておりますので、8月中に1回は行きたい!
つうか、今年も半分とっくに過ぎているのに、まともな魚一匹も釣ってなかったりして・・・





2 コメント! こちらをクリックしてコメントお願いします (^O^) »       


久々ですが、、、

5/23(土) 
青岸 7時半~15時


久々の更新です。
ゴールデンウィークは、白崎青少年自然の家で2泊3日してました。
釣りするチャンスもあったのですが、どこも人が多く断念したのでした。。。
(代わりに磯遊びしました。)
で、そろそろ、アジでも釣ったろうかと思い土曜日に釣行に行ってきました。
しかし、金曜日の深夜、仕事のミスが発覚
会社は堺市にありまして、WEBの仕事なので自宅でもできそうなものなのですが、
データが自宅にはなく、泣く泣く土曜日の早朝5時に会社に一時出社。
速攻で、仕事を済ませ、阪和道で、和歌山市へ。
一瞬、マリーナシティへ行こうかと思いましたが、人が多そうなので、無難に青岸へ。
青岸もポツポツと人がいてはりました。
本日は非常に天気が良く、ポカポカ陽気です。
様子を聞きますが、何も釣れてないそうです。
今日もカゴ釣りで頑張ってみます。
しかし、1時間、2時間、当たりもなく、釣れません。
本日は非常に天気が良く、ポカポカ陽気です。
潮がゆるくなってきたので、寝ることにしました。
灯台の下に日陰のポイントがありまして、ここで寝ると気持ちが良いのです。
1時間ほど眠り、再開。
潮はゆるいままで、やはりあたりが無い。
餌がなくなるまで粘ったのですが、べら一ぴきのみ。。
釣っていたのは、先端付近で紀州釣りしていたオイヤンのみ。
カワハギとかサンバソウとか釣ってました。
うーん、昨年末、磯で爆釣してから、糸が切れたかのように釣り熱が冷めかかってたのですが、何かメラメラと
してきました。
釣り具のマルニシ 和歌山インター
そういえば、和歌山インターの出口からすぐのところに、釣り具のマルニシがオープンしてました。
ここに建てられると、マックスにとっては売り上げ大打撃なんじゃないでしょうか。
インターから初めの釣り具がマルニシです。有利です。
しかも、マックスより売り場面積倍以上あります、駐車場も入れやすい。
条件は不利です。
ここで、マックスさんには起死回生の策をお教えしましょう。
“氷”を無料で配ってください。
ブロックアイスは、200円くらいしますが、これをレジで無料で配ります。
でっかく、「マックスは、氷が無料!」って看板つけます。
なんか氷を200円以上出して買うのってのは、抵抗があったりしませんか。
自宅の冷凍庫でペットボトル凍らせば、タダに近いですから。
マックスさんは、気合い入れて冷凍庫を用意していっぱい作ってください。
もちろん、何も買わなくてもあげてください。
話題になり、リピーターが増えます。
何も買わなくていい人まで、店に来てくれ、何か買っていってくれます。
タダより高いものはない。
これで、マルニシさんに勝てます。(ホンマかいな。。。)





2 コメント! こちらをクリックしてコメントお願いします (^O^) »       


カゴ釣りで撃沈

2/20(土) 小潮
和歌山北港海釣り公園 10時~2時
青岸 3時半~5時

チヌでも釣ったろうかと、今年の初のカゴ釣りに行ってきました。
また、寝坊しました。
でも、釣り公園に電話してみると「92人」ということなので行きました。
マックス500人ですから、かなり空いてます。
ま、去年はこの時期、北港釣り公園では、イワシ祭り
などがありましたので、一応サビキも用意してました。
しかし、投げども投げども、ウキは沈まず。
エサ取りも外道衆もなんも来ません。
さらに、1時ごろになると、完全潮止まり。海は、凪ぎ状態。
こうなるとカゴ釣りはどうしようもないです。
つーことで、移動。
少し休憩し、青岸へ。
河口付近なら、流れがあるかと思いまして。。
しかし、ダメでした。
完全ボーズです。
この時期、波止からは、やはりメバルなんかを狙うべきなんでしょうかね。
シラサエビなんかを撒きながら。
北港では、メバリングしてる人が、2、3匹釣ってました。
でも、なんかイマイチ、やりたいって感じの釣りではないんですよね。
次は、思い切って磯でも行こうかと、計画中です。





2 コメント! こちらをクリックしてコメントお願いします (^O^) »       


今年初釣行について

やばい、1ヶ月以上更新してなかった
今更ながら2010年度、初釣りの、投稿です。
1/23(土)に行ってました。
青岸です。
小潮。
ふらっと、また昼から重役出勤。
フカセの練習にチヌ狙いです。
エサは、3kgオキアミボイル。
極小メバル
今年の初物は、極小メバルでした。
こんなのが、1匹釣れました。
もちろん、即リリースです。
北西風で寒かった。
3時間くらいでギブアップ。
帰りはお決まりの岩出市の”幸の湯” です。
最高でした。釣りに行った帰りのスーパー銭湯は幸せすぎます。
幸の湯
なんと、あと、1ポイントでスタンプカードがゴールです!
(ホンマに銭湯とか温泉とかスキなんです。)
ゴールしたら、無料券と幸の湯VIPカードくれるらしいです。
幸の湯VIPカードとは、何ぞや?
それはさておいて、なんともお粗末な初釣行となったので、あまり投稿したくなかったのでした。
ただ、今年はダメでも記録として残しておこうと決めました。
ちょっと、年明け以降は、
去年のように行けてませんが、
2月は、釣り公園か、磯に1回は行きます。





2 コメント! こちらをクリックしてコメントお願いします (^O^) »       


2009ラストは、紀伊勝浦でしめました。(太地の沖磯)

12/29(火) 快晴、中潮
2009年最後の釣行は、師匠(妻の父)のお誘いを受け
那智勝浦の沖磯にグレ釣りに行くことになりました。(太地の沖磯)
なんというか、今回の釣行は忘れらないものとなったんじゃないかと思います。
仕事を終え、速攻で帰宅、用意し出発。
吉野の師匠の家に着いたのが夜の10時すぎで、コーヒーをいただいてから、11時前に出発。
一路南へ。
下北山村を超え、三重県熊野市の手前くらいのエサ屋(キノシタ)で、事前に予約して溶かしておいてもらった
ボイルオキアミ6kg(二人分)を調達。
このあたりにエサ屋は何件かありますが、価格や質が違うそうです
紀伊勝浦港に到着したのは、2時前くらい。そこから仮眠。
起床は5時前、ちょうど、港ではマグロの水揚げをしてましたので見学することに。
DCF_0022.jpg
冷凍されずに生のままみたいです。
漁船からどんどんあがってくるマグロを見ているとテンション上がってきます
紀伊勝浦港
カジキマグロやサメなんかもいました。
その後、渡船屋の事務所みたいなとこで、乗船名簿に記入してしばし待ちます。
事務所の中には魚拓なんかがたくさん張ってあります。
昭和の香りがする、独特な雰囲気です。
6時前に乗船。15名くらい乗ってます。
6時15分、港を出発。
次第に夜が明けていきます。
磯はあちこちに点在しており、着くたびに一人、二人と降りていきます。
で、港を出てから2,30分くらいで、目的地につきました。
「カラシマ」という名前のついた磯です。
まれに落ちる人もいるらしいので、やや緊張しながら磯に上陸しました。
地理的には、くじらで有名な和歌山県太地町です。南方には、梶取崎の灯台が見えています。
今回は師匠のご好意を受け、仕掛けから何から全てお世話になりました。
師匠はこの道25年以上のベテランです。
僕の方は、沖磯も、フカセも初体験です。
仕掛けは完全フカセ。
竿1.5号?5.4mくらい
道糸3号(フカセ用)
ハリス4号(フロロカーボン)
どんぐりウキ3B

PC290342.jpg
レクチャーを受け、軽く1投目。
足元から竿一本分の場所に掘り込み流します。
「よっしゃ!」 
と師匠が大声で叫びます。
「遅い」
合わせましたが遅かったようです。
つーか、言われるまでウキが沈んだことに気づきませんでした。。。
素早い合わせが必要なようです。
でも、3投目、すっと沈んだウキにあわせるとがっちりヒット!
紀伊勝浦のグレ
釣れてしまいました。
25cmくらいのグレです。

師匠に釣らせてもらった状態なんですが、嬉しいです。
で、今日のこの磯、かなりの好条件・高活性です。
5回流せば、3、4回はあたりがあります。
そのうち1回は釣りあげられる感じです。

竿や仕掛けの扱いに慣れないため、ロスする時間も多いですが、面白い。
小さいウキから目が離せませんし、手返しも多いのでカゴ釣りのようにのんびりとはできない
のですが、これだけあたりが多ければ、文句ないです。
景色も最高!
この日は暖かく、防寒してると暑いくらいです。
PC290345.jpg
ただ、時期のせいか、20cm~25cmくらいの小さいのが多い。
師匠からの指令で「キープは25cm以上にしよう」。
30分あたりがないということはないです。
とにかく釣れ続けます、楽しすぎ。

マキエワークにも少しづつ慣れてきました。
「少量をこまめに撒く」
マキエとサシエが同調するタイミングになるとほぼ当たりがきます。
この日最大は、38cmのグレ
これくらいのグレになるとかなり引きが強くて、簡単にはあがりません。
師匠にタモ入れしていただきました。
まさに、ビギナーズラック。
どんどんクーラーボックスはいっぱいになっていきます。
お昼には、21リットルのクーラーの7割いっぱいになってしまいました。
PC290344.jpg
午後4時に船が迎えにくるまで、10時間、釣り続けました。
もう何匹釣ったのかわかりません。
リリースしまくりです。

こんなことがあっていいのでしょうか。

後で聞くと、他の磯はあまり釣れてなかった様子なので、
「カラシマ」を選んだ師匠のおかげでしょう。
家で数えたところ、およそ80くらい。。。
その他、良型のカワハギ、ベラ
なんか、1年分釣ったような気分です。
PC300349.jpg
さばくのは次の日にしようかと思ったのですが、
内臓だけでは処理したかったので、夜中の2時半までやってました。
やってもやっても終わらん。。
これが今回一番辛かったりして。。

しかししかし、かなり鮮烈な体験でした。
行く前は、フカセは初心者だし、難しそうだし、釣れないんだろうなあと予想してましたから。
爆釣したことは、もちろんのこと、他のことも何もかも初めてづくしだったので、スゴイ刺激を受けました。
今回は、エサ、仕掛け、渡船の手配など全てを師匠にしてもらいましたので、こういう体験ができました。
渡船の利用方法や、磯の選択など、自分では全くわかりませんでしたので。。
感謝感激です。
次は、仕掛けから自分でチャレンジしてみたい気分です。
PC290343.jpg
師匠の雄姿です。





2 コメント! こちらをクリックしてコメントお願いします (^O^) »       


青岸のチヌを食べる

青岸のチヌ
青岸のチヌ
おそるおそる刺身でいただきました。
二切れほど。。。
1日おいたあとだったのですが、意外に美味い!
臭みも全くなく、以前釣った真鯛と比べても遜色がないというか、
淡白な真鯛より味がのってる感じでいけました。
チヌは雑食性で、ゴカイ、青イソメはもちろんのこと、貝類やコーンなんてのも食べる。
それゆえか、臭みがあるものもいるみたいだけど、自分はそういうのにあたったことが
なく食べる対象としても悪い印象はないです。
寒くなってきたからか。
現場で捌いたのも良かったんだろうか。
家族にも大好評です。
あとは鍋にしてみました。
チヌ鍋
アラもうまいし。
得した気分だ。





2 コメント! こちらをクリックしてコメントお願いします (^O^) »