台風前にちょこっとモンハン

 

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ
近畿の釣行紀・釣果速報・ブログランキング1位から50位はこちら
 にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
磯釣り師の釣行紀・ブログランキングはこちら

 

先週は不動産屋に勤めていた時の同僚のヨシダファミリーと
和歌山マリーナシティへサビキ釣りに行ってきました。
釣り公園は午前中、団体貸切で入れないというので大波止へ。
僕は久々にカゴ釣りで小アジ3匹のみ。
ヨシダファミリーはサビキでウリ坊たくさん釣りました。
9時半に大雨が降り始め強制終了。
マリーナシティの大波止は久々でしたが以前より釣り場は汚く、臭いもしてました。
いつも南紀の海で釣りしているから余計にそう感じたんでしょうね。

さて、今週の話。
台風接近のニュースでこのコースは週末やばい、と思いましたので
嫁ちゃんにお許しを得て、急遽、28日水曜の夜から夜釣りモンハン行ってまいりました。

家を出たのが18時すぎです。
釣太郎白浜店21時前に到着。
ボイル1枚、ボイルレンガLL、集魚剤、氷小、を買いました。
そこから白浜の別荘地方面の地磯へ急ぎます。

最初、サルの方へ行ってみましたが、磯へ降りるところふと横を見るとお地蔵さんが・・
その周りには花が飾ってあります。
最近、誰か事故で亡くなられたんでしょうか。

ここは道中もなだらかで足場も悪くなく危険な磯だとは思いませんが、
全体的に傾斜になっていて波が駆け上がってきやすいです。

ここはやめとこう。。
気分的な問題です。

コジマの方へ行くことにしました。
降りてみると海はナギでした。
昨日は赤潮が出ていたようですが、ここは大丈夫みたいです。

いつもは左手のワンコ側でやるのですが、前にK店長に
聞いた右手の高場の左下ポイントへ行ってみました。
底物のポイントでもあるので、ピトン穴がたくさんあいてます。

竿に仕掛けを家でセッティングしてきてますので準備が早い。
マキエを足元に10杯ほど撒いてから缶ビール一杯プシューっとやります。

釣行日時:2013/8/28(水) 21:30 ~5:00
天気:晴れ
潮(田辺):小潮 (満潮22:07)
釣り場 :白浜地磯
マキエ:ロックボイル×1 グレ集魚剤
ツケエ:ボイルLLレンガ

ロッド:ダイコー将波3-53 リール:シマノ エアノスxt5000番 道糸8号 ハリス:8号
ウキ:電気ウキ 釣研 シャイニング 0.5号
針:インブライト10号

 

電気ウキに電池を入れ、第一投目。
この瞬間がたまらない。
真っ暗闇の海に赤い電気ウキがゆらゆらと漂います。
秋を感じさせる涼しい風が吹いて心地良い。

電気ウキは足元に入れると左右にゆらゆら揺れるだけで流れません。
10m先に入れるとゆっくり左へ。
満潮22時、もうそろそろ。

2ヒロ→2ヒロ半→3ヒロ
と棚を深くしていきます。
3ヒロで赤い魚、イットウダイがかかりました。

しばらくしてウキがモゾモゾ。

あわせてみるとなんだか重い。

あげてみると、長細いシルエット。

アナゴ?

 

2013-08-28 22.27.39_R

 

ウミヘビ君でした、、、
しかし、このヒョウ柄の偽物みたいな模様にギョッとしました。
ゴイシウミヘビというみたい。

 

2013-08-28 22.54.25_R

次に登場は、やっぱり君か。

イタチウオ君。

体表がぬるぬるして針を外しづらくて困ります。
連続で2匹釣りました。

 

めげずに続けていると。
浮き消込み、ググンと元気な引きを見せてくれました。

 

2013-08-29 00.02.01_R
イサギ君。
25cmくらいです。

 

満潮すぎて活性があがってきたのか。
今日も釣れてくれました。

2013-08-29 00.16.45_R
シブダイ
28cmくらい。
これもこのサイズとは思えないほどよく引きました。

 

この後、この日最大のドラマが。

正面、15m付近。

漂っていたウキの動きが止まり、スーッと水面下へ。
途中で止まりました。
根にかかったのかな?
合わせるとズシンとした重みを感じ、すぐさま右手に走りました。
強引に止めようとしますが、ドラグ調整がゆるめにしているので糸はどんどん出て行きます。
ドラグをきつく締め直し、巻き取り開始、、
できない。
ジリジリと出されます。

とにかく耐えます。

何秒耐えたか。

なんとか巻けるようになりましたが、

またしばらくすると沖へ走る~。

止めます。

耐えます。

を繰り返し魚が少し弱ってきたようなので

巻き取ります。

近くまできたので、タモの用意を。

あれ、タモがない。

荷物を釣り座から少し離れた高場へおいていたのですが
そこにタモが~。

どないしょ。ズリ上げるか。

モタモタしてたところ、

 

びよびよよん・・・

 

無情にも宙を舞う仕掛け。

痛恨の針はずれです。

シブダイの大きいのやったんちゃうやろか・・・

ババタレだったと思うことにし、悔しい気持ちを取り直します。

しかし、このバラシの後はアタリがなくなりました。

午前2時すぎ。

グレ狙いならやっぱりいつも場所かなと思い
ワンコ側へ移動です。

午前3時ごろ、沖側シモリの横で浮き消込み。
35cmくらいの口太グレ。
よく引いて3号竿でも楽しませてくれました。

速攻締めて、バッカンに放り込んでおきました。

しばらくしてガサガサする音に振り替えると

走って行く獣の後ろ姿が見ます!

グレとられた~!!

タヌキか?

いや、タヌキにしては大きいような・・・

野犬?

とにかくグレはなくなってしまいました。

この後は連続でイトフエフキが釣れました。
このポイントではいつも釣れる魚です。
この魚は大きくならないようで、20cm~30cmくらいの小型ばかりです。
群れていて10匹くらい釣りました。
棚は3ヒロ半くらい。

4時半ごろ、地元のおいやん連中がイガミ釣りに来たのを見て納竿にしました。

朝、帰るときにはウネリが出てきてました。

印南インターで仮眠。
帰宅は10時すぎでした。

 

 

2013-08-28 11.14.58_R

 

息子2 まだ歩けないですが、しょっちゅう僕の仕事場へ入ってきて、こんな風に机の下にもぐりこんでガサゴソやります。

 

2013-08-28 11.15.01_R

 

かわいいのですが・・・仕事ができない。

近々、事務所探して移転しようかなと考えてます。





10 コメント! こちらをクリックしてコメントお願いします (^O^) »       


夜釣りモンハン 白浜地磯

 

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ 近畿の釣行紀・釣果速報・ブログランキング1位から50位はこちら  にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ 磯釣り師の釣行紀・ブログランキングはこちら

 

今朝、夜釣りモンハンから帰還してまいりました。
前回から中4日での釣行でした。

予定にはなかったのですが、
妻のママ友が子供を連れて家に遊びに来るということで・・・

=僕が家にいると妻もママ友も気を使う(邪魔になる)

=釣りに行ってもいい!(むしろ行ってくれ)

ということで急遽決定いたしました。

 

前回は沖磯コラボで結構、力が入っていたので

今回は白浜方面の地磯でお気楽釣行にしようかと考えました。

11時半出発、途中、オークワで食料買い出し、

100均で夜釣りの小物買いたししまして、

釣太郎白浜店到着が、15時すぎ。
地磯にしては早すぎました。

K店長「ウネリありますよ~」

椿方面は厳しいみたいです。
なので、アドバイスいただいたチャボの森方面へ。
K店長、Tさん、今回もいろいろ情報ありがとうございました。

チャボの森の周辺は結構竿だしできるところはありますが、
今回は、通称、元処理場下というところでやることにしました。
ここは1年前に偵察してます。
薮の中を2,3分歩いていくと磯に出ます。

 

2013-08-15 15.44.08_R
こんな感じ。

 

 

2013-08-15 18.23.08_R

 

 

2013-08-15 18.23.20_R

2013-08-15 18.23.06_R

 

1度降りて偵察しまして、釣り座とウネリは問題ないの確認。
暑くて日が高い間は竿を出す気がしないので、コンビニ等に寄ったり
ウロウロして時間をつぶし、17時すぎに用意して降りました。
荷物持ってたら降りるの気を使います。
ロープをつけるほどの断崖ではないんですが、結構、急ですので荷物を
2回に分けておりました。

2013-08-15 18.23.24_R

磯は足元から大きなゴロタ石のようなシモリがあり、タマミが来そうな感じムンムン。
右手の断崖の下はシモリたくさんあって浅すぎる感じなので、
左手のワンドから掃出しを攻めることにあしました。

 

 

時間あったのでアンドロイドで動画も撮ってみました。

 

釣行日時:2013/8/15(木) 18:00 ~3:00
天気:晴れ
潮(田辺):小潮 (干潮17:38 満潮23:37 )
釣り場 :白浜地磯 チャボの森の下らへん
マキエ:ロックボイル×1 グレ集魚剤+パン粉2kg
ツケエ:ボイルLLサイズ

ロッド:ダイコー将波3-53 リール:シマノ エアノスxt5000番 道糸8号 ハリス:6号
ウキ:電気ウキ 0.8号
針:インブライト10号

 

2013-08-15 15.44.08_Rs

 

左の〇のとこが釣り座です。

ごはん食べて明るい18時すぎから実釣開始。
夜釣り仕様にもすぐ切り替えられる3号竿、8号道糸に2.5号ハリスという強引な仕様です。

まだ、明るいのでエサ取りは多いです。

適当にやってると尾長27cmくらいのが釣れたので一応スカリでキープです。
目の前のシモリの脇で手元まで伝わるアタリでした。

ご飯を食べ、19時過ぎ夜釣り開始。
ハリス6号、針はインブライト真鯛10号です。

 

この夜釣り開始時のワクワク感がたまりません。

暗闇に浮かぶ赤い灯。

これがモンスターにより海中に引きこまれ、引っぱり回される様子が目に見えます。

和歌山の浅い海ではラインを出すとブチッと切られる率が高くなるので力勝負でモンスターと真っ向勝負です!

興奮は最高潮!!!

 

 

のはずですが、今夜も結果的にはそういうことは起こりませんでした(泣

22時半ごろ、磯際で浮きがシモルような当たりで合わすと良い引きを見せたのはグレでした。
32,3cmですかね。難なく抜きあげました。

2013-08-15 22.35.14_R

 

23時半の満潮付近に何か起こるかと期待しましたが、何も起こらず。

ハタンポ、赤ジャコもいません。

3ヒロ半にすると、イタチウオっていう巨大なドジョウみたいな魚が釣れましたが
そのままお帰りいただきました。

そのほかテリエビス×2

いや~、ホンマ活性の低い海でした。

当たりなさすぎです。

それに車に蚊取り線香を忘れてしまい・・・取りに戻るのも面倒でスプレーとリングだけで耐えしのぎましたが

やはり結構刺されました。K店長にもすごいと聞いてましたが、やはり虫対策は再考が必要なようです。

 

午前3時ごろ、崖の上からライトで誰かがこちらを照らします。

50mくらいは離れていますが、ものすごい強力なライトで僕や海を照らしまくります。

サーチライトやないかい!

まるで僕はサーチライトに照らし出された逃亡者のようではないか!

やめろ~!(と言いたかった。)

暑いし虫も多いし釣れないしでイライラしてきました。

しつこく照らし続けるのでホンマに「コラー」っと吠えたろ~か!と思いましたが、
もう片づけようかと思い始めたとこだったので気を静めます。

多分、先行者がいるか確認してるんでしょう。

 

ということで絶望し、明るくなるのを待たず終了。

磯で鱗をとって帰りました。

帰りのまだ薄暗い中の断崖しんどかった。

2013-08-16 05.03.15_R

これ上から撮影したとこです。結構急でしょ。

 

2013-08-16 09.32.38_R

 

上は口太グレ、下は尾長グレ(だと思うんだけど)





9 コメント! こちらをクリックしてコメントお願いします (^O^) »       


白浜地磯で”将波”入魂じゃ~

 

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ
近畿の釣行紀・釣果速報・ブログランキング1位から50位はこちら
 にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
磯釣り師の釣行紀・ブログランキングはこちら

 

そして、また・・・

白浜地磯へ行ってきました!

ここんとこ毎週釣行なので行くつもりなかったんですけど、
来週以降予定が色々詰まっていて、しばらく行けなさそう。

ということで、妻に了承もらい、土曜日の午後1時 急遽釣行決定です。

15時出発です。
途中、弁当買って、18時ごろ、釣太郎白浜店到着
生Lサイズ1.5kg 爆寄グレ、パン粉、サシエLLボイルを購入。
(キビナゴは地磯ではもったいなくて使えませんね・・)

釣太郎スタッフさんから、10年さん、みなべで石鯛60オーバーゲットの知らせ。
おめでとうございます。
また、ブロ友の大物ハンターさんちょさんも後から釣行されることを耳にする。
椿行ったら会えるかな?

椿に行ってみましたが、車5台止まってまして、さらに3人さんイセザキへ向かう途中でした。
人多いな、やめとこうか・・・

白浜の別荘地方面へ戻ります。
結局、去年何度かやった地磯で竿出しすることにしました。

 

右手高場は3人組の方がカゴ釣りされてました。
迷わず左手のワンコ側へ入ります。

 

一杯やってから、マキエ作って19:30スタート。

 

釣行日時:2013/7/20(土) 19:30 ~4:00
天気:曇り
潮(田辺):中潮 (干潮22:10 満潮3:46 )
釣り場 :白浜地磯 
エサ:生+集魚剤(ホワイト真鯛+爆寄せグレ+パン粉) ツケエ:ボイル
ロッド:ダイコー将波3-53 リール:シマノ エアノスXT5000番 道糸8号 ハリス:6号
ウキ:キザクラ、電気ウキNF 0.5号
針:カンヌキ真鯛X12号

 

ベタナギです。風も微風。
今日は、マキエは粉もん多めでオキアミは生1.5kgのみ。
夜釣りはいつもは撒き餌は1投げに1撒きくらいで、少な目なんですが、
今夜はビシバシ撒いてみようと思います。

すぐにハタンポ。
そして、ゴマヒレキントキ?がかかります。

10年さんよりTEL。
みなべでさらに夜釣りでブチブチと切られているみたいです。
月夜で明るいですが、なんだか活性高そう。

蚊がたくさん出てきたので、慌てて防虫線香をたきます。

21:00ごろ よそ見してたら、道糸バチバチ出て行きます!
右手でスプールの糸を止め、合わせるも
勢いが止まりません、グイーンと底に潜っていってハリス切れ。

いきなりモンスターの洗礼です。

何やら回遊してきているようですので、このチャンスは逃せない。
すぐに再開です。

5分後、目の前でウキが沈みました!
合わせると、重量感が手に伝わります。
少し糸を出し竿をベストポジションで止め、ベールを下ろしてフルロック!

何度かの締め込みに耐えて巻き取ると、あれれ?思ったよりずいぶんと軽い。
楽々と抜きあげできます・・・

2013-07-20 21.23.53_R

フエダイ(シブダイ)でした30cm。

引きの強さからすると40オーバーのコロダイかと思ってたんでが、
まさか、30cmしかないとは。
フエ系の魚のパワー恐るべしです。

将波ストロングの入魂はフエダイ30cmということになりました。

ということはさっきのはフエダイの親玉か?

この後、当たりがあればゴマヒレキントキです。
引きの強さからイサギかと期待してしまいます。

ゴマヒレキントキは朝までかかり続けました・・
15以上は釣って半分くらいお持ち帰り
針飲まれるので、厄介です。

弁当タイム。
オークワの粉河店で買った一口ヒレカツ弁当。
最近、これにはまってます。398円安くてうまい。

22時の干潮後の潮替わりも何も起きず・・・

次のドラマは日付が変わった0時過ぎ。

眼の前竿、一本。
棚は3ヒロで、ほぼ底付近。
とろい潮の流れでウキが10cm程度入って止まってます。シモリます。

合わせると、手にズシリと重みくると同時に走ります。
しかし、3号竿の敵ではないようです。
何度か締め込み、左右に暴れますが余裕があります。

無事、一発でタモ入れ成功。

2013-07-21 00.38.35_R

コロダイでした。
50cmちょうどくらいかな~と思ってましたが、
家に帰ってから測ったところ48cm。
卵持ってました。

その後は前述のとおり、キントキばかりで、
薄暗くなってきた午前4:00 終了としました。

2013-07-21 04.57.35_R

もうちょっとガツンとした当たり欲しかったですが、
ボーズ街道を脱出したので良しとしましょう。

2013-07-21 09.17.52_R

 

2013-07-21 10.04.05_R

妻が早業でサバイテくれました。
早速朝から、お刺身三昧。

2013-07-21 10.04.23_R

フエダイのお刺身、かなり美味でした。
それに、ゴマヒレキントキも癖のない味でGOOD。
近所にもおすそ分けできました。





16 コメント! こちらをクリックしてコメントお願いします (^O^) »       


白浜 椿の地磯でイサギゲットするも

 

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ
近畿の釣行紀・釣果速報・ブログランキング1位から50位はこちら
 にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
磯釣り師の釣行紀・ブログランキングはこちら

 

 

相変わらず半徹夜業務が連日続いておりますが、
ようやく一段落つきそうな気配が木曜日に・・・
なので、水曜日の夜は完全に徹夜して踏ん張りました。

そのまま、木曜日の朝一、南海電車で大阪へ打ち合わせへ
電車で睡眠時間を確保。

帰宅 14:00

週末は息子運動会、田植えの手伝い、墓参りなど予定が入っている。

行くなら今でしょ・・・・

とりあえずボイルのみ予約して、16時出発。

曇りだし月もほぼ出ない、中潮→大潮で夜釣りには良い感じ。
イサギも白浜方面釣れてきているみたいだし。

釣れる気がしてしょーがない!

体力的に渡船使いたいとこですが、時間的には不可能なので地磯へ。
どこか行ったことのある地磯にしようとだけ決めて出発しました。

白浜方面へ。
椿に到着19:30 もう暗いです。

 

誰もおりません。

釣行日時:2013/6/6(木) 夜釣り 20:00 ~4:00
天気:曇り
潮(田辺):中潮→大潮 (干潮 22:39 満潮4:15)
釣り場 :白浜 椿地磯
エサ:ロックボイル・アミエビ2k+夜釣りパワー+グレ集魚剤(白いバラケルタイプ)

ロッド3号、リール5000番 電気ウキ5B、道糸にハリス5号直結。 針は9号真鯛針

 

 

準備すると汗かいてました。

沖合150mくらい先の沖磯にライト付けた人が見えてます。
ここにつける渡船屋さんがあるようです。
夜なのでイサギ狙いかな?
(10時ごろ帰られました。)

ストロング8をプッシューっと開けて飲んでから、
スタートです。

コロタマモンスター&イサギ狙いです。

海上は穏やか。風は微風。

マキエが効いてくるまでは弁当食べたり、飲みながらテキトーしてます。
本日は白い集魚剤オンリーですので、着水ポイントみやすくていいです。

電気ウキを足元に入れるとゆっくりと沖に流れていきます。

何回かシモったので合わせるとハタンポ。
ですが、単発です。ほとんどエサはそのまま返ってきます。
ここは全体的に浅くて2ヒロ以内にしないと底かきそうです。

21時過ぎ、ウキが沈んだり浮いたりやや大きく動いてますので、
合わせると乗りました。

結構、引きます。
グレの37,8かな~ という予想でブリあげると

 

2013-06-06 21.16.44_R
イサギでした。38cmくらい。
棚は2ヒロ、ヒットポイントは10mくらい先でした。
針は飲まれてました。
すぐに撒き餌を打ち、再開しますが、次はなかなかかかりません。
20分くらい後に掛けましたが、針はずれ。

 

 

2013-06-06 21.41.09_R

21:40 黒アナゴ釣り上げました。
胴回りが太くて、結構引きました。
ペンチで針を外そうとすると体をひねってなかなか外れず、針が折れてしまった。
歯はないようですが、顎の力強そう。
リリースで・・

 

22:30
ゆっくりとウキが沈んだので合わせるとドンと乗りました。
引きも強かったので、コロタマのちいさいヤツかグレかな~
と予想してたのですが、エイヤっとこれもブリあげるとヘダイでした。43cmくらい。

 

2013-06-06 22.38.15_R

 

 

ここからたまに、イットウダイが釣れます。

イサギかと思う場合は遅合わせにしてるので、針を飲まれてしまいます。

23:40
今度こそグレやろ~っと思いましたが、
オジサンでした。 43,4cmあります。
リリースしよかなと思いましたが、頭が岩の間に挟まってしまい、なかなか引き抜けなくて弱ってしまいました。

 

2013-06-06 23.44.33_R

 

 

24:00頃、沖合の船が一斉に帰り出しまして、
真っ暗になります。

夜釣り条件が良くなり期待感が高まります。

マキエを打つ手にも力が入りますが・・・

全くあたりがありません。
エサも残ってきます。

眠くてしょーがないので、ごろんと寝転がってしまいました。
知らないうちに1時間ほど眠ってしまいました。
起きて再開するも当たり無。

4:00 ライトがいらなくなりました。
マキエは残ってましたが終了。

モンスターのあたりは一回もありませんでした。
毎回、ウキが沈むと腰入れて体勢整えてたりするんですが・・・
本命はイサギ1匹のみってのは寂しいですね。

 

2013-06-07 04.47.01_R

 

外道の動きは割と活発だったので、次回あたり何かドラマを期待しましょう。

 

・ヘダイ
・オジサン
・イサギ

をお持ち帰り。
磯でワタとウロコを取って帰りました。

帰り、和歌山インター降りた後、1時間仮眠し
9:00帰宅

 

明日息子の運動会のマジリレーというのに出ることになりました。

最近、というか、何年も本気で走ったという記憶がないのですが、庭仕事や地磯で鍛えたこの

足腰で気張ってきます。

 

 

 

 

 

2013-06-07 09.58.53_R





10 コメント! こちらをクリックしてコメントお願いします (^O^) »       


夜釣りモンハン一回戦目 椿地磯

 

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ
近畿の釣行紀・釣果速報・ブログランキング1位から50位はこちら
 にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
磯釣り師の釣行紀・ブログランキングはこちら

 

釣行日時:2013/4/28(日) 17:30 ~ 4/29(月)10:00
天気:晴れ
潮(田辺):中潮 (満潮20:14 干潮 13:29)
釣り場 :椿地磯
エサ:ロックボイル+ボイルまとまる+アミエビ+パン粉

 

夜釣りを、この時期にするのは初めてです。
グレなり、コロダイなり、何かしらは釣れるだろうと思いチャレンジしてみることに。

渡船でも良かったんですが、釣果情報もないのでちと不安です。
時間や移動の融通が効きやすい地磯にしました。
今回は椿の地磯です。
すえちゃん同行です。

 

2013-04-28 17.01.53_R

 

 

到着は16時すぎ、誰もいない・・・
貸切状態です。

風があって波・ウネリも結構あるが、いかにもグレが釣れそうな雰囲気!
早速、竿だしするとコッパ、コッパ、コッパ尾長祭り。
活性は高そうです。
デカいのこいや~っと、
5Bウキで重めの仕掛けで強制的になじませ、2ヒロ半にすると、
ウキ消込で、ググンと来た。
27cm・・・・

スカリでキープ。

2013-04-28 17.50.29_R

 

サイズアップを狙うもその後、23cmしか来ず。
ピタリとコッパの反応も消え、夜釣りモード突入。

 

電気ウキ1号装着
2号竿、4号道糸通しで。針は10号で。

よっしゃ、モンスターこいや~!!

と意気込みましたが、

 

 

まさか、

 

長い夜

 

一度も

 

アタリが

 

ないとは。

 

ホンマに一度もあたりなし。

ハタンポ君やババタレさんには最低会えると思っていたのですが、

エサ取りも全くいない。

生命反応がない死の海です。

それでも、いつか何か来るだろうと

何度も何度も打ち返しマシた。

夜の12時を回ると集中力が切れ、磯の上で大の字になって寝ました・・・
が、風が吹いていて寒くて寝られません・・・

場所移動も何度かして試しましたが、ダメ。
3ヒロくらいで底付近を流すと、エサが冷たくなって返ってきました。

さらに、東の空から丸いお月さんが上がってきます。
あたり一面をこうこうと照らし出し始めます。

終わったな・・・

明るくなると釣れる気がしません。

去年もそうでした。

夜釣りは夜の闇が魚達の警戒心を緩めるので釣れやすいんだと思います。

なので満月で明るくなるのは夜釣りではマイナスかと。

魚にもよるでしょうが、ライトの光で海が照らされるのも良くないと思います。
特にフカセでは足元に魚を集める方が有利なので、
仕掛け変更時の際のライトも海に背を向け必要最小限の光で作業します。

ですが、今回全く無反応の海ですので、そんなことは無駄な努力ですね・・・

朝方のグレチャンスにかけることにしました。

4時半ごろ、再びコッパ尾長が釣れはじめグレの時合到来だ!と気合を入れましたが、
キープサイズはノーフィッシュ。

エサが余っていたので、しつこく10時すぎまで粘りました。。
次第に海は凪に。潮も動かなくなりギブアップ。

モンハン失敗。

時期的にちょっと早かったですかね~。

でも、こういう時期に一度やっておきたかったんです。
夜は全く何も食わなくなるってわかったことが収穫かな。

しかし、夜は長く、この状態は辛いので・・・

エサ取りの反応もないなら、さっさと切り上げて車に戻って寝て朝からやるとか、場所を移動するとかした方が良いですね。

 

2013-04-29 10.25.40_R

27cm、23cmくらいの尾長グレ 2枚だけお持ち帰り。

 

夕方に釣れて一晩スカリに入れてまして、帰りにしめました。

 

2013-04-29 18.59.06_R

 

尾長グレは、小さくても弾力があってかなり美味しかったです。

刺身で全部食べました。

 





6 コメント! こちらをクリックしてコメントお願いします (^O^) »       


モンハン最終は、白浜 椿の地磯で!自己記録更新?

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ 近畿の釣行紀・釣果速報・ブログランキング1位から50位はこちら にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ 磯釣り師の釣行紀・ブログランキングはこちら

秋、祭りシーズンですね。 橋本市も土日は秋祭りでして、 だんじりやらなんやらで町中にハッピを着た男子が多かったです。 雰囲気があっていいですね。 祭り 御幸辻 夜釣りに中になぜか息子も着て参加してる写メきました!! ということで、前回記事の通りでして釣りに行けることになり、 予告通り行ってまいりました。 今回は第二子生誕前の最終釣行になるかと思いますので、気合が違います。 「でっかいのあげたるで~」 と、鼻息荒いです。 土曜日午後15時、橋本自宅を出発。 もちろん向かう先は、南紀白浜。 夜釣りでモンスターハンティング! 17時30分 釣太郎白浜店着、ボイルL一枚、アミエビ1kgを仕入れます。 日没まで時間がないので先を急ぎます。 右手の水平線に夕陽が沈もうとしています。 すごくきれい。 道路わきの駐車ポイントでは降りて夕陽を撮影している人が見られます。 が、ゆっくりしてる暇はない。 今回の目的地の椿・番所崎に到着しますが、車が止まってません。。。 嫌な予感が、します。 降りていってみますと、すごい波です。 イセザキまでは増水してて渡れません。 テダカには、でっかい波が叩きつけられて舞い上がってます。 これはアウト。 うーん、、、どうするか。。 三段壁方面に戻るか、波止にするか、、 波止は雰囲気ないし、なあ。 あっ、いや、確かこの先は入り江みたいになっているからいけるんじゃないか? もう暗くなりかけてますが行ってみます。 急ぎ足で降りていきますと、、 おお、釣りしている人がいました! 入り江側に二人組×2 先端に二人組×1 (翌日の朝の撮影分です。) 多少波がありますが、なんとか大丈夫そうです。 早速話しかけてみますと、みなさん言うのは 「ここ浅いで~」 かご釣りのおいやん二人組の人が詳しく教えてくれましたが、 1ヒロちょっとくらいやということです。 一番先端の方は、イカの二人組?が入ってます。 その手前側に竿だしできそう とりあえずここでしてみるか。 釣行日時:2012/10/13(土)~14(日) 18:30 ~8:00 [夜釣り+朝釣り] 天気:曇りのち晴れ 潮(田辺):中潮( 満潮 16:19 4:42 干潮 22:30 ) 釣り場:椿 地磯 釣法:フカセ [夜釣り] 竿3号 リール4000番 道糸5号 ハリス5号 暗くなった18:30 スタート。 エサはとりあえずはボイルのみで。 あとから、アミエビ+集魚剤を別のバッカンに作って交互にまいてみました。 棚は1ヒロ。 かご釣り師のおいやんが色々教えていただきましたが、カゴで50mほど投げても2ヒロしかないということでした。 僕としては浅くても全然構いません。 夜釣りで魚の警戒心は薄れていますし、 フカセの場合、棚調整がいらない分、釣りがシンプルになり、やりやすいってなもんです。 ウネリで磯際は水面の高さが大きく上下してますので、竿一本のところに仕掛け入れます。 しかし、 1時間経過・・ 2時間経過・・・ 全く反応がありません。 エサ取りもいないです。 かご釣りの人は夜釣りに来たのに、早くも帰り支度をはじめてます。。 うーん、どうするか。。 場所移動した方がいいんだろうか。 しかし、波があるし他の場所がダメだったら・・・ えーい、あかんかったらまた戻ってきたらええし、波止もあるわい! と移動を決断。 撤収して車で移動~。 で、来たのは駐車場から近いシガラミ磯。。 ダメです。 波が高くて竿だしできそうにないです。 さらに、移動。 駐車場は空です、、海の方から波の轟音が。 一応、行ってみますと、エライことになってます。 真っ白なすごい高さの波が、駆け上がってきてます。 見てるだけで恐怖を感じます。 降りることもできません・・・ 結局、他に竿だしできる磯はなく・・・ また、戻ることにしました。 再度、大荷物を抱え釣り場まで戻りましたが、もうクタクタです。 ご飯食べて、しばし休憩。 22:30 気を取り直して再開です。 一度当たりましたが、南紀でたまに釣れる赤い20cmくらいの名前のわからない魚でした。 リリース。 ・・・・ 1:00 2:00 3:00 この間、電気ウキロストしました。 1ヒロから少しでも棚を深くするとかかってしまうようです・・・ 猿公園のシモリ 明るくなってからわかったんですが、確かに浅いんですがそれに加え、大きなゴロタ石が たくさんありまして、それで1ヒロしかとれないようです。 椿・猿公園 ああ、このまま何のドラマもなく終わってしまうんだろうか。 いや、ダメだ、何としても魚をあげる!! 満潮が近づいてきました。やや遠投気味に入れていた仕掛けを、戻します。 足元から竿一本分先までに集中。 仕掛けは良い具合に、入り江から沖側に流れていきます。 ほぼ満潮時刻の4:15分、浮きがスーと消えました。 あれ? あまりにも久しぶりのウキの消し込みに判断が遅れます。 ヒュンっと合わせてみると、ドシンと竿に乗りました。 きたで、きたで~ 大物や!! おりゃ~ おりゃ~と高速の大合わせを追加で入れてやります。 グイグイ来ます、竿がのされそうになりますが3号竿なので怖くない! 思い切り力技であげてやります。 うーん、モンスターではないが割とデカいぞー。 ぶり抜きできるが微妙なサイズですが、3号竿なのでいってみよ~。 磯際が斜めになってるのであげやすい、ぶり抜きや~ おりゃ~ グレ43cm3 でん! グレでした。。 デカい! と思いましたが、家に帰ってから測ると43cmでした。 なにはともあれ、祝 グレ 自己記録更新ということで! 次第に、明るくなってくる時間です。 ここからはもうグレ狙いで2号竿にチェンジ。 1時間後の5:30 また、磯際を流して行きますと、さっきと同じようにスーッと浮き沈み。 速攻でうりゃ、うりゃ~と二連高速鬼合わせじゃ~ 今度もズシリと重い感触です、、右へ左へ走ります。 磯際なので気を使います。 けど、このやりとりが楽しい~。 と思えるのは、それくらいの余裕がある獲物でモンスターではないってことですが・・ 今度は2号竿で無理っぽいのでタモ使いました。 グレ43cm1 でん! さっきと同サイズのグレ!! さっき更新した自己記録タイということになりますな(笑 グレ43cm2 しっかりと口の上に針がかりしてますね! やはり哲っちゃん鬼合わせが効いているようです。(グレですが・・・) もうすっかり明るくなってきました。 ここはどうもグレが期待できそうですので、そのままグレ釣りに切り替えます。 朝になって波は大分落ち着いてきたようです。 その後、 29cmグレ 30cmアイゴ の二枚を追加しました。 8時、陽がのぼって暑くなってエサ取りも増えてきたので終了~。 モンスターの当たりが一回もなかったのは夜釣りで初めてかも。 釣果 猿公園 夜釣りに来たのに、結局、釣果は全部朝方でしたね。 ここはタマミもあがる場所みたいです。が、グレもいいですね。 浅いですが、雰囲気はあります。 ということで、波のため釣り場も急きょ変更、初場所でポイントもわからずモンハンは失敗に終わりました。 今回は仕方なかったですが、夜釣りで初場所なのに暗くなってから入るのは、ちょっと無謀でしたね。 なんだか最近、毎回モンハン失敗してますが、朝方グレは釣れるんですよね。 夜釣りでエサをさんざん撒いた後、朝いちばんの薄暗いときの磯際って激熱ポイントになるようです。 大きいのは眠らないか、一番の早起きさんです。 邪道ながら、この方法でどんどん記録更新していけるんじゃ?と思う次第です(笑 まな板 もんちゃん、魚を狙う もんちゃんは、釣りから帰って来ると、傍から離れません。 ウインク ウインク?? アイゴは一夜干し アイゴは一夜干しにしてみます。 楽しみ。





2 コメント! こちらをクリックしてコメントお願いします (^O^) »       


白浜の地磯 ブリマの横のコブトリですが・・・

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ
近畿の釣行紀・釣果速報・ブログランキング1位から50位はこちら
にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
磯釣り師の釣行紀・ブログランキングはこちら

前日(土曜日)の息子の運動会は日差しがきつくて暑かった~。
この調子だと、釣りもまだ夜釣りの方が軍配はあるかな???
ということで、夜釣りモンハン終焉の寂しさを感じつつ、予告通りにいってきましたよ。
連休二日目、日曜日 14時すぎ出発。
地磯に慣れると、時間がルーズになっちゃいますね (^_^;)
途中、食料調達。
少し喉がイガイガしてたので、薬屋で葛根湯を調達!
これ飲み始めてから風邪で寝込んだことないんです!
釣太郎白浜店 16時35分着。
また樫山店長に、釣り場アドバイス等、色々教えてもらいました~。
ありがとうございます~感謝です。
ただ、釣り場をたくさん知れば知るほど、どこに行くか悩みますね。
今回は夜釣り最後になりそうなのですが、来期にそなえてできれば新規開拓し、結果も出したい!
シガラミ磯(安久川の河口)に行こうかと思いましたが、チヌ・ヘダイが多いということでパス。
処理場下? メズロノ鼻? 見草崎?椿・番所崎?
うーん、こんな時は適当に車を走らせて、
着いたのは見草漁港です。
エントリーしやすい地磯ブリマにしようかと、車を止めて偵察してみると、
ヤエンの方が二人、南向きに竿出されてます。
反対側で出せないこともなさそうだが、やりにくいかな。
波止からすぐの根元の小磯も空いてるけど、
新子がかなり釣れてるらしく、エギンガーどんどん入ってくると思われるので避けました。
ん、奥の磯も行けそうやん?
偵察してみました。
ブリマとの間がワンドになっています。
水深は2ヒロちょいくらいか。
もしかしたら、ここコロちゃん回遊コースに入ってて入ってくるかも。
見草の磯
磯マップ見てみると、コブトリって磯名のついたところでした。
ゴツゴツした岩ではなくノッペリとした岩質で、小さな穴ぼこは多いながらも足場は良いです。
高さもなく取り込みもしやすそう。
まあ、今から移動するの億劫やし、ここでチャレンジしてみますか!

大きな地図で見る
ルートはさほど距離はないですが、大きな岩が多くて荷物抱えながらだと歩きにくい。。
コブトリに渡るには、細い水道みたいなのがあって、ジャンプして超えたりしました。
ここまで結構体力使いますね~。
僕は地磯でもクーラーとか折り畳み椅子とかフル装備の荷物持っていきますのでしんどい~。
着いたころには汗かいてました。
到着した途端、正面に見えてるブリマの人は帰っていかれました。
しまった。
見草 コブトリの夕日
しかし、もうあそこまで荷物抱えて戻る気はしません。
それに、間もなく陽が沈んでしまう~。
釣行日時:2012/10/7(日)~8日 18:30 ~6:30 [夜釣り]
天気:曇りのち晴れ 
潮(田辺):小潮( 満潮 20:57 干潮 4:27 )
釣り場:見草崎 地磯 コブトリ
釣法:フカセ [夜釣り] 竿2号 リール3000番 道糸4号 ハリス4号

スタートはすっかり暗くなった18:30。
本日は、
ボイル3kg+1.5kg+アミエビ2kg
水分多くなりすぎてベチャベチャしてきますので、後でパン粉も混ぜて調整しました。
モンスター狙いではありますが、お土産のイサギも意識した配合です~。
ワンドから沖向きを狙います。
水深3ヒロないくらいですね、2ヒロでスタート。
少し波気ありますが大したことないです。
足元にマキエ撒いて、竿一本のところに仕掛け落とすとゆっくり沖に流れて行きます。
エサ取りも何もないまま1時間経過・・・
生命反応がないと不安になりますね。
その後、ウキがクイッと沈むあたりで合わせると、
手ごたえなくハタンポくんでした。
と言ってハタンポの当たりも続きません。
たま~に、忘れたころに来ます。
ただ、ここはハタンポにしては割と良い型のがあがりました。
焼肉弁当
2時間くらいして、あたりもないので、食事タイム
嫁さんが弁当作ってくれました。助かります。
焼肉弁当&スープ春雨で、人心地。
美味しかったです。ごちそうさま。
3時間経過・・・
21時半ここに決めたことを後悔しつつやってます。
夜釣りフカセ向きではないように思います。
ブリマの横
道路から割と近い位置にあり、高低差もないため、
カーブに差し掛かった車のライトで海面が頻繁に照らされます。
また、椿の方面に立っているでっかいリゾートマンションの明かりも絶えず海面を照らしてます。
この灯りは深夜消えましたが。
それに、最初は裏山に隠れていた月が上がってくるに従い、どんどん明るくなってきます。
しまいには、ライトなくても歩き回れるくらいのうす暗さになってしまいました。
明かる過ぎるやないかい!!
何度か、場所替えしようかと考えましたが、満潮近くでさっきの細い水道の水かさが増え渡りづらくなってます。
既に暗くなってから正面のブリマにも、ウキ釣りと思われる二人組の方が竿を出してます。
ヤバいな・・・
明かりで照らされないワンドの奥側や沖向きなどを攻めたり、棚を替えたり、チモトにガン玉を
打ったり変化つけてやってますが、電気ウキに異常なし。
秋の夜は長い。
ここであきらめるわけにはいきません。
何度も何度も仕掛けを打ち返します。
と、満潮をすぎ少し経った22時半
目の前竿一本の場所で、
不意にウキがスーッと海面に沈んでいきました。
反射的に合わすと、ズシンと乗りました!
掛けた魚は絶対逃さない!!!
おりゃ~
密かに今回のテーマとしていた高橋哲っちゃん動画で学んだ
高速三連鬼合わせじゃ~ 
グイグイきやがります、ん、コロちゃんかな~
と思いますが、ほどなく浮き上がってきます。
ぶり上げできそうなので、エイヤっと
あげてみると。。。
グレっす
グレでした。。
38cm の夜釣りのアベレージサイズ。
まあ、この一枚上げるまで4時間かかってますので、
狙いではないのですが嬉しい一枚です。
これでテンションもあがります。
血抜きしてクーラーに放り込み、次のビッグワン!を狙います。
またまたウキがスイーっと水面下ににじんで水中で止まってる?
力ない魚のように見えて、
様子見で、ゆっくり合わせますと、ズドン!
あら、
いきなり走り出すではないですか~
うお~
ヤバいヤバい
竿立てることできず、腰を入れることもできない~
棒引きで、左右に振り回されてます~
レバーゆるめた方がいいんでは???
と一瞬思ったとき、
フッ
針はずれしてしまいました。
また、このパターンか。
掛けることができなかったのが悔やまれます。
逃した魚は大きく60クラスの引きだったと思うんですが、、、
今回はあえてレバーブレーキ使ってました。
ですが、やっぱり操れませんでした。
大物に竿がのされたときに竿を立て直すために
使うものなのですが、全く使えませんでした。
グレのように、ググンという瞬間的な引きに何度か耐えるのではなく、
両手で腰を入れて竿を持ってやりとりをしなければいけないような獲物です。
上手い人は使いこなすんでしょうけど。。。
僕、結構、針はずれが多いです。
次こそは、と急いで打ち返しますが、反応なし。
今まで長袖シャツで快適に釣りしてましたが、
午前2時をすぎると、急に風が冷たくなってきました。
カップラーメンタイムで体を暖めます。
ジャンパーを着込んで頑張ります。
しかし、この後、二度と当たりはありませんでした。
6時半までやりましたが、朝方のグレチャンスもなし。
明るくなってしまい、エサ取りの赤じゃこが出てきてしまいました。
残念ですが、終了です。
釣果 コブトリ
あれこれ試した結果ですから仕方ないですね。
不完全燃焼気味なので、また、いつかの釣行のために椿方面の地磯探索して帰りました。
イセザキ、テダカ、ウマノセを下見しました。
イセザキ、、、独特のギザギザの磯ですがかなり良さげです。
足場低いですが、足元から割と深そう。雰囲気あります。
これで、白浜町のエントリーしやすい地磯はほぼ下見したんじゃないかと。
うーん、
60オーバーモンスターは来年に持ち越しかな。





4 コメント! こちらをクリックしてコメントお願いします (^O^) »