椿 地磯 夜釣りモンハン第2海戦

5/31本日は長男の運動会でした。

2014-05-31 10.51.41

運動会は小学校では最も大きなイベントの一つです。
なぜか何年か前からこの時期に変更になりました。
今日は気温がぐんぐんあがり、日差しが強烈でした。
日向にいると汗がぽたぽた落ちるほど熱い熱い。

2014-05-31 12.39.37
テントの下で飲む缶ビール、チュウハイがうまいうまい。

この記事の続きを読む…..





22 コメント! こちらをクリックしてコメントお願いします (^O^) »       


白浜の地磯 大崎での釣り 2012/4/12

4/13の日曜日は家族で墓参りに行ってきました。

信貴山へ墓参り

信貴山の上にあるお墓なのでまだ桜が残っていて綺麗でした。
この後、IKEAで買い物しました。
現在、洗面所兼、脱衣所の全面リフォームをDIYでやってます。
なかなか、日本製の洗面台ではデザインが同じ感じのばっかりなので、少し個性的で暖かい感じのするの探しているんです。

その前日が、本題なのですが、4/12の土曜日、白浜の地磯で釣りしてきました。
ボーズなので記事にするのやめとこうかと思いましたが、なんだか気持ち悪い.
結構、後からあのとき何してたかな~と見たりするんですよね。
なので備忘録として残しておくことにします。

家族で白浜方面へ出発~地磯へ到着まで

土曜日の午前4時半、家族みんなで自宅を出発しました。
6時すぎ、みなべICで降りて、釣太郎でエサを購入。
田辺まで伸びた新しい道を使い、白浜の三段壁近くの磯の近くで僕だけ降ろしてもらいました。
妻たちは、ここから十津川村へ向かうので、ここでバイバイです。
帰りにまた、迎えに来てもらいます。

この記事の続きを読む…..





12 コメント! こちらをクリックしてコメントお願いします (^O^) »       


椿温泉から白浜地磯へ

ということで、行ってまいりました!

どこへ?

今回は、Aさん主催の今年一年を占うIT勉強会に急遽参加させていただきました。
その開催地が、なんと白浜 椿の別荘(リゾートマンション)!!!
驚くべきことに冬にはグレ、夏にはタマミまで釣れてしまう磯まで徒歩1分!!!
磯際にそびえたつリゾートマンションなのでした。

こんな環境で果たして僕は冷静に勉強会できるのでしょうか?
でも大丈夫。
僕が到着したのが土曜日の午後6時頃でして、既に日は落ち、外は真っ暗で海も真っ黒でした。。
しかし、海沿いの駐車場に着くとものすごい風。
風速15mあるんちゃうかなというくらいの恐怖を感じる風です。
明日の釣りが心配になりました。

皆様は既にご到着されておりました。
まずは、宴会。
近所の居酒屋の若竹さんへ。

2014-02-08 20.09.39_R

2014-02-08 20.08.00_R

2014-02-08 20.08.09_R

この店人気があってカウンターしか空いてません。
さすが海の幸が美味い。
お造り盛り合わせに始まり、ウツボ唐揚げ、サザエの壷焼などなど。

2014-02-08 22.10.24_R

そして、Aさんの別荘に戻って掛け流しの温泉へ。
これだけ白浜に来ていながら椿温泉は初めてでしたが、少しヌルッとした感じの良い泉質でした。
今晩は別荘でお泊りです。
Aさんには面白いお話、ためになるお話を色々とお伺いでき有益な時間を過ごせました。
11時半就寝、朝起きてまたまた館内の温泉へ。
朝から温泉に入るともう極楽気分で言うことなし。
お風呂上がりには朝食ご馳走になりました。
既に朝から渡船に乗る気力は失われてます(笑

この記事の続きを読む…..





20 コメント! こちらをクリックしてコメントお願いします (^O^) »       


やっぱり夜釣りしちゃいました 白浜地磯編

 

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ
近畿の釣行紀・釣果速報・ブログランキング1位から50位はこちら
   にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
磯釣り師の釣行紀・ブログランキングはこちら

 

今朝帰ってまいりました。11/4の朝。
20日ぶりの釣行でした。

当初、尾鷲の磯へ行く予定で前の日から冷凍オキアミも買ってとかしてました。
しかし、前日まで風邪でしんどかったのもあり、慣れてる白浜地磯に変更しました。
第一の理由は夜釣りがしたかったからですが。

深夜2時半に出発しました。
11/3の朝と夜、ぶっ通しでやる予定です。

駐車場に着いて暗い中、早速用意して
一番乗りを目指します。

森の中を抜け海に出ますと
右手の高場には既に先客が・・

左手の湾側に降りて行く途中で後ろから人が来ます。

すごい勢いで降りてきます。

え?

僕は先端部でやるべくそちらへ向かっていたのですが
あと10mというところで、すぐ脇を抜かれて先に先端部に入られてしまいました・・・

 

「もしかして、先っちょでやるんですか?」

「はい」

 

一応聞いてみますが、釈然としない。
まあ、早いもん勝ちではありますが・・・
こういうタイプの人と並んで釣りするのはあまり気分が良いものでないが仕方ない。

時折、雨がパラパラと降る中、7時までに、20~25cmくらいのグレを3枚釣りました。
その後、チョウチョウが大量に発生してきて辛い状況になりました。

高場の下のカゴ釣りの方が早くも帰られたので場所移動。
こちらもエサ取りが多く大変。
撒き餌を撒くとメダカみたいなサイズの魚(イワシの子?)がザワザワと
海面に波紋を作ります。
その下には、スズメダイ、チョウチョウウオ、コッパ。
おびただしいエサ取り軍団です。

これは分離させるしかない、と
前方20m付近のシモリの周りにグレはいると仮定し
エサ取り6用に磯際へ撒き餌を多めに撒きます。
沖側のポイントには少しだけ撒きます。
で、
やってもやっても釣れるのはやっぱりコッパでした・・・

グレ釣り仕様は

竿:エリネス1.25
リール:デスピナ2500D
道糸:2号 ハリス1.5号
ウキ:釣研フカセどんぐりEX G2~3B
針:がまかつテクノグレ 5号~6号

 

気温はグングン上昇し、カッパを着ていると暑いくらい。
エサ取りが多く、いかんともしがたい状況に11時半頃グレ釣りを断念します。

のんびりと、磯弁を食ってから
道具を片づけ、駐車場へ戻り休憩。
ローソンでアイスクリームを食って、ひと眠り。

16:00
釣り友、タルさんと合流。
夜は一緒にやる予定をしてました。

再び、磯へ降ります。
先端付近でフカセ釣りしている人がいましたのでしばらく見ていると
38cmくらいのグレあげてました。
聞いてみると1時間くらい前にも36cm釣ったということです。
釣る人は釣りますね。
かなりの遠投をしてました。

用意しながらなんだかんだ話していると
辺りが暗くなってきます。

この方と入れ替わりで入らせていただきます。

高まる期待。
暗くなるにつれワクワクしてきます。
もう11月。
季節は晩秋かもしれませんが、やはり今回メインは夜釣りです。

 

釣行日時:2013/11/3(日) 17:30~0:30(夜釣り)
天気:曇り時々にわか雨→大雨

潮(田辺):大潮 (満潮17:15 干潮23:46)
釣り場 :白浜地磯 
マキエ:生オキアミ3k+集魚剤×2 ボイル1枚
ツケエ:ボイルLLサイズ、中エビ

ロッド:ダイコー将波3-53 リール:シマノ エアノス5000番 道糸8号 ハリス:6号
ウキ:キザクラ、電気ウキNF BASIC 1号
中通し錘0.8号
針:インブライト真鯛10号

 

開始時は大潮満潮。
少し波気があり足元には水が入ってきますので、一段高いところに釣り座を構えました。

ここは満潮時は4ヒロくらいはとれますので、棚は3ヒロ半くらいにします。

エサは毎回とられてます。
ウキには反応がありません。

暗くなってから2時間ほどやってますが、
まだ、一度もエサは残ってきません。

夏でも夜は2時間もやってるとエサが残ってくるもんだ。
こんなことは初めてかも。

19時すぎ、磯際に流していたウキが一気に沈み、
そのまま竿先が水面に突き刺さりそうになります。

一瞬遅れましたがうりゃーっと合わせます。

重い!!

底へ潜って行こうとするのを耐えます。

強い!!

かなりの引きです。

コロか!?

なかなか上がってきません。

コロダイだったら3、4回くらい強い引きに耐えて底を切ったら

後は割と楽に上がってくるのですが、

今回、もう10回以上の締め込みに耐えてます。

コロなら60オーバーだな!

期待は高まります。

タルさんは釣り座が離れているので救援呼べません。

やっとこさ浮かせてきてみると、

白っぽい魚体が・・・

嫌な予感です。

浮かせてからも何度も締め込み、バタバタと暴れ苦労させられました。
なんとかタモ入れしたころには腕はパンパンです。

 

2013-11-03 19.14.34_R

 

やっぱりでした。
尾長グレです。
(ある地方ではババタレと言いますが)

55、6cmくらいですが、粘り腰が強かった。

 

2013-11-03 19.14.36_R

 

過去に50cmオーバーは数匹釣ってますが、
こいつは過去最高の引きの強さ、粘り腰で楽しませてくれました。

「達者でな!ナイスファイトだったぜ!」

と海へドボンと帰すと、泳がず浮いています・・・

口をパクパクさせていたので無事回復したと思いますが・・・

皆さん、海へ大きな魚を返す時は優しく返しましょう。

 

そして15分後、またまた磯際を這わせていると

スーッとウキが沈み・・

 

2013-11-03 19.33.56_R

 

今度はコロダイ46cm。

 

タモが近くになかったのでハリス持ってズリあげました。

ここで、右手の高場下でやっていたタルさん、
移動してきて並んで釣りすることに。
夜は並んでするのが安心ですね。

時折パラパラと雨が降ってきます。
依然とエサ取りは多く、合間にイトフエダイなどが釣れてきます。

他に釣れた外道は

テリエビス

ウツボ

ハタンポ

アジ

まだまだ夜の海中は騒がしいようです。
こんなにエサがまったく残ってこないないのは初めて。

今回、中エビも持ってきてまして、ボイルとローテーションしながら使ってます。

「グレ釣れました~」

タルさん、30cmくらいのグレをゲットしてました。

時合がきたかと僕も気合が入ります。

今日は徹底して磯際~10m以内 を攻めてます。

しばらくすると、ウキがモゾモゾと沈み、海中で止まってます。

ゆっくり合わせてみると ズシンと乗りました。

さっきのより強い!
ナイスファイトです。
けど、またババのような気がしないでもない。。
今度はタルさんにタモ救援を依頼しました。
釣り座を照らすのは良くないので、ちょっと離れたところまで魚を引っ張って
すくってもらいました。

 

コロダイ53cm。

 

 

なかなかこのサイズの壁が越せません・・

ここから雨が強く降ってきました。
夏のスコールのような雨です。
しかし、今日は寒くないので耐えれます。
雨なので写真はありません。

10分後
しつこく磯際を流してますとまた来ました。

 

コロダイ45cmくらい。

 

干潮すぎでした。
やはりコロダイは干潮付近がよく釣れます。
3枚とも磯際の同じポイントで釣れました。
回遊ルートが決まっていて同じルートをウロウロしているんでしょうか。

日付が変わった0時半、当たりもなくなったところで終了としました。
昼も夜もグレを釣りたかったですが、強い引きの魚を4枚上げることができて楽しめました。

雨にやられて温泉に入りたい気分100%でしたが、
さすがにこの時間やってる日帰り温泉はありません。
タルさんとローソンで白くまアイスを買い食いして帰りました。

楽しかったですね。また、行きましょう!

眠くなったので湯浅SAで仮眠を取ろうとAM2時半に入ったのですが、
起きたら5時半になってました・・
家に着いたのが7時と、朝までやってたのと変わらなくなってしまいましtあ。

 

2013-11-04 08.33.40_R

一枚はタルさん家にお嫁に行きました。

 

 

1383575587417_R

 

息子がウロコ取りを手伝ってくれました(笑

 

1383575603453_R

 

53cmのはお世話になっている農家の方へ。

もう一枚は、今夜、鍋にしたのでもうありません。

 





14 コメント! こちらをクリックしてコメントお願いします (^O^) »       


枯木灘でグレ釣り・夜釣り

 

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ
近畿の釣行紀・釣果速報・ブログランキング1位から50位はこちら
   にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
磯釣り師の釣行紀・ブログランキングはこちら

 

【連休 12日土曜日の朝からの出来事】

 

2013-10-12 09.15.56

 

白浜の地磯で金曜日の夜釣りを終えた後は、そのまま駐車場で睡眠タイムとした。
2時間半くらいがっつり眠り、9時開店と同時に”白浜のとれとれの湯”へ。
連休の初日から、開店と同時にスーパー銭湯に行く人なんてほとんどいない。
広い館内に5~6人で、ほとんど貸切状態だった。

朝から白浜の海が眺められる広い風呂に入って、とてもリッチな気分♪

電気風呂に入ってみたが、これが手首に効果があり。
電気の発せられている部分に手首を近づけると、ビンビンと衝撃を感じる。
色んなツボをあちこち突かれているようで、
2、3分ほどそうしていると、すっきりした感じがした。
試しに手首を振ってみても痛みが嘘のように消えていた!

風呂に入ったあと、休憩室で寝転んでテレビを見ていたらウトウトと1時間ほど眠ってしまう。
結局、とれとれの湯を出たのは12時ごろだった。

 

2013-10-12 13.03.29

その後、白浜のダイソーで、ライター、瞬間接着材を買い、竿の穂先修理を行う。
夜釣り用の3号なので穂先が短くなっても全く問題ない。
少しトップガイドが焦げて黒くなってしまったが。

 

さて、今日はどこで釣りをしようか。

とりあえず、42号線を南へ。

 

2013-10-12 12.21.14

 

途中、ローソンで弁当を買い、日置の志原海岸で食べながら考える。
風は相変わらず強い。

航空写真の釣り場案内で見つけた和深港の先のエビスという地磯へ行こうと思う。

日中はまだ暑いから、15時くらいから2時間ほどグレ釣りをして、
その後、夜釣りへ突入パターンにしよう。

まだ、時間があるので途中の地磯を探訪してみることに。

前々から気になっていた伊古木大島の裏へ行ってみた。
下へ降りてみたが、釣り座の磯へは水道があり、ジャンプしなければ渡れない。
サンダルで来たので断念した。
大潮、中潮の干潮だったら跨げるのかなと思う。

次に、すさみの名切崎へ行ったが、車が4台くらい止まっていたのでスルーして、
高浜海岸の先の方へ。
釣り場案内で千畳敷と名前がついたところは上がれなかった。
手前の磯も釣り出来そうだがかなり浅そう。

 

さらに、すさみの見老津の有名地磯オオバエへ。

 

2013-10-12 14.41.52

東西に伸びる磯は広くて、7~8人はいけそうだ。
魚影が濃さそうな雰囲気がある。
足場も良いのでのんびりできそうだ。
和深をやめて、ここで釣りすることに変更する。

オオバエの東西の磯の東側、西側にはそれぞれ先客がいた。
広い磯だが、降りてみると意外にフカセ釣りをできるポイントは限られる。
仕方ないので、中央の少しワンドっぽくなったところに釣り座を構えることにした。
右手に沖に突き出たチョボがあり、干潮時に上がれるみたいだが、夜釣りで渡る勇気はない。

 

2013-10-12 15.34.46

 

まずは、グレ釣りをしようと久々にエリネスを取り出して
竿を伸ばそうとしたところ、またもや不注意で穂先をポッキン。
4cmくらいなのでなんとかなりそう。
本日、2回目の穂先修理で竿だし遅れる。

 

2013-10-12 15.34.44

 

第一投目は16時ごろ。

ウキG2 道糸2号 ハリス1.7号 針は刺牙グレ5号

 

撒き餌を撒いてみてもエサ取りは見えない。

しかし、しばらくするとコッパグレが釣れてきた。

 

2013-10-12 16.40.47

 

いくらやってもこんなのばかり。
少し棚を深くしてみたらガツンときて
「よっしゃー作戦成功や」と喜んだのも束の間であげてみると

 

2013-10-12 17.05.25

 

イスズミに変身していた。

ガン玉打って深くしてもコッパ、チョウチョウウオ、イスズミばかり。
1時間ちょっとやって、結局、良い型のグレは1枚もなし。

そして、アホなことに竿を畳むときにまたエリネスの穂先をポッキンとやってしまった。3回目・・・

まあ、夜釣りは3号竿を使うので問題ない。
これから本番である。

 

【土曜の夜釣り】

 

2013-10-12 17.10.15

 

2013年10月12日の土曜日、午後5時すぎの見老津。

哀愁漂う秋の夕陽。

これから繰り広げられるドラマのオープンニングを飾るにふさわしい美しき風景だ、
などと思いテンションがあがってしまう。

 

2013-10-12 17.44.34

 

夕陽に染まる海を眺めながら日置のオークワで買った一口ヒレカツ弁当を頂く。

 

素晴らしきこの世界。

BGMはこれしかない。

What a wonderful world  by LOUIS ARMSTRONG

 

 

夜釣りをするとなると水深が気になるところ。

底をとってみようと、針に大きめの錘をつけてみると、

ん?

意外に深い?

かなり深い?

磯際で5ヒロはあった。

 

2013-10-12 17.44.37

 

釣行日時:2013/10/12(金) 18:00 ~2:00
天気:晴れ
潮(田辺):小潮 (干潮17:45 満潮23:03)
釣り場 :見老津地磯 オオバエ
マキエ:ボイル×1 生オキアミ3キロ+制覇マダイ+ダイワ4倍コマセグレ
ツケエ:オキアミLL キビナゴ

ロッド:ダイコー将波3-53 リール:シマノ エアノスxt5000番 道糸8号 ハリス:8号
ウキ:電気ウキ NF ドングリング 1号
針:カンヌキ真鯛 11号

 

今日もマキエ多めでビシバシ撒いてからスタート。
最初は、棚は4ヒロくらいで。
が、かなりの当て潮。
遠投してもすぐに手前に戻されてくる。
仕方がないので、足元狙い。

シモルような当たりですぐに釣れてきたのはハタンポ。
そして、ハタンポ、ハタンポ、ハタンポ。
ハタンポだらけだ。

ハリスの真ん中にガン玉Bを追加し、磯際ぎりぎりを狙う。
ウキがスーっと沈んだので合わせると、グイーンという引き!
デカくはないがそこそこ引く。

 

2013-10-12 18.47.31

 

何度が底に潜るような締め込みを見せてあがってきたのは37、8cmくらいのイスズミだった。

残念。

また、ハタンポ、ハタンポ、ハタンポと続き、10匹くらい釣ったところでまた、イスズミ。

時刻は19時を過ぎる頃からだろうか、
北からの風が急に冷たくなってきた。
Tシャツの上にシマノの薄い長袖シャツを着て釣りしているのだがとても寒い。
どんどん風は冷たくなってじっとしているのが辛いくらい。
昨夜とは打って変わって真冬の釣りのような寒さ。

22時ごろから、たまらなくなったのか東側、西側で釣りをしていた2人連れが立て続けで帰ってしまわれた。

枯木灘の海、広い磯に一人きり。

この夜は満天の星空だった。

流れ星をいくつも見た。

意識して空を眺めているわけではなくても、夜空をさえぎるものが何もないので勝手に視界に入ってくるのだ。

それにしても、寒い。

当たりは相変わらずハタンポのみ。
7ヒロなんて和歌山の地磯ではありないような棚にしても、ハタンポが釣れてくる始末。

23時ごろ、潮があて潮から左へ流れる方向に替わった。

ここで、キビナゴ発動。
ウキ止めを10ヒロくらいの位置にしてオモリを外す。
するするスルルーもどきで、キビナゴを撒きながら流してみる。
からまんホタルをつけているので、キビナゴがゆっくりと沈んでいくのがよくわかる。
さすがにキビナゴなので、ハタンポはかからない。

当たりはない。

退屈だ。

風は強くなりますます寒くなる。

座っていられない。

置き竿にして寒さを紛らわすためにあたりをウロウロする。

3時間ほど頑張ったがもう我慢の限界だ。

寒すぎてこれでは我慢大会だ。

「世の中に寝るほど楽はなかりけり、浮世の馬鹿は起きて夜釣り」

撤収を決断。

余っていたキビナゴをパラパラと磯際に撒く。
針にはキビナゴを3匹掛けにして置き竿にしておく。

その間にバッカン等を洗うことにした。
磯の後方のプールで洗いもの。

「あーあ今日もだめだったか」と思いながらバッカンを洗っていたのだが、

ふと、海を見ると、ウキがゆらゆらと海面下に沈んでいくではないか!

お!

来たのか!?

竿を持ち、うりゃーと大合わせ!

ドシン!

乗った!?

いや、根がかかりか?

いやいや、生命反応あるがな!

底に張り着いているが何かがかかっている様子が手に伝わる。

物体は重くて動かない。

これは、まさかの幻の魚!?ではないだろうか。

ということが頭をよぎった次の瞬間、

魚は左方向へゆっくり動きだした。

動きを止めようと反射的に再度の大合わせをしたところ、びよよよん・・・

痛恨の針外れ!

しばしの間、茫然としてしまう。

完全終了。

旅は終わった。

もう、帰ろう。

さっきのは忘れよう。

ということで、午前2時すぎ、見老津を後にした。

すっかり寒さに身体が冷えてしまった。

また、身体もあちこち筋肉痛だ、疲労度もかなりのもんだ。

竿もエリネスが折れてしまったことだし、朝から渡船に乗って昼まで釣りする計画は中止だ。

予定外の早々の帰宅となった。

釣果は芳しくなかったがそれなりに楽しかった。

良しとしよう。

この釣行を許してくれた妻・家族に感謝の言葉を贈りたい。

次は、「紀伊半島1周、磯釣りの旅」してみたいな、なんて当分言えないなあ。





18 コメント! こちらをクリックしてコメントお願いします (^O^) »       


連休も夜釣り 白浜地磯

 

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ
近畿の釣行紀・釣果速報・ブログランキング1位から50位はこちら
   にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
磯釣り師の釣行紀・ブログランキングはこちら

 

さてさて、今年一番の見せ場を作るべく
三連休を利用してロングラン釣行を計画をしました。

★11日金曜の夕方から夜釣り
★12日土曜も朝からぶっとおしで、昼休憩しそのまま夜釣り
★13日日曜日はどっかの渡船に乗って昼まで釣り

という三日間にわたる夢のようなロングラン釣行計画です。

狙うはビッグワン

下手な鉄砲も数打てば当たる! はず!?

だったのですが、自分の思い通りになるほど人生は甘くはないのです。

今回、ロングラン釣行を予告しますと皆様から
「釣果期待してるよ!」的な
コメント・メールをいただきまして、期待に応えるべく全力で竿を振ろうと思っていたのですが、それが逆にプレッシャーとなり上手く竿が振れないまま終わってしまいました。

って、いきなり腕の無さを皆様のせいにして
どうもすいません。

ということで大した釣果はないので思うがまま、記録的な意味もこめて記しておきたいと思います。

 

【金曜日の夜釣り~】

金曜、昼過ぎで仕事を切り上げる予定だったが細かい雑用が重なり終えることができない。
追い打ちをかけるように、中国人クライアントS氏より性急な仕事完成要求の電話・・・
S氏はいつもこちらの事情など考慮せず、ストレートに要求を突き付けてくる。

こんな時に限って・・・

ここなら言える 「S氏のバカー!!」

ようやく仕事が片付いたのは夕方17時すぎ
準備を急いたが、南紀へ向け出発したのは陽も暮れてしまった18時すぎ。

21時白浜到着、いつもの2倍+αの量のエサを買い込む。

ボイル3kg×2 生オキアミ2kg+3kg 配合剤×2 

これだけ買うと割とええもん食べられるくらいの値段になってしまうが、
磯で釣りする一日はプライスレスである、と思うことにする。

今回は夜釣り用の配合剤に“制覇マダイ”を加えてみる。

 

 

“制覇マダイ” 夜釣りにも有効なキラリと光るBIGキラリという成分が入っているらしい。
“制覇マダイ” ネーミングがグッド!

 

2日目のオキアミはカチコチの冷凍のままクーラーに放り込んでおいた。

そして、駆け足で白浜地磯へ。

ここはお気に入りの地磯で、モンスターは必ずいると思っている。(かかったことないけど・・・)
グレを筆頭に魚影は濃い、現に僕のような初級クラスでもボーズ率は低いのだから。

駐車場へ着くとゴーという地響きのような波の音が聞こえる。
何回も来ているのでこの音で波が高いことがわかる。

磯へ降りてみると、やはりウネリを伴った波がかけあがってきていた。
最近、磯の危険について調べたせいか、危険には敏感になっている。
見ているだけで怖い怖い。
しかし、まあ、潮が下げてくればおさまってくるだろう。
用心して入り江側の一番奥に釣り座を構えることにする。

まずは、放置されていたオキアミが悪臭を放っているのが気になるのでバッカンで海水をぶっかけて洗い流す。
ゴミもあちこちに散らばっていて落ち着かないので、ひとまとめにしておく。
去年に比べてここは人が増えた気配を感じるが、人が増えればゴミも増えるのはどこも同じ。

釣りをすると何かとゴミが出るもんだ。
釣り場でゴミをまとめて持って帰るのは結構、面倒くさい。
オキアミの袋なんか臭いし、車に持って入りたくない。
しかし、面倒だと放り投げたその分だけ、少しづつ人生が荒んでいくような気がする。
釣果を追うだけではなく、自然の中で過ごす時間を楽しみ、今の環境をそのまま次代に残そうとする心の余裕が欲しいものだ。
社会的地位のある尊敬すべき人がゴミを捨てているのを見かけてガッカリしたこともあります・・・
という、自分もハリスの切れ端なんかを捨ててしまったことが何度もありますゴメンなさい。

 

話はそれたが、ようやく釣り開始は22時ちょうどくらい、満潮30分を過ぎた頃であった。

 

釣行日時:2013/10/11(金) 22:00 ~5:30
天気:曇り時々にわか雨
潮(田辺):小潮 (満潮21:35 干潮4:54)
釣り場 :白浜地磯 
マキエ:ボイル×1 生オキアミ2キロ+制覇マダイ+ダイワ4倍コマセグレ
ツケエ:オキアミLL

ロッド:ダイコー将波3-53 リール:シマノ エアノスxt5000番 道糸8号 ハリス:6号
ウキ:電気ウキ NF ドングリング 1号
針:インブライト9号

 

マズメ時でも仕掛けの方向がよく見える!アタリも取れる

 

夜釣り仕掛けのポイントとしては、ウキの下に”からまんホタル”をつけることにしている。
仕掛けの入っている角度や位置などが一目瞭然なのが気にいっている。
また、当たりがわかりやすい。
ウキに反応が出る前に、まずこのからまんホタルが引っ張られるので、ウキよりむしろこちらを注視している時も多い。
しかし、こういった光りものをつけるのは光を嫌うと言われるイサギやタマミ連中には、実はよくないのではないかと釣果が伸びない最近心配している。

 

さて、磯では西からの風が強いが、風は生暖かく少しムシッとして全く寒さは感じない。
時折、表の磯にぶつかった波が入り江の奥まで入り込んでくるのが気持ち悪い。

棚を2ヒロ半で流すと入り江の奥へゆっくりとウキは戻されていく。
磯際から3~5mは、サラシでウキが押し流されてしまいやりづらい。

撒き餌はほぼ1点うち、前方8mの位置。
1投げに2杯ほど、やや多めに撒いているのだが魚の反応がなく付けエサはそのまま戻ってくる。

満潮から2時間経過し潮が下げてきても波が収まる気配がない。
風も依然と強いが、やや北よりに変わってきたので、右斜め後ろからの追い風になる。

時折、にわか雨がポツポツと落ちてくる。

棚を3ヒロ、ほぼ底付近を這わせてみる。
ウキを回収するときに手元に重みがあり、あげると小さなイタチウオがついていた。

深夜0時半、ウキがゆらゆらとしもっているのを合わせると、

ドン!

重みがありグングンと強い力で下へ潜る。

強いが、

強いのだが、これくらいではダメなのだ。

魚拓はとれないのだ。

 

2013-10-12 02.47.16

 

余裕を持って、少し引きを楽しみながらあがってきたのはやはりコロダイだった。

44cmくらい。

ロングラン釣行ということもあり、とりあえずスカリで生かしておく。

この後、まったく当たりがない。

そして、この頃から手首が痛み出してきた。

実は、一週間くらい前から右手の手首が腱鞘炎気味だった。
パソコンのマウス操作のやりすぎが原因か、庭の芝生をハサミで刈ったのが悪かったのか。
撒き餌をバッカンの端で固めるときや、マキエを投げるときに鈍い痛みが走る。
こうなるような気がしていたので、手首のサポーターをつけていたが、追いつかない。
フカセ釣りは手首への負担が大きすぎる。

3時過ぎ、少し波が落ちてきたので釣り座を沖側へ移動する。
しかし、当たりもなく、そのまま朝になっていまい終了。
手首のことがあったので、朝のグレ釣りをするのは大事をとって中止とした。

 

 

 

朝方に波は程よくおさまり、海はグレが釣れそうなとても良い塩梅になっているように見えた。
しかし、やはり手首のことが気になるし、先があるので、やっぱり中止だ。

竿を畳んでいる時に誤って穂先を折ってしまう。
先端から3,4cmくらいなのでライターと接着材があれば治せそうだ。

駐車場へ戻る途中で、おいやん連中3,4人とすれ違う。
ここはイガミ釣りでも、人気の場所みたい。

後半へ続く
 





コメントお願いします <(_ _)> »       


見草でモンハン

 

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ
近畿の釣行紀・釣果速報・ブログランキング1位から50位はこちら
   にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
磯釣り師の釣行紀・ブログランキングはこちら

 

 

9月も下旬です。
夜釣りモンハンは期待していたのですが、幸薄い展開で終わりそうな気配。

終わりよければすべて良し!
と夜釣り最終釣行のつもりで昨日、金曜日夕方からの釣行してまいりました。

15:00出発。

今回は見草崎。

背負子をしょってテクテクと森の中を歩きます。

2013-09-27 17.49.04_R

夕陽が沈む見草崎の風景
先端付近、誰もいません。

干潮1時間前です。
岬の先端には沖の五郎という渡船で渡る磯があります。
潮もひいてることだし、ここに何とかあがれないだろうか、
とウロウロとしてみますが、無理でした・・・
潮通し良さそうで良いのになあ。
目論み失敗。

 

2013-09-27 18.27.13_R

 

18:30 仕方ないので横の浅場で竿だし。

いつもの仕様、ハリス6号。
少し波があり足元を洗う感じ。

 

2013-09-27 19.45.32_R

 

30分後、37,8cmの良型イサギが釣れました!

よっしゃあ今日はガンガン釣って夜釣り最終でクーラー満タンやで!
と思ったのも束の間。
単発でした。

その後、ウンともスンともいいません。
1.5ヒロですが底をかくところがあるくらい浅い。

つうか、ピトン穴もないし、こんなとこで竿出すの俺くらいちゃうやろか。
当初のフロンティアスピリッツがやや不安に変わってしまい場所移動決意。

結局、前回の釣り座へ。
なんだかいやな予感が・・・

 

2013-09-27 23.24.23_R

やっぱり。

 

2013-09-27 23.24.32_R

アナゴ君!また来ちゃダメじゃないか!

 

 

 

2013-09-27 23.46.20_R

 

 

たまにコイツ、イトフエフキ。エラが鋭いので気をつけましょう。

 

 

2013-09-28 00.35.03_R

しつこいぞ、アナゴ君

 

 

2013-09-28 02.21.50_R

キモい。

これを掴む勇気はなく、どうやって海に戻そうかとな迷ってたら自らニョロニョロとお帰りくださいました。

 

 

2013-09-28 03.24.50_R

 

しつこく磯際を狙ってたら、とどめにデカい、メンドリです。

 

ということで毎度のごとくタマミもモンスターもかからず。

はあ、今期はデカグレも釣れてくれないし、寂しい釣果が続きます。

夜釣りは今回、最後にするつもりだったけど、あと1回、行こかな。

 

2013-09-27 14.31.10_R

車買い替えました。(旧型ラクティスです。)

NBOX+は早くもお別れです。半年で14000キロものったの初めてです。。

 

2013-09-28 06.02.04_R

今回、初出動でしたが、ラゲッジスペースにすべておさまりいいかんじ。

 

P.S

磯釣り爺さま本日は橋本までご足労いただき誠にありがとうございました!

お会いできてアドバイスなど嬉しかったです!

今週も椿で楽しい釣りになりますように。

 

 

 





16 コメント! こちらをクリックしてコメントお願いします (^O^) »