おき avatar
Full name:
Nickname:
おき
Website:
Description:
おき、といいます。1972年生まれ、和歌山県橋本市在住。 自営業です。 フカセ釣り、グレ釣り、をみなべ~白浜周辺の沖磯、地磯でやってます。 経験も浅く腕はありません。 釣りを通じてみなさんとの交流できたらと思いブログをしています。

Posts by おき

白浜町 椿の磯で水難死亡事故

白浜町・釣りの男性が溺れ死亡
2017年08月12日 18時21分 ニュース, 事件・事故・裁判

きょう(12日)午前、白浜町の海岸で、釣りをしていた67歳の男性が溺れて死亡しました。

白浜警察署によりますと、きょう(12日)午前10時すぎ、白浜町にある海岸の岩場で、釣りをしていた田辺市の林業、中岡眞吉(なかおか・しんきち)さん67歳が海で溺れ、田辺市内の病院に運ばれましたが死亡が確認されました。

中岡さんは、釣った魚を囲っていた網が流されてしまったため回収しようと海に入ったということで、一緒に釣りをしていた20代の息子が中岡さんが溺れているのに気づき、ライフジャケットを投げるなどして助けようとしましたが、うまくいかず、消防に通報しました。

https://wbs.co.jp/news/2017/08/12/105706.html

Read more…



筋トレ・体鍛えてるのに故障ばかりする原因

去年の8月から始めた筋トレも早1年。

以前にも書いた通り、心身共に絶大なる効果を感じているんだけど、

大きな問題がある。

3,4カ月前くらいから故障が多くなってきた。

身体のどっかしらを痛めていたりする。

Read more…



緊急提言!夏休みの宿題は必要なのか?

また、この季節がやってきた。

この時期は、妻がイライラすることが多くなる・・・

その理由は、

 

長男が夏休みの宿題をやっていないから。

 

毎年、毎年、「宿題をやりなさい」という妻の大声が家中に響き渡る。

 

特にウチの子は宿題が苦手だ。

僕も計画的にやるタイプではなかったが、なんとか最終日ギリギリには終えていたと思う。

親が僕の宿題に口出しした記憶は全くない。
放置されていたのか、信頼されていたかはわからないが、
夏休みの後半にタイムリミットを感じる頃になると自主的にやっていた。

が、ウチの子は最終日になっても結局できずに、9月の始業式を迎えた過去がある。

その結果、9月の第一週目に学校に居残りで夏休みの宿題をやらされる。

僕は居残りでやらされるのならそれでもいいと思うんだけど、

妻はそうは考えおらず、長男の宿題の進行状況に関してはかなりナーバスになっている。

妻はコツコツやって早めに宿題を終わらせてすっきりしたいタイプだったらしいので、

毎年、宿題をやらないまま夏休みの終盤を迎える自分の息子のことが理解できないようだ。

 

Read more…



夜釣りモンスター襲来したけど・・・

8/19(土)の午後から家族で白浜へ。
8/21(月)まで滞在予定で。

今回は、
・19(土)の夜釣り
・20(日)の朝のグレ釣り
・20(日)の夜釣り

をする計画。
いつも白浜に行くとダラダラしてしまうので必ず↑の3回は釣りに行くと決めていた。

Read more…



セブ島で撮った動画集

セブ島旅行ら帰ってきたのが、8/5(土)の夜で、
仕事は翌日の8/6からしてたんだけど、8/9(水)から発熱でダウン。
そこから長々と8/15くらいまで寝込んでしまった。
その間に、セブの動画編集などをしてやっとすべて動画編集し終えた。
今回は7本。

Read more…



最終日 帰還【子連れでセブ島旅行 vol.7】

翌朝 最終日 プランテーションベイ

最終日は午前中の便に乗る予定。
早起きしてチェックアウトしてからプランテーションベイを散歩。

ロビーにて

Read more…



プランテーションベイへ【子連れでセブ島旅行 vol.6】

今回の旅行は現地3泊なんだけど、シャングリラは2泊しかとれなかった。
8/6のトライアスロン大会の影響で。
なので、次の一泊はプランテーションベイというこれまたベイエリアにある五つ星のリゾートホテルを予約していた。
アイランドホッピングを終え、タクシーで向かうべくロビー前に行くと人で大混雑している。
スタッフの人にタクシーを依頼するも「タクシーは来ないので、ほかの車に頼んでくれないか」という回答・・・

日本では知らない一般の人の車に頼むことは、ほとんどないので戸惑っていると、
ホテルスタッフがあの車に頼んだらと、トヨタのランクルみたいな車を指差している。
すかさず妻が交渉すると、あっさりとOKもらえた。
400ペソと現地タクシーと比べると高いが、いつまで待たされるかわからないので喜んで乗り込んだ。

 

Read more…