磯シューズ比較 シマノとエクセル 高級と激安


12月に磯シューズを同時に2種類買った。
なんせ、釣行回数が多いのと、地磯も多いので底が減るのが早いし、痛むのも早い。
シマノの性能が良いのは前から知っていたんだけど、高価だしすぐに底が減ったりキズが入ったりするのがもったいないと思ったから。
シマノとは別にもう1足。

で、購入したシマノの磯シューズは

★シマノ ドライシールド・ジオロック・カットラバーピンフェルトシューズ FS-155N ⇒ 
http://amzn.to/2E4oMft

というやつ(↑はアマゾンのリンクです。アフィリエイトね。僕が安くなってると、youtubeで紹介したら残り1足とかになってしまったサイズも・・・)

これはほとんど文句なしで、一度使うとなかなか他のを使う気にならない。
動画では底が減るのは早いと欠点のように言ってるけど、
裏を返せば、それはフェルトが機能しているということだな。

もう一つ、は激安の磯靴

★X’SELL(エクセル) フェルトスパイクシューズ LF-493⇒
http://amzn.to/2BI2i23 ←アマゾンの商品ページ

みた感じはなかなか良い。僕は4700円という激安で買った。
履き心地も悪くない。
足首にマジックテープがついていて、なおかつサイドにチャックがついている。
紐靴だけど、脱いだり履いたりするのに、ヒモを結び直さなくてもよい工夫がされているのが良い。
そこそこホールド感もある。

問題は磯シューズとしての一番大切な、機能面。

シマノの価格と違いすぎるので比較するのは無理があるんだけど、
滑るというのは、やはり憂慮すべきで・・・
シマノのより、フェルトの目がつまった感じで硬い。
ゆえに、フェルトは減りにくいんだけど、硬い分、岩肌にかまない感じだ。
スパイクもフェルトに埋もれた感じで、ほとんど期待できない。

ただ、ラジアルの底なんかと比べるともちろん磯では滑らないと思うんだけどね。
あくまでもシマノと比較してということで。

あと、防水ではなくヒモのところに水を被ると浸水する。
この点、シマノのは防水仕様。

磯で滑って転んでしまうと、大事故につながり、取り返しのつかないことにもなりかねない。
磯で滑ってヒヤッとしたことがある人も多いと思う。
慣れると磯は、怖いという感覚がなくなるけど、僕の友人で磯は危ないから行かない、という人もいるくらい。
なので、磯シューズはやはりシマノがおススメということになる。

僕はメインはシマノで、濡れない磯ですべりにくい地磯ならエクセルという感じ。