椿のキセキ2015 えびす渡船さんありがとう!


先週12/13(日)の釣行は椿の地磯でした。
記事にしました通り、波のある日で釣り準備中にバッカンごと海に落としてしまい流してしまいました。
40cmのキーパーバッカンに36cmのバッカンを入れ子にして、その中にはリール、スプール、ウキ40個、眼鏡、偏光グラス、小物類など釣りに必要なものがたくさん入っていました。
上がり潮ガンガン効いていたので、田辺の方まで流れていってしまうだろうとあきらめてました。

1週間経った、昨日、釣りからマンションに帰ると、

151219-170253_R

先週流したはずのバッカンがポツンと部屋に置いてあるではないですか!

 

部屋には誰もいません。
母ちゃん子供は田辺に出かけていました。

すぐに母ちゃんに電話しました。
事情がわかりました。
えびす渡船さんがひらってくれたということでした。
えびす渡船の船頭がプレジデント椿のフロントの方と知り合いで連絡してくれたのです。

しかし、道具には名前も書いてない、なぜ、僕だとわかり連絡がきたのか。

まずは、お礼をしに行かないといけないと思ったので、すぐに、えびす渡船さんまで行きました。
えびす渡船はプレジデント椿の前にあるので歩いていけます。
店も併設されていてエサの販売などもされています。

ちょうど船頭がいました。
「まあ、座り」
ということで話を聞くことができました。

事情はこうです。
僕が釣りに行った翌日?だと思うのですが、えびす渡船さん(と乗船されていたお客さん)が椿の沖にポツンと浮かんでいたバッカンに気が付きひらってくれました。
バッカンなのでエサが入ってるんだろうと思い開けてびっくり。
道具がギュウギュウ詰めにたくさん入っています。
これは落とした人はさぞ落ち込んでるだろうと、持ち帰りました。
しかし、名前なども書いていませんのでどこの誰のものかわかりません。
フェイスブックなどでも呼びかけて探していただいたということです。
しかし、見つからず。
そんなとき、えびす渡船のお客さんが僕のブログを見てくれて気が付いてくれました。

先週のブログには落としたものをリストにしていました。

○海に流したものリスト

・キーパーバッカン(ダイワ)
・ブクブク一式(ハピソン)
・シマノ36cmバッカン
・リール(BB-Xハイパーフォース2000DXG)
・替えスプール
・ウキ 40個くらい
・オモリ、針、からまん棒、などの小物道具箱。
・眼鏡
・偏光サングラス

これを船頭に伝えてくれ、これは間違いない、となりました。
プレジデント椿の住人ということもブログには書いています。
子供連れで毎週のように行ってお騒がせしているのでフロントの方と妻も顔見知りなので部屋まで連絡くれました。
あいにく、僕は釣りに行っていなかったので、妻が取りに行ってくれたのです。

本当に驚きました。
ブクブク、針は海水に浸かってダメになってしまいましたが、ほとんどのものは無事です。
リールも回転させてみたところ損傷ありません。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

道糸も巻いたとこでした。

ありがたいことに、えびす渡船さんでは道具を一度洗って干していただいてました。
潮まみれではありません。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ウキは全部無事でした。

もう、100%戻ってくることはないとあきらめてました。
思いがけないことに、感激しました。
多分、えびす渡船さんにお礼に行った時も僕はやや興奮気味だったと思います。
この場を借りて、再度、お礼を申し上げます。
ありがとうございました。

また、えびす渡船のお客さんにもお礼を言わなければなりません。
このブログを見つけて気が付いてくれた方にも。
皆さんのおかげで、大切な道具が戻ってきました。
本当にありがとうございました。

最近トラブル続きでしたが、人々の親切に触れ、温かい気持ちになりました。

エビス渡船さんではお礼などいらない、変なことせんといてと言われましたがそうはいきませんね。
「また、渡船でも使ってよ」
とおっしゃっていたので、また使わせていただきます。喜んで。
前からブログにも書いてましたが、僕は椿の地磯釣行が多く、ホームグランドと言っても良いくらいですが、
地磯にこだわりがあるわけでなく、椿の沖磯も行きたいと思ってました。
(夜釣りで1年まえに一度利用したことがあります。)

北西に弱い磯が多いため、12月からはホームページには休船と書いてますが、
凪などの日は出船してくれるようです。
この日も船頭は店でお客さんからもったのか、グレをたくさん干してました。

えびす渡船は底物の方が多い印象ですが、椿は地磯でも結構グレが釣れますので、沖磯はもっと釣れるんじゃないかと思います。僕もこれを機に、もっと利用させてもらい、椿の沖磯の釣り方もマスターしたいと思います。
なんせ近い。

えびす渡船さんホームページはこちら

151219-165905_R