木っ端グレのエサ取りからサイズアップ


6/16(土)白浜町 椿の地磯でグレ釣り

今回はホームグラウンドでグレ釣り。また、今週も台風がきてるので、日曜はダメなので土曜のみの予定。
金曜の夜から単独で向かう。

深夜0時半に到着して、準備をしながらグダグダとTVを見たり本を読んだりしてたら
午前3時になってしまう。
当然、早朝には起きられず起床は8時すぎ。
窓から磯を見ると誰もやってないし、ゆっくりするかと温泉へ入ってゆっくりしてから出発。

10時間も11時間も集中力は続かずダラダラしてしまうので、途中、休憩挟んでも釣りするのは、6時間くらいがちょうどいいかなと最近思うようになった。

近くの地磯でスタートが9時すぎ。

中潮初日で満潮が7時頃なので潮は下げていく。
ここは潮位が低くなると釣るのが難しくなるので、早めに釣りたいところ。

風は北風が強くて5mくらいの感じ。
ただ、後ろからの追い風なので問題ではない。
波は結構あるので、注意しながらの釣り。

エサ取りは足元にはチョウチョウウオ。
で、その下にはマイクロ木っ端の大群。

今日は、この木っ端の大群に苦しめられた。

この磯は沖の方までシモリが点在しているからか、
足元にマキエを打って分離というのがイマイチ効かない。
30mくらい遠投しても10cmくらいのマイクロが釣れたりしてしまうのだ。

これが物凄い数みたいで、いくらマキエと離しても掛かってくる。
マキエを撒かなくても群れてるようで掛かってくる。

1時間ほど遠投中心に、あーだこーだと仕掛けを替えながら試行錯誤する。
が、サイズアップならず。

右手のサラシの中を攻めることに。
ここも実績ポイントなので期待していると一投目できた。

これが30cmくらいの尾長グレ。
ドサラシだったけど、ガン玉も何も打たない仕掛けで釣れた。

もう一枚27,8のを追加したもののその後は、20cm程度にサイズダウンしてしまう。

ここでやってる人はわかると思うのだけど、↑のサラシがポイントだ。
木っ端グレが多いときはこの磯際のサラシ中で30cmくらいの尾長が食ってくる。

ただ、この日は木っ端の勢力がすごかった。
いつまで経ってもおさまらない。

時々、休憩して磯を休める。

お昼過ぎに、北風がやんだと思うと、今度は南風が強くなってきた。
空も急に暗くなり、黒い雲が近づいてきた。
雨が降りそうな気配に。

結局は、降らなかったんだけど、南風が収まることはなかった。

ここは南風だとやりづらい。

今日は椿の磯は人が誰もおらず移動し放題なので、

右手、北側のポイントへ場所移動することにした。

ここもポイントが限られる。

沖のシモリは逆風でマキエが届かないので北側のシモリ帯を狙う。

2,3投目で当たってきた。

32,3cmの口太グレ。

ようやく本命が釣れてくれた。

しかし、この一枚しか仕留められず、やはりここも木っ端グレ包囲網を攻略できない。

マキエが尽きるまで頑張り、16時くらいに終了。

30cmオーバーは2枚のみで、あとは27~28くらいの尾長を3枚キープして終了。
木っ端釣りに終わってしまったのだった。

今日はグレしか釣ってないんだけど、
木っ端を30枚以上は釣った。

昼からは特に難しくなった。
この磯はやっぱり早起きして満潮時も頑張って、昼ぐらいにあがるのがいい。

マンション帰って片づけして、風呂入って、サウナ入って
ストレッチしてから1時間くらい寝てから帰宅。
少し寝て帰ると身体がずいぶん楽になった。

6月は後半に2回、グレ釣り大会にエントリーしているのでもう1,2回練習してからのぞみたい。