子連れでセブ島旅行 2017.8.1-8.5【vol.1 関空⇒マニラ⇒セブ島チェックインまで】


家族5人でフィリピンのセブ島旅行に行ってきた。
小さい子供がいると海外は二の足を踏んでしまいがちなのだけどもいってまえ~でチャレンジしてきた。
結果、トラブルもあったのだけど、思い出深い旅行になったと思う。

セブ島にした理由
・2才、4才を連れて観光はしんどいので、南国のリゾート地にしたかった。
・フィリピンは比較的近くて1回のフライト時間は4時間くらいにできる。
・LCCを利用して安い航空券があった。

といったところ。
格安を狙って4月に航空券の予約をとった。
しかし、5月にセブ島の南にあるミンダナオでフィリピン軍とISとの戦闘が始まってしまった。
ミンダナオには戒厳令も発令された。
一時は中止も検討したのだけども、セブ島にはほとんど影響はないという情報を信じて、決行することにした。

とりあえず、vol.1として、セブ島のホテルまでの動画↓

 

セブ島では3泊した。
セブ島直行ではなくて、行きも帰りも、関空⇔マニラ マニラ⇔セブ というルートである。
これは正直、しんどかった(汗
航空会社は、セブパシフィックを利用。
セブ島直行便もあるのだけども、2倍以上の価格差があったので、このルートにした。

宿泊先はリゾートホテル
ここは妥協せず、5つ星ホテルで。
全部、妻まかせなんだけど、ブッキングドットコムで予約したみたい。

1.2泊目は、シャングリラ・マクタン

3泊目は、プランテーションベイ

写真もビデオもたくさん撮ってきたので長くなりそうだけど、出発から帰国まで、子連れドタバタ海外旅行記として記録しておこう。

出発

8月1日の16時ごろ自宅発。
飛行機は20時40分発のマニラ行き、なのだけども買い物とかあるので余裕を持って出た。和歌山県橋本市から車で関空まで向かう。
途中でサンダルとか足りないものを買う。

車を関空の駐車場にとめて長男が行きたがってた関空にあるポケモンショップへ。

 

マニラまで4時間のフライト前に、関空のすき家で夕食。

 

マニラまで4時間ある上に、ニノイ・アキノ空港で乗り継ぎの時間も4時間もある。
深夜だが、コンビにとか店は開いてるらしいのでこの間に空港で買い物などする予定。
関空で両替しておく。
4F国際線出発ロビー前にある紀陽銀行で2万円分=8000ペソ
レートは1ペソが2円48銭

 

出国審査を通った4歳児。

 

ママも通過。

 

20:40 MANILA

 

飛行機を見ている。

 

離陸してしばらくすると寝てくれたので一安心。

 

ニノイ・アキノ空港(マニラ)でセブ行きに乗り継ぎ

4時間ちょいでマニラに到着。
ニノイ・アキノ空港でセブ行きに乗り継ぎ。
待ち時間は4時間もある。
セブパシフィックが入っている第3ターミナルは建物が新しくて比較的すごしやすいとの情報があった。
だが、深夜なのに人がたくさんいて座るところも空いてなく、あちこちに寝転がっている人もいた・・・
なぜ、こんな深夜に人がいるのか。
やっと座る場所を見つけてスマホをいじっていると、妻が”後ろの男が僕のスマホをジロジロと見ているから気持ち悪い”と言い出し場所移動・・・
セブンイレブンに入って子供のお菓子とかジュースだけ買った。
入れ墨の作業員風の男性が複数いて買い物したりしてた。
空港内とはいえ、この時間、あまり雰囲気がよろしくなさげなので、早めに搭乗手続きを済ませてゲートの中に入った。
が、飛行機は1時間遅れ・・

マニラの搭乗口の近くで座って待っていると、横にいた男性が英語で話しかけてきた。
乙武さんみたいな顔をした青年でフィリピン人だった。
聞けば20歳で、ケーキ職人でセブに住んでいるという。
長男のこの旅でしたいことが、ポケモンカードの英語バージョンを手に入れることだったので、妻がどこで買えるか聞くと
「SMシティ」だと教えてくれた。その上、スマホで調べてショップ名まで教えてくれた。
SMシティはセブ島でもっとも大きなショッピングセンターで、日本でいうとイオンみたいな感じ。

 

セブ島 上陸  宿泊先のホテル シャングリラへ

現地時間で朝の7時すぎ。
少し雨が降っていたがセブ・マクタン空港に到着したら、雨は上がっていた。

 

事前にシャングリラに迎えの車をお願いしていたら、空港で待っていてくれた。
僕ら家族だけを乗せたマイクロバスに乗ってホテルのあるマクタン島のベイエリアへ向かう。

 


大通りを通ってるので道沿いには店がおおいが、その奥には錆びたトタン屋根の建物が見え隠れしている。
ジプニー(乗り合いのミニバス)や、パタパタ(サイドカーみたいな横に人を乗せられるバイク)がたくさん走っている。
交通量は多いのだが、交差点でもほとんど信号はない(汗
みんなクラクション鳴らしまくりながら走っていた。

 

20分ほどでホテルに到着!

ホテルの敷地に入るには門のところでチェックがある。
ドーベルマンみたいな犬がいて、麻薬などの持ち込みをチェックしているようだ。
関係者以外入らないようにセキュリティは厳重だった。

 

シャングリ・ラ マクタン リゾート&スパ セブに到着

朝の7時半に到着した。

 


チェックインは14時からでそれまでは部屋は使えない。
プールとかレストランの施設は使えるということで、荷物を預けて朝食のバイキングをいただくことにした。

 

室内のテーブルがいっぱいなので、テラスへ。
この時間でも外は暑い・・・

料理の種類は多くて食べきれない。
フィリピン料理、洋食、和食、韓国料理、フルーツ・アイスクリームに、グルテンフリーメニューまで。
明日と明後日は宿泊に朝食がついたプランなんだけど、この到着の日はついてこないので別料金。チビちゃん二人は料金かからないのに、1万円越え・・・
マンゴーをたくさん食べてやった。
ゆっくり朝遅くから行って昼ごはんと兼用するのがいいな・・・

 

さて、朝食とっても時間はまだまだある。
プールや海は午後からも明日もいけるので、思い切って外に買い物に出ることに。

 

セブシティにある、SMシティへ買出しへ

ホテルのフロント前でタクシーを手配してもらい
「SMシティ」へGO。
フィリピンの通勤時間帯で、道は結構込んでいて1時間くらいかかった。

タクシーは初乗り40ペソで、1時間くらい乗っても235ペソ。
お釣りはとっといてと、250ペソを払った。
運転手はよくしゃべる陽気なおっちゃんで、道中楽しかった。
(ほとんど妻が会話していたが・・・)

SMシティへ到着。SMとはShue mart の略でもともとは靴屋さんだったみたい。
ここも入るのはガードマンがいて、簡単なチェックを受けないと店内に入れない。

ここがポケモンカード英語版を買ったお店。

長男がカードを選んでいる間、チビちゃん二人とゲームセンターへ。

日本製のゲームばっかりだった。

遊ぶ料金は安くて、こういうのはおそらく日本円にしたら10円くらいでできる。
日本だと200円くらいするな。

ここは1Fのスーパーマーケット。
お菓子や飲み物を購入。
ちなみに↑で妻は店員に美容のための石鹸をすすめられている。

果物とかも、フィリピン価格としては安くなさそう。
日本のスーパーのように惣菜とか弁当は売ってない。
晩飯用に、スーパー前にあるテイクアウトできるお店で晩飯用にチキンとガーリックライスなどを買って帰った。
ここは結構、量があって安かったのでよかった。
ここで買ったトロンというバナナを春巻きで包んだ食べ物を妻がとても気に入っていた。

SMシティからの帰りもタクシーで。
前にタクシー乗り場があるので、チケットをもらって乗り込む。
(このチケットは渡さず何かトラブルがあったときのために持っておく)
タクシーはすぐに来た。
行きとは違い見るからに車が古かったので、ボラレることを警戒して値段を聞くと
「USE METER」とメーターを使ってくれるというので一安心。

運転手はミッション車を忙しく操っていた。
行きよりは道は空いていたが、やはり渋滞につかまった。

 

エンジン音がうるさくて、車内もかなり老朽化が目立つ。
日本だったら廃車レベルだな。

 

14時過ぎ、なんとか無事に買い物を済ませて帰ってきた。

やっとチェックインできる~。

ずっと娘を抱っこしての移動なので、腕がだるい。